弘前医学
Online ISSN : 2434-4656
Print ISSN : 0439-1721
71 巻 , 1 号
選択された号の論文の21件中1~21を表示しています
原著
  • Yayoi Tsutsumi, Yuka Noto, Makoto Akashi
    2020 年 71 巻 1 号 p. 1-11
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    The objective of this paper is to identify factors that affect the intention and behavior of nurses in initial response to radiation accidents/disasters. A questionnaire survey was conducted with nurses working at disaster base hospitals or nuclear emergency core hospitals and nuclear emergency medical cooperation institutions( nuclear hospitals). A significant effect of intention on behavior was observed in both groups. In addition, the determinant factor of nurses for their intention in radiation/nuclear disasters was their disposition towards their expertise, followed by their practical knowledge. However, there was no significant effect of cooperative framework on intention or behavior. Determinants for behavior were intention and expectations from others in both groups. In the disaster base hospital group, on the other hand, uneasiness to radiation exposure affected their intention, and practical knowledge influenced intension and behavior. In contrast, uneasiness to radiation exposure did not affect intention or behavior, and behavior was not affected by practical knowledge in the group from nuclear hospitals. Thus, our results suggest that there are factors affecting intention and behavior which could or could not be overcome by education/ training. Measures for a nurse to work with pride as an expert in this field and with social standing are also required for smooth nursing care in radiation emergencies.
  • Yohshiro Nitobe, Gentaro Kumagai, Ayako Sasaki, Toshihide Nagaoki, Kan ...
    2020 年 71 巻 1 号 p. 12-20
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    Mesenchymal stem cells( MSCs) from white adipose tissue( WAT) have a higher osteogenic differentiation potential than those from brown adipose tissue (BAT). The purpose of this study was to compare the neuronal differentiation potentials of these cells. In addition, to examine the applicability of these cells for autologous neuronal regeneration, the mouse hind limbs were assessed for neurological function after adipose tissue was harvested from the inguinal and interscapular regions. Adipose-MSCs were isolated from WAT of the inguinal subcutaneous regions and BAT of the interscapular regions in 6-week-old female C57BL/6J mice. The expression of cell-surface markers on the adipose-MSCs was examined by flowcytometry. The markers examined were CD90, Sca1, CD34, and CD45. Neuronal differentiation was assessed by immunocytochemistry using NeuN as a mature neuron marker. MSCs derived from WAT and BAT displayed similar immunophenotypes. Both cell populations differentiated into NeuNpositive cells( 16.2% ± 1.0% of the WAT-MSCs and 14.7% ± 2.4% of the BAT-MSCs) in vitro. Harvesting the adipose tissue did not affect the neurological properties of the hind limbs. These findings indicate that both WAT-MSCs and BAT-MSCs may be attractive cells for autologous neuronal regeneration.
  • Tomonori Kawamura, Masahito Minakawa, Norihiro Kondo, Kazuyuki Daitoku ...
    2020 年 71 巻 1 号 p. 21-30
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    Objectives: The study aimed to evaluate the outcomes of total arch repair in patients with type I aortic dissection.
    Methods: A total of 117 patients who underwent total arch repair over a period of 27 years were enrolled and divided into two groups: 75 patients who underwent total arch replacement (TAR) and 42 who underwent total arch repair using the frozen elephant trunk( FET) technique. Univariate and multivariate analyses of outcomes were performed between the two groups.
    Results: There was no significant difference in permanent cerebral dysfunction (5.3% vs. 9.5%) and temporary cerebral dysfunction (4.0% vs. 2.4%) between the TAR group and FET group. The 30-day and in-hospital mortality of TAR group vs. FET group were 6.7% vs. 0% (P=0.158) and 10.7% vs. 0% (P=0.049), respectively. The overall survival was significantly higher in the FET group( log rank P=0.034). The long-term survival and aortic event free survival rates were not significantly different between the two groups. The independent risk factors for hospital mortality were age( P=0.046), preoperative hemodialysis( P=0.003), malperfusion of the carotid artery( P=0.032), and mediastinitis( P=0.017).
    Conclusions: Total arch repair in patients with type I aortic dissection using FET was beneficial by reducing the inhospital mortality and improving long-term survival rate.
