弘前医学
Online ISSN : 2434-4656
Print ISSN : 0439-1721
最新号
選択された号の論文の18件中1~18を表示しています
  • Zaiqiang Yu, Kazuyuki Daitoku, Wei Yang, Norihiro Kondo, Masahito Mina ...
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 99-108
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    Background Combined aortic valve replacement(AVR)and coronary artery bypass grafting(CABG)is mostly performed for patients with aortic stenosis(AS)and coronary artery disease(CAD).
    Objectives We aim to clarify that combined operation of AVR and CABG with adequate perioperative cardiac protection does not increase operative and postoperative risk.
    Methods A total of 217 patients who underwent AVR for aortic stenosis alone or combined AVR and CABG from 1/2002 to 12/2015 were recruited. The aortic valve alone group(group A)had 164 patients, with an average age of 71.6± 8.1 years. The combined operation group(group C)consisted of 54 patients, with an average age of 73.5±8.5 years. Aortic valve area and pressure gradient showed no significant differences between the two groups. In group C, an average of 2 ±0.8 vessels had CAD. Cold crystalloid cardioplegia according to left ventricular mass ± a terminal hot shot was used for all patients. Distal graft anastomosis was done after cardiac arrest and cardioplegia(1.5-fold normal)was injected additionally from the graft with severe proximal obstruction of the right coronary artery.
    Results Group C included more patients with diabetes mellitus(DM, 43.4% vs. 26.8%)and low left ventricular ejection fraction(LVEF<50%, 33.96% vs. 16.46%)than group A. On the other hand, the incidence of atrial fibrillation(AF, 3.77% vs. 13.41%)was significantly less in group C than in group A. Although cardiac arrest time was longer in group C, postoperative CPK-MB was not significantly elevated, except in 4 patients. Postoperative data showed no significant differences between the two groups.
    Conclusions In our department, satisfactory clinical outcomes were obtained with combined operation AVR and CABG. Sufficient myocardial protection had an important effect on clinical outcomes.
  • Atsumi Fukuda, Eiki Tsushima, Kanichiro Wada
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 109-118
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    Objectives: To clarify the relationship between trunk range of motion(ROM)and back extensor strength(BES)for postural alignment in community-dwelling older adults.
    Methods: Postural alignment in the sagittal plane(thoracic kyphosis angle, lumbar lordosis angle, sacral inclination angle, overall inclination angle, knee flexion angle), trunk ROM, and BES were measured in 52 subjects. We analyzed the relationship between trunk ROM and BES for each of the postural alignment variables and the group of postural alignment variables.
    Results: After adjusting for age, body mass index(BMI), and 5-repetition sit-to-stand test(SS-5), all postural alignment variables except for the sacral inclination angle were affected by the thoracolumbar ROM. The postures with decreased lumbar lordosis, forward-tilted trunk, and knee flexion were influenced by lumbar ROM, age, BMI, and SS-5. The postures with increased thoracic kyphosis, lumbar lordosis, and sacral forward tilt were affected by only thoracolumbar ROM.
    Conclusions: Postural alignment was related to trunk ROM, but there was not enough evidence to say that it is related to BES. Depending on postural characteristics, there may be no relationship with BES.
  • Masaya Kajino, Eiki Tsushima, Hideaki Somura
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 119-129
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    [Objective] The association of changes in physical function at 1 and 2 weeks after gastrointestinal surgery with postoperative conditions and surgical factors was surveyed to investigate intervention methods and the need for postoperative rehabilitation.
    [Methods] The subjects were 28 patients who had undergone surgery for digestive cancer. Knee extensor muscle strength, grip strength, SPPB(balance test, 4-meter walking time, and 5-sit-to-stand time), and 6-minute walking distance were measured about 1 and 2 weeks after surgery for evaluation of physical function. Canonical correlation analysis was performed with physical function factors as dependent variables and preoperative and surgical data as independent variables.
    [Results] Physical function improved over 2 weeks. The 4-meter walking time and 5-sit-to-stand test were correlated with preoperative %FVC, days of postperative rehabilitation, and presence or absence of postoperative complications(p<0.01).