  • 小野 幸輝, 今井 麻智子, 山田 勝也
    2020 年 71 巻 1 号 p. 31-45
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    フロリジンはりんごの果皮に高濃度に含まれるポリフェノールで,抗癌作用や血糖低下作用を示す.実際,最新 の高血糖治療薬として臨床で用いられている薬剤は,フロリジンの腎特異性を高めた誘導体である.しかし,りんごを 果皮ごと食用とする場合,農薬が懸念される.確かにりんご栽培には農薬の使用が不可避とされているが,青森県津軽 地方には,無肥料・無農薬によるりんごの自然栽培に成功した圃場がある.そこで今回,この圃場の「ふじ」を5 ヶ月 間採取し,果皮のフロリジン含量を質量分析により解析した.対照には化学肥料不使用・減農薬栽培の「ふじ」を用いた. その結果,前者のフロリジン含量は後者に比べ,採取時期を問わず有意に大きいことが判明した.自然栽培されたりん ごは,果実のみならず果皮のポリフェノールも安心して摂取できることから,今後の発展が期待される.
  • 野口 貴雄, 石崎 博, 田村 好拡, 小山 俊朗, 長内 俊之, 佐竹 杏奈, 福田 はるか, 秋山 なつみ, 沢田 かほり, 井原 一成 ...
    2020 年 71 巻 1 号 p. 46-54
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    口腔内細菌の中でも侵襲性歯周病の原因菌とされるPorphyromonas gingivalis,Tannerella forsythia 及びTreponema denticola の3 種はRed complex と呼ばれ,歯周病への関与の他,多くの全身疾患リスクを高めていることが知られて いる.そして,口腔内細菌の健康への関与が腸内細菌とともに注目されている.本研究では,舌苔の歯周病菌の中で特 にRed complex に着目し,口腔内環境とRed complex との関係を疫学的に調査した.1,063人の地域住民の舌苔から検 体を採取し,次世代シークエンス解析により網羅的に細菌検出したところ43種類の細菌が検出された.その中で歯周病 菌とされる13種類を選択して歯周病菌に影響を及ぼす因子について検討し,さらにRed complex に与える要因を多変量 解析により検討した.その結果,舌苔中のRed complex に有意に関連している因子は歯周病の有無(P=0.000002),年 齢(P=0.00008),う蝕本数(P=0.0002),喫煙(P=0.008)であった.Red complex は歯周ポケットのみではなく舌苔中 にも存在し,口腔内環境と相互に関連していることが明らかとなった.
  • Tomoyuki Niisawa, Naoki Naruta, Agnieszka M. Murakami, Manabu Yonekura ...
    2020 年 71 巻 1 号 p. 55-64
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    Orexin (hypocretin) is a neuropeptide secreted by hypothalamic neurons that is activated during motivating behaviors and active waking. Our knowledge of orexin is mainly limited to mammalian species, such as humans, mice, and rats. In the present study, we cloned orexin and its receptor from the medaka brain. Additionally, we analyzed the effect of an orexin inhibitor (SB-649868) on spontaneous behavior. The orexin inhibitor decreased spontaneous movement of the fish, suggesting the importance of the orexin system in spontaneous movement. Our results indicate that medaka might be a suitable animal model for neurological behavioral studies.
  • 澤田 洋平, 澤谷 学, 三上 達也, 櫻庭 裕丈, 福田 眞作
    2020 年 71 巻 1 号 p. 65-70
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    研究の目的は,自家蛍光内視鏡(AFI)を用いた組織型推論ニューラルネットワークシステムの試作,並びに精 度検証である.
     AFI を用い,大腸病変と正常背景粘膜との自家蛍光強度を定量し,粘膜下層までの距離を反映する任意量(Interval to submucosa 以下iTS)を求めた.更に,iTS の基本統計量,局在部位,肉眼型から組織型を推論するニューラルネッ トワークシステムを試作し精度評価をおこなった.対象はAFI で病変を観察し内視鏡的粘膜切除を施行した126病変(低 異型度腺腫71,高異型度腺腫20,粘膜内癌25,鋸歯状腺腫/ポリープ10)である.病変は周辺正常粘膜よりもiTS が有 意に高いことが分かった.粘膜内癌が鋸歯状腺腫/ポリープよりiTS が有意に高かったが,その他の組織型の間に有意 差は認められなかった.一方,ニューラルネットワークシステムの層化2 分割交差検証による精度は80.2%であった.今 後,汎化による実装が期待された.
症例研究
  • Kasumi Osonoi, Ko Kudo, Akie Kobayashi, Daisuke Matsukura, Kanji Tanak ...