    [Conclusion] Preoperative physical condition may affect postoperative functional improvement.
  • Yamato Niioka, Eiki Tsushima, Hirofumi Ogihara, Takaaki Sato, Kazuya H ...
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 130-138
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    Aim: We aimed to clarify the physical, mental and social factors related to the quality of life of the elderly adults who require long-term care.
    Methods: The physical functions of 123 users of day care rehabilitation services were measured. Survey and measurement items were the physical and mental component summaries of the 8-item Short-Form Health Survey, Life Satisfaction Index K, 30-Second Chair-Stand Test, 5-meter walking time maximum, pain, Geriatric Depression Scale-15, K-I Scale, Japanese version of the abbreviated Lubben Social Network Scale, age, gender, nursing care level, living arrangements, residence history, educational level, and hobbies. Canonical correlation analysis was used to clarify factors related to quality of life.
    Results: The Geriatric Depression Scale-15 was found to be related to the Life Satisfaction Index K and mental component summary. The 30-Second Chair-Stand and pain were found to be related to the physical component summary.
    Conclusions: Depression, pain, and leg muscle strength are related to quality of life in elderly users of day care rehabilitation services when evaluating quality of life using health-related quality of life and subjective well-being as a single construct.
  • Tomo Kato, Takashi Yokota, Kazutaka Kitayama, Naotake Miura, Masashi N ...
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 139-147
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    Background: We previously reported that ST-segment elevation myocardial infarction( STEMI) patients with large residual thrombus burden after thrombectomy before stent implantation had more severe microvascular dysfunction, and greater myocardial damage compared with those with small residual thrombus. However, clinical significance of residual thrombus after stent implantation in STEMI patients is unclear.
    Aims: This study aimed to evaluate the incidence of thrombus by optical coherence tomography( OCT) after stent implantation, and to investigate its clinical impact in STEMI patients.
    Methods and Results: A total of 180 STEMI patients within 12 hours after onset of symptoms were studied. Patients were divided into two groups according to OCT findings after stent implantation: thrombus group( n = 73) and nonthrombus group( n = 107). Peak CPK levels were greater in thrombus group than in non-thrombus group with close to significance( 3649 {1752-7053} versus. 2563 {1201-4282} IU/L, p = 0.053). Thrombus after stent implantation was independently associated with peak CPK levels by a stepwise multivariate analysis.
    Conclusions: Residual thrombus on OCT after stent implantation was detected in 41% of STEMI patients. The residual thrombus was associated with greater myocardial damage assessed by peak CPK levels, indicating clinical impact of OCT-detected thrombus in STEMI patients.
  • Natsumi Kudo, Kenji Hanada, Yosuke Kawamura, Masamichi Nakata, Masashi ...
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 148-155
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    Coronary spastic angina(CSA)has become increasingly important for clinical practice. β-arrestin regulates a large network of cellular responses including inflammation and muscle contraction. However, little is known about its role in the pathogenesis of CSA. In this study, we performed mutational analysis of β-arrestin1 and β-arrestin2 genes in CSA patients. The study population included 20 CSA patients and 5 control subjects. Mutational analyses of the coding regions of β-arrestins were performed by direct sequencing. In β-arrestin1, single base heterozygous substitution at nucleotide position 176 in exon 5 was detected in 2 of 20 CSA patients, whereas no substitution was detected in control subjects. We subsequently performed an association study involving 50 CSA patients and 50 control subjects. No difference was found in the incidence of the mutation between the two groups (p=0.44). In β-arrestin2, single base substitution at nucleotide position 61 in exon 11 was detected. This substitution was homozygous in 13 and heterozygous in 7 of 20 CSA patients, whereas all homozygous in 5 control subjects. These substitutions were well-annotated SNPs(rs877711 and rs1045280, respectively)and did not cause amino acid replacement. No significant substitution of the coding regions of β-arrestins was detected in Japanese CSA patients.