    2020 年 71 巻 1 号 p. 71-74
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    The prediction of the severity of Rhesus E induced-hemolytic anemia is difficult due to low incidence, although ultrasound monitoring of middle cerebral artery peak systolic velocity (MCA-PSV) is useful. We report a case of moderate Rhesus E associated hemolytic disease of newborn even with indicating a high level of MCAPSV suggesting severe anemia. A 37-year-old multipara woman suspected with severe fetal anemia at 35 weeks of gestation by ultrasound monitoring. However, the fetus showed no findings of hydrops fetalis. A female neonate was born at 38 weeks of gestation by transvaginal delivery without asphyxia. The neonate developed moderate hemolytic disease that was treated with phototherapy, a single dose of human intravenous immunoglobulin and four times of red blood cell transfusions. Exchange transfusion was not needed for treatment. The anti-E antibody of the baby was serially detected which became negative at 6 months of age. A comprehensive evaluation of the fetus for prediction of severity and careful observation for at least six months are crucial in the management of Rhesus E associated hemolytic disease, considering the limitation of ultrasound monitoring of MCA-PSV.
  • Tatsuya Ito, Tatsuya Yamamoto, Arisa Asari, Tatsuhiko Tanaka, Takaaki ...
    2020 年 71 巻 1 号 p. 75-78
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    Post-varicella angiopathy (PVA) is the leading cause of pediatric arterial ischemic cerebral infarction. However, PVA is considered to be underdiagnosed because of the lack of both sensitive diagnostic procedures and criteria. We, herein, report a case of PVA-associated arterial ischemic stroke diagnosed by MRA. A previously healthy 5-year-old Japanese boy was admitted to our hospital with right facial nerve palsy and right hemiparesis, a transient symptom of ischemic stroke, one month after recovery from chickenpox. The neurological symptoms recovered completely by conservative therapy. In addition to clinical history, cerebral artery stenosis detected by magnetic resonance angiography( MRA) in the recovery phase enabled us to diagnose him with PVA-induced stroke despite no detection of varicella-zoster virus DNA in the cerebrospinal fluid. Thus, MRA findings in the convalescent period are useful in the clinical diagnosis of pediatric PVA-induced stroke.
  • 于 在強, 劉 旭, 木村 大輔, 宋 成洋, 皆川 正仁, 大徳 和之, 福田 幾夫
    2020 年 71 巻 1 号 p. 79-83
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    症例は67歳男性,急性大動脈解離に対して上行弓部大動脈人工血管置換術を行い周術期は問題なく退院していた. 4 年後,胸部正中創部に腫張を伴う疼痛が出現した.造影CT を行ったところ,正中創に相当した前縦隔に骨侵食像を 伴う膿瘍形成を認めた.術後遠隔期縦隔洞炎と考え,抗生物質を投与した上,膿瘍開放ドレナージを行う方針にした. 生検を行ったところ,病理診断で悪性リンパ腫の確定診断に至った.CT 所見上,縦隔洞炎との鑑別が難しかった症例 を経験したため,文献考察を加えて報告する.
概要
令和元年度(第24回)弘前大学医学部学術賞
特別賞受賞研究課題
奨励賞受賞論文
弘前医学会抄録
  • 鈴木 千恵子
    2020 年 71 巻 1 号 p. 95-96
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
  • 福士 咲恵, 清水 武史, 藤田 敏次, 藤井 穂高
    2020 年 71 巻 1 号 p. 97
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    Oligoribonucleotide (ORN) interference-PCR (ORNi-PCR) は、PCR 増幅領域の 塩基配列に相補的な17~29 塩基のORN(短鎖RNA)を増幅領域にハイブリダ イズさせ、プライマー伸長反応を阻害することで塩基配列特異的に増幅を抑制 する技術である。ORN 結合部位に変異がある場合、ORN はハイブリダイズせ ずPCR 増幅される。ORNi-PCR 法は安価かつシンプルな操作で実施可能であり、 演者らはこれまでにがん細胞やゲノム編集済み細胞の遺伝子における1 塩基の 差異を高精度で判別できることを明らかにした。本技術は臨床における診断や 検査での利用が期待されるが、そのためにはより簡便で低侵襲なプロトコール の確立が必要である。そこで、本研究はラットの生体組織、固定済み組織およ び血液をサンプルとして、ORNi-PCR による塩基配列差異の検出を試みた。
     ラットglutathione S-transferase mu 1 (GST-M1) 遺伝子における2 塩基多型(GA 塩基型とTT 塩基型)を塩基配列差異のモデルとして、GA 型に相補的なORN を作製し、ORNi-PCR で多型を判別できるか検討した。その結果、以下(1)~ (3)が判明した。(1)GA 型ラットおよびTT 型ラットの生体肝組織から抽出 したゲノムDNA を用いてORNi-PCR を行ったところ、GA 型ではORN によっ てGST-M1 遺伝子の増幅が抑制され、TT 型では抑制されずGST-M1 遺伝子が増 幅した。(2)GA 型ラットおよびTT 型ラットのアセトン固定肝組織標本からゲ ノムDNA を抽出してORNi-PCR を行ったところ、生体肝組織を用いた場合と 同様にGA 型ではGST-M1 遺伝子の増幅が抑制され、TT 型では抑制されなかっ た。(3)GA 型ラットおよびTT 型ラットの血液を直接PCR 反応液に添加して ORNi-PCR を行ったところ、同様にGA 型ではGST-M1 遺伝子の増幅が抑制さ れ、TT 型では抑制されなかった。
     いずれの解析においてもORNi-PCR でGST-M1 遺伝子の多型を判別できたこ とから、本技術は生体組織のみならず固定組織や血液といった臨床検体を用い た場合においても簡便に塩基配列差異を検出できることが示唆された。本研究 の成果は、遺伝子疾患やがんの早期診断など、臨床における迅速・簡便・低侵 襲な塩基配列差異検出法の確立に寄与すると考える。
  • 荒木 亮, 浅利 亨, 工藤 整, 和田 簡一郎, 熊谷 玄太郎, 佐々木 綾子, 古川 賢一, 石橋 恭之
    2020 年 71 巻 1 号 p. 97
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    【目的】後縦靭帯骨化症(OPLL)は 圧迫性脊髄障害、神経根症状、頚椎可動域制限に よって 運動機能障害を呈する疾患である。本疾患の病態としては、脊柱靱帯内の間葉 系幹細胞(MSCs)が異所性骨化へ関与していると我々は報告してきた。近年、骨粗鬆症 治療薬としてテリパラチド(TPD)が実臨床で用いられており、間欠的投与で骨同化作用 を有し、骨形成促進薬として効果を発揮している。靭帯骨化症モデルマウスにTPD を投 与し異所性靭帯骨化が促進したとの報告があるが、OPLL 患者に対するTPD 投与の安 全性は十分検証されていない。本研究の目的はOPLL 患者脊柱靱帯由来MSCs の骨分 化に 対するTPD 投与の影響を検討することである。
    【方法】手術中に切除されたOPLL 患者の頚椎黄色靱帯からMSCs を抽出して培養し 5 継代目を実験に用いた。培養細胞がコンフルエントに達した後、骨分化誘導培地で 培養し、各濃度のTPD(3nM、10nM、30nM)を週1回間欠投与し、3週間培養した。対象群 として頚椎症性脊髄症(CSM)患者由来MSCs も同様のプロトコルで培養を行った。 Alizarin red 染色を行い、吸光度を測定した。Total RNA を抽出しRT-PCR を行った。非 骨分化誘導培地のTPD 非投与下で培養したCSM 患者由来MSCs をコントールとして、 ΔΔCT 法を用いてTPD 各濃度おける骨化関連遺伝子(OCN、OSX、OCN、RUNX2、 BMP2)の相対的発現量を測定した。TPD の各濃度間での比較をFriedman 検定で、CSM とOPLL の 2 群間の比較にはMann-Whitney U 検定を用いて比較した。