  • Anna Matsumoto, Tetsuya Kushikata, Kazuyoshi Hirota
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 156-162
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    In kidney transplantation, stable hemodynamics is essential to preserve graft function. We used ketamine as an anesthetic because of its sympathomimetic properties. On the other hand, ketamine has several adverse effects, such as prolonged emergence from anesthesia or psychological reactions. Altered ketamine pharmacokinetics was previously reported in rabbits with renal insufficiency, but no study has examined human living kidney transplantation, which has the potential to cause renal insufficiency in the donor and recipient. Therefore, we evaluated ketamine pharmacokinetics in the donor and recipient of living kidney transplantation in various situation including ABO blood type-compatible and -incompatible transplantation.
    Materials and Methods: We examined the ketamine pharmacokinetics in donors(n=8), and ABO blood type -compatible(n=8)and -incompatible(n=8)recipients of living kidney transplantation. We also measured the estimated glomerular filtration ratio(eGFR), blood urea nitrogen(BUN), and serum creatinine in these patients.
    Results: The time course of changes in the ketamine level after stopping ketamine administration did not differ between the donors and recipients. We also found that the eGFR in recipients gradually improved 48 h after the kidney transplantation. No patient developed ketamine-related adverse effects or allograft rejection.
    Conclusion: We conclude that ketamine can be safely applied as an adjuvant with intravenous anesthesia during ABO blood type-compatible and -incompatible living kidney transplantation.
  • Yuichi Toyama, Manabu Yonekura, Yoshiaki Arakawa, Shoki Higuchi, Hirof ...
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 163-171
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    The cardiac action potential in the sinoatrial node is important, as it propagates throughout the heart and determines cardiac rhythm. Because of the anatomical complexity, pacemaker cells in the sinoatrial node can be difficult to identify for electrophysiological analysis. Also, analysis of pacemaker cells requires a specialized technique. In this study, we tried to analyze pacemaking in the sinoatrial node. First, we evaluated the expression of various factors that participate in pacemaking or modify cardiac rhythm. Next, we evaluated recordings of the action potential in the sinoatrial node by a conventional electrophysiological technique and using oxonol V, a fluorescent voltage-sensitive dye.
  • Hirotaka Kinoshita, Daiki Takekawa, Noriko Mikami, Junichi Saito, Kazu ...
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 172-176
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
     The treatment of esophageal achalasia using peroral endoscopic myotomy(POEM)is a standard technique that is less invasive than other techniques. There have been no previous reports of using transthoracic ultrasonography to detect complications with POEM.
     We report the case of a 29-year-old male patient with esophageal achalasia who underwent POEM. The procedure was repeatedly interrupted due to hypercapnia and hemodynamic instability. Even after a peritoneal puncture to release abdominal distention, improvement of his respiratory condition was limited. The patient emerged promptly from general anesthesia but developed tachypnea. Using transthoracic ultrasonography we diagnosed left pneumothorax. He was admitted to the intensive care unit, and the trachea was extubated without any invasive intervention 6 hours later.
     We treated a patient who required mechanical ventilation due to hypercapnic respiratory failure after undergoing POEM and found that transthoracic ultrasonography may be useful to detect pneumothorax in such cases.
  • 大山 力
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 177-178
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
  • 劉 旭, 于 在強, 瀬谷 和彦, 楊 薇, 大徳 和之, 今泉 忠淳, 古川 賢一, 福田 幾夫
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 179
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
     大動脈弁狭窄症(AS)は、石灰化で弁の開閉が制限される病態である。重症の場合は心不全に至るため、大動脈弁置換術(AVR)の適応になる。しかし、石灰化の進行を抑制する有効な薬物治療は、まだない。そこで、インフォムードコンセントを得た AS 患者の大動脈弁から単離した HAVICs を用い、漢方製剤が HAVICs 石灰化に与える影響を検討した。HAVICs は TNF-α(30 ng/ml) や高リン酸(3.2mM)により、著しい石灰化を認めた。このうち、TNF-α 誘発性石灰化モデルを用い、19 種類の漢方薬について検討した。その結果、黄蓮解毒湯が TNF-α 誘発性石灰化を濃度依存性に有意に抑制することを確認した。また、30 μg/ml 以下の濃度で細胞毒性を認めなかった。黄蓮解毒湯は TNF-α による BMP2 遺伝子発現の亢進および ALP 活性の上昇を有意に抑制した。以上の結果は、黄蓮解毒湯が弁異所性石灰化の薬物治療候補のひとつとなる可能性を示唆している。黄蓮解毒湯はオウゴン、サンシシ、オウレンとオウバクの4種の生薬を含んでおり、高血圧や動悸などに使用されている。今後は、活性の本体を明らかにするため、これらの生薬を用いてさらに検討を進めていく。
  • 諸橋 ⼀, 坂本 義之, 三浦 卓也, 梅村 孝太郎, ⾚⽯ 隆信, 袴⽥ 健⼀
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 179
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    2018 年 4 ⽉よりロボット⽀援下直腸癌⼿術が保険収載された。ロボット⼿術の導⼊に当たり厚⽣労働省から⽇本内視鏡外科学会が制定する「内視鏡外科⼿術 を⾏うにあたってのガイドライン」を遵守するようにとの指導があり、我々も 2011 年より準備を進め、これまでに内視鏡外科技術認定医の認定や企業が提供するトレーニングプログラムの認定、ハイボリュームセンターでの⼿術⾒学な どの段階を経てロボット⽀援下⼤腸切除を⾏うための準備に取り組んできた。 2016 年 1 ⽉より初期 12 症例を弘前⼤学医学部の倫理委員会の承認を得たうえで臨床試験の形で導⼊した。尚、初期 4 例はハイボリュームセンター2 施設からそれぞれ 1 名ずつのプロクターを招聘した。2018 年 4 ⽉からは保険診療の条件を満たす為の施設基準と術者基準に則り、合計 50 例の⼿術症例を経験した。腫瘍の局在(Ra/Rb)は 3/47 例、術式(LAR/ISR/APR/Hartmann)は 21/6/8/5 例、ステージ(I/II/III)は 18/22/10 であった。平均⼿術時間は 373分、平均出⾎量は 33g であった。平均リンパ節郭清個数は 21 個であった。開腹移⾏は認められず、Clavien-Dindo 分類 Grade3 以上の術後合併症は 1 例(6%)であった。⼿順は da Vinci surgical system Si を⽤い、Dual docking 法で⾏う。患者の左尾側からロールインした後に内側アプローチから IMA の切離、外側アプローチまでを⾏う。続いて⾻盤側から再ロールインを⾏い、TME を⾏う。切離・吻合はロールアウトした後に腹腔鏡下に⾏う。実際の⼿術⼿技ビデオを供覧し、今後さらなる適応拡⼤が予想されるロボット⽀援下⼿術の可能性について報告する。
  • 今 智矢, 丹治 邦和, 森 文秋, 若林 孝一
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 179
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
     Myelin-associated oligodendrocytic basic protein(MOBP)はミエリン構成蛋白の中では 3 番目に多く、中枢神経系ミエリンの構造維持を担っている。近年、遺伝子解析により MOBP 遺伝子変異がアルツハイマー病、進行性核上性麻痺、皮質基底核変性症、筋萎縮性側索硬化症、前頭側頭型認知症など種々の神経変 性疾患の危険因子であることが明らかにされた。さらにレビー小体型認知症の 皮質型レビー小体におけるプロテオミクス解析によりMOBP がレビー小体に含まれることが示された。そこで種々の神経変性疾患 60 剖検例の脳・脊髄・末梢神経を用いて MOBP の局在を免疫組織化学的に検討した。対象はアルツハイマー病 5 例、ピック病 3 例、進行性核上性麻痺 5 例、皮質基底核変性症 3 例、嗜銀顆粒病 5 例、筋萎縮性側索硬化症 5 例、前頭側頭型認知症 5 例、パーキンソ ン病 8 例、レビー小体型認知症 8 例、多系統萎縮症 5 例、正常対照 8 例である。一次抗体として二種のポリクローナル MOBP 抗体を用いた。一次抗体の特異性につき、正常ヒト、マウス、ラット凍結脳を用いたウエスタンブロット解析を 行い、28kDa のアイソフォームを認識することを確認した。免疫組織化学では、正常対照において、MOBP は中枢神経系のミエリンと中枢および末梢神経系神経細胞の細胞質に局在した。さらに、MOBP はパーキンソン病およびレビー小体型認知症の中枢および末梢神経系レビー小体のコアに局在した。二重蛍光免 疫染色では MOBP はレビー小体の主要構成成分であるαシヌクレインと共局在していた。他の神経変性疾患の封入体は MOBP 陰性であった。MOBP 遺伝子変異がリスクと報告されている疾患の封入体では MOBP 陰性であることから、 MOBP 遺伝子変異は MOBP の異常蓄積を引き起こさない可能性が考えられた。また、MOBP は細胞障害時に細胞保護のために発現が亢進することが報告されている。今回の結果から MOBP はパーキンソン病およびレビー小体型認知症のレビー小体含有細胞において細胞保護的に作用している可能性が考えられた。
  • 町田 光司, 町田 祐子, 松本 一仁, 寺田 明功, 長谷川 範幸, 高橋 識志
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 180
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
     平成25年、死因身元調査法が施行されて以来、当院での死後画像診断(Ai) は増加の一途を辿り、平成30年には200例を超えた。尚、病死は年間10 0例で推移しているため、この単年度での死因について比較検討した。
     平成30年1月~12月までに経験した313例(病死107例、検死206 例)の死因を検討した。病死では、心臓死が63例(59%)、誤嚥性肺炎9例、 呼吸不全2例、誤嚥性窒息死2例、脳梗塞2例、脳出血2例、多臓器不全13 例、DIC5例、癌死9例であった。検死では心臓死が107例(52%)、感 染症17例、脳血管障害22例、糖尿病6例、自殺4例、他殺2例、誤嚥性窒 息死2例、癌死は3例で、その他事故死等40例であり、外因死が疑われた場 合には検死が必須と考えられた。
     この中で、糖尿病は病死13例(12.1%)、検死28例(13.5%)で、両者共ほぼ同様であったものの、検死206例中、事故死の40例を除いた16 6例中で検討すると、糖尿病は28例(16.9%)と高く、年齢別では60代が 12名(43%)と最も多く、40代1名、30代1名であり、これらの年代が半数を占めていた。
     また、病死13名の糖尿病患者中、80代6名(46%)、90代4名(31%)、70代2名で、60代はわずかに1名(8%)と、60代での死亡者の割合は検 死と病死の間に有意差が見られた。
     糖尿病の未治療、治療中断、低血糖などの問題があると考えられるため、今後の対策が必要と考えられた。
  • 町田 光司, 町田 祐子, 長谷川 範幸, 中村 光男, 高橋 識志
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 180
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
     死後経過に伴って赤血球の解糖系により血糖値は下がり続けるが、血球の無 い房水の糖濃度は比較的緩徐に低下し、比較的安定である。
      死後房水糖値(PMAG:Post Mortem Aqueous humor Glucose)を検討する事により、死亡前の血糖値の推定が可能である事を昨年の本学会で発表した。
      PMAGが死後1〜2日の短期間で20mg/dl 未満の低値の場合には低栄養や低血糖が疑われるが、今回は特に低血糖の診断について房水中のインスリン(IRI)やCペプチド(CPR)を測定して比較検討した。
      低血糖を疑われた検死5例について死後房水中のインスリン(IRI)を検 討したところ、インスリン治療中の3例にIRIが認められ、房水内に外因性 インスリンが移行したものと考えられ、更にPMAGの低い2例では低血糖と 考えられた。
      次にインスリンについて検死7例の房水中のCペプチド(CPR)を検討し たところ、CPRは全例に認められたため、内因性のインスリンも房水に移行 しているものと考えられた。
      更に、低血糖3例の臨床例と、房水中IRIとCPRを測定し得た検死9例 においてIRI/CPRを検討したところ、外因性インスリンによる低血糖疑いの検死例ではCPRが測定感度以下に抑制され、この比が少なくとも10以上 と高値であり、低血糖の鑑別診断に有用と考えられた。
  • ⼭⽥ 貴⼤, 豊⽊ 嘉 ⼀, 市澤 愛郁, ⽊村 俊郎, 神 寛之, 中井 款, ⻘⽊ 計績, 川嶋 啓明, 遠藤 正章, 楠美 智⼰
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 180
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
     脂肪肝の背景を持った患者に発症した悪性転換が疑われた⾊素性肝細胞腺腫を経験したので報告する.
     50 歳男性. 家族歴に特記事項なし. 既往歴は 2 型糖尿病, 両側⿐茸切除術, 慢性副⿐腔炎. ステロイド薬使⽤歴なし. 健診で平成X 年11 ⽉に肝腫瘍を指摘され当院消化器内科受診. 諸検査で悪性を強く疑う所⾒なく経過観察となっていたが, 腫瘍の若⼲の増⼤傾向があったため当科紹介.
     ⾎液検査では軽度肝機能障害と HbA1c 6.9%を認め, 肝炎ウイルスマーカーや AFP やPIVKAⅡなどの腫瘍マーカーの上昇なし. 超⾳波検査では脂肪肝を背景に, S2 に約 25mm ⼤の low echoic で境界明瞭な結節を認め, 中⼼部に不整形な high echoic lesion が混在. 腹部MRI では, T1 強調画像で⾼信号, T2 強調画像で低信号, 造影ダイナミックでは, 病変が早期から均⼀に濃染され後期相まで持続.
     以上の結果から局性結節性過形成や肝細胞腺腫などの良性腫瘍が考えられたが, 悪性の可能性を否定できず, 同年 11 ⽉に腹腔鏡下肝外側区域切除術を施⾏.
     切除標本は 22×23mm の充実性で⿊⾊境界明瞭な腫瘍. 病理組織学的には, 腫瘍は圧排性であるが被膜形成なく、背景肝よりやや⼤型の肝細胞が索状に増⽣. 腫瘍内に筋性⾎管を認め、成熟した胆管や⾨脈域はなく, 肝細胞腺腫に⽭盾しない所 ⾒. 腫瘍内にリポフスチンと思われる⾊素沈着を認め, ⿊⾊を呈する原因と考えられた. また, 軽度炎症性細胞浸潤を認め, 免疫染⾊で, SAA, CRP, GS が腫瘍部⼀致して陽性. β -catenin も⼀部陽性で Pigmented hepatocellular adenoma, inflammatory type, β-catenin type の診断. さらに, ⼀部で腫瘍細胞が nodular に増⽣し, 細胞の⼤⼩不同, 核の濃染を認めた. ごく⼀部の鍍銀線維の減少や偽腺管様構造も認められ悪性転換の可能性が⽰唆された. 術後 経過良好で術後6 ⽇⽬で退院. 術後 6 か⽉間の観察で再発や転移は認めていない.
     肝細胞腺腫は, 本邦では⽐較的稀な良性腫瘍で, 海外では 3-4/100,000 ⼈の罹患率. ステロイドや避妊薬と関連がいわれている. Bioulac らは肝細胞腺腫を臨床的・病理学的特徴から 4 つに分類しているが, それぞれの頻度や悪性転換との関連性の報告は少なく, ⾊素性と⾮⾊素性との区別も不明確である. ⾊素沈着やβ -catenin 活性化などが悪性転換のリスクである可能性が報告されており, 今後, 症例の蓄積により悪性化のリスク分類がなされることが期待される.
  • 福士 道夫
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 180
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    目的  潰瘍性大腸炎の治療は診断と治療薬の進歩で患者の QOL は向上した、と考えられる。しかし本疾患の発症年齢は 10 代後半から 20 代前半と若く、長期治療・経過観察が必須となる。そこで当院に通院中の患者が、疾患・治療・ 将来についてどのように感じているかの意識調査を行った。
     アンケート記入は、その目的を患者に説明し同意を得てから行った。
    患者背景
     男性 15 例(平均年齢 51.2 歳、平均罹病期間 12.6 年)女性 12 例(51.4 歳、 18.5 年)の 27 例で、ほとんどが左側結腸炎型、中等症で、記入時 27 例中 22 例が寛解期であった。
    アンケート内容
      1)日常生活での悩み、2)薬剤副作用の経験、3)精神的負担、4)社会生活 上の負担、5)治療への不安、6)検査に関して、7)治療に関して、8)医療 側への希望、9)周囲の認知度。
    結果
     日常生活では、全員がトイレに関する悩みを抱えていた。下痢、血便の症状 への悩みも多かった。薬剤副作用はムーンフェイス、湿疹、精神的負担は、 再燃や症状悪化への不安、将来への不安をあげていた。治療に関しては、現 状でよいが多かったが、落ち着いたら中止したいとの意見もあった。医療側 へは、再燃・悪化時の対応、最新医療の説明を希望していた。周囲の認知度 では全員が家族内で病気の内容を共有していたが、職場では 7 割の共有に留まっていた。
    まとめ  今後の診察にあたっては、治療内容とともに、精神面での対応も重要と思われた。
  • 後藤 慎太郎, 齋藤 佳南, 嶋中 拓弥, 清野 浩子, 吉澤 忠司, 羽賀 敏博, 諸橋 聡子, 鬼島 宏
    2020 年 70 巻 2-4 号 p. 181
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/27
    ジャーナル フリー
    【背景と目的】 膵癌は最も悪性度の高い腫瘍の一つである。近年の治療の進歩により、多くの悪性腫瘍は予後が改善されつつあるが、膵癌の予後は一向に改善がみられない。膵癌は、病理組織学的に膵管上皮を由来とする浸潤性膵管癌が大多数を占め る。この浸潤性膵管癌(以下、膵癌)は、癌細胞周囲に極めて豊富な線維化を伴うこと が特徴的である。この癌細胞周囲の線維性間質には、免疫組織化学的に α-smooth muscle actin (αSMA) を発現する癌関連線維芽細胞(cancer-associated fibroblast: CAF)とよばれる線維芽細胞が存在し、癌の浸潤と増殖に関与していることが明らかに なってきている。すなわち、膵癌はこの CAF が豊富であるために悪性度が高いと推測される。しかしながら、実際の臨床症例では、線維性間質が豊富な症例がある一方で、 間質に乏しく癌細胞が密な症例もしばしば経験する。我々は、このような膵癌の組織 学的多様性が術前の画像に反映されているのではないかと考え、CT 画像と病理組織との比較検討を行った。
    【方法】 当院で外科切除された膵癌 40 症例を対象とした。いずれの症例も術前にダイナミック CT 画像が当院で撮影されており、術後の病理診断で浸潤性膵管癌と診断された症例を用いた。病理組織学的には、免疫組織化学染色を用いて癌細胞の密度 と、癌間質におけるαSMA 陽性率を算出した。一方、ダイナミック CT 画像からは、造影効果の経時変化をTime intensity curve として描出し、各時相における CT 値や CT 値の変化率を算出した。
    【結果】 病理組織の結果とダイナミック CT の結果を統計的に解析した結果、癌細胞の密度と造影効果の経時変化との間には有意な相関はみられなかった。一方で、癌 間質のαSMA 陽性率と、造影開始から動脈相に至るまでの CT 値の傾きとの間には有意な相関がみられた。
    【考察】 癌間質のαSMA 陽性率と造影効果の経時変化との間に相関がみられた原因として、我々は CAF の関与を推定している。CAF は筋線維芽細胞の特性を有しているため、CAF が豊富な間質は流動性が高く造影剤が浸透しやすい環境にあると考察した。癌間質における CAF の機能についてはいまだ不明な点が多いが、本研究により術前の画像から癌間質の特性を予測できる可能性が示された。今後、術前化学療法の組織学的治療効果判定などに、本研究の結果を応用してゆきたいと考える。
feedback
Top