    【結果】OPLL 由来MSCs においてAlizarin red 染色の吸光度測定値はTPD 非投与で 1.85、TPD 投与(3nM、10nM、30nM)でそれぞれ1.68、1.64、1.60 であった。濃度依存性 に吸光度の低下を認めたが、4 群間の比較では有意差を認めなかった(P=0.277)。また OCN、OSX の発現量はTPD 非投与がそれぞれ54.5 倍、79.6 倍であるのに対して TPD30n 投与でそれぞれ110.3 倍、119.3 倍と増加していたが、TPD 各濃度間での遺伝 子発現量に 有意差は認めず(P=0.178,P=0.266)、他の遺伝子発現量も同様であった (P>0.05)。CSM と比較し吸光度、遺伝子発現ともにOPLL で高い傾向であった。しかし OSX 発現量がTPD 非投与でOPLL の方が有意に高かった(p=0.047)以外は2 群間に有 意差を認めなかった(P>0.05)。
    【考察】本研究のAlizarin red 染色および遺伝子発現の結果からはOPLL 患者由来MSCs へのTPD 投与による骨分化促進効果は明らかではなかった。これらの結果からOPLL 患 者へのTPD 投与は異所性骨化を促進しない可能性が示唆された。しかし本投与方法で はTPD の骨形成作用が再現されていない可能性を否定できず、投与方法については 再検討を要すると考えられた。
  • 町田 光司, 町田 祐子, 長谷川 範幸, 中村 光男, 高橋 識志
    2020 年 71 巻 1 号 p. 97
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
     死後に血糖値は赤血球の解糖系により低下するため、死後低血糖の診断は困難で ある。しかし、房水は赤血球を含まず比較的安定であるため、死後房水糖値(PMAG: Post Mortem Aqueous humor Glucose)から生前の血糖値の推定が可能である。同一症 例における死後の房水糖値の経時的変化について。64歳糖尿病では死後直後の房 水糖値は心臓血糖値の70〜80%であるが、採取して放置した房水に比して眼内の房 水糖値は下がり続け、8時間半後には死亡直後の血糖値の51.2%となり、他の2例でも 同様な傾向を認めた。死後房水糖を採取した7例で最長1週間の測定で、冷所では比 較的安定であったが、夏の暑い時期には低下する傾向にあった。血中ケトン体と死後 房水糖値の関連を死後8時間以上経過した118例について検討した。1.糖尿病性ケト アシドース、2.低体温、3.アルコール性ケトアシドース、4.飢餓性ケトアシドースが見ら れ、特に房水低値例に低栄養、低血糖例が存在すると考えられた。死後房水糖値の判 断基準を考慮すると、死後8時間以上3日以内の場合、25mg/dl から40mg/dl 程度が 正常、50mg/dl 以上は糖尿病疑い、100mg/dl 以上は糖尿病性ケトアシドーシス。低値 の場合は25mg 以下、特に20mg/dl 未満の場合、低栄養や低血糖が疑われた。症例7 1歳男、認知症を伴う糖尿病。訪問診療時に高血糖の場合、インスリン施行していたが、 昨年ランタス10単位施行2時間後に死亡した。死後21時間後の房水糖値は160mg/dl 以上と高く、血中インスリンは正常値で、C ペプチドは抑制されておらず、房水内にイン スリンは検出されず、低血糖は否定的であった。尚、2年前から本研究を始めた当初、 低血糖を疑った5例中2例の通り房水中にインスリンも検出され、低血糖が考えられた が、その後房水中のCペプチド(CPR)を7例測定にて全例に検出され、内因性のインス リンも房水に移行しているものと考えられた。更に臨床例や検死例での房水中のインス リンとC ペプチドを検討すると、薬剤性の低血糖1例、飢餓性低血糖の臨床例2例の臨 床例3例と、外因性インスリンによる低血糖例2例を含む検死11例の計14例において、 外因性インスリンによる低血糖例では房水中や血中C ペプチドが抑制されており、血中 インスリンの高値も1例に認められた。死後房水糖値や、インスリン、C ペプチドなどの 測定により、死後に低血糖の診断が可能と考えられた。
  • 佐藤 ちひろ, 小枝 周平, 三上 美咲, 赤平 一樹, 山田 順子
    2020 年 71 巻 1 号 p. 98
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    脳卒中後運動麻痺の治療には、中枢神経系の可塑的変化を誘発させるリハビリテー ションが必須であり、種々の治療法が展開されているが科学的根拠に基づく治療法や 効果的治療要素は未確立である。近年、モチベーションやストレスといった患者の心 理が機能回復に与える影響が注目されるが、その作用機序は未だ明らかでなく解明が 急がれる。我々はこれまでの研究で、半身に運動麻痺を呈する脳出血モデルラットを 用いて、回転かごによる自発的運動およびトレッドミルによる強制的運動が機能回復 に与える効果を検討した結果、自発運動による麻痺回復効果が高いことを明らかにし た。しかし、心理的要素が機能回復に影響を及ぼすかは不明であった。
     そこで本研究では、運動に伴う心理的要素が脳卒中後の機能回復に及ぼす影響を検 討することとした。
     動物は非介入群 、強制運動群、自発運動群に分けて、術後4―28 日目にリハビリ テーションを実施した。心理状態の評価は、中間時点である14 日目および介入終了日 の28 日目に行った。ストレス状態は、ELISA 法を用いて血中コルチコステロン濃度を 測定した。また、モチベーションは免疫染色法により、報酬関連領域である側坐核(NAC c)における神経活動マーカー蛋白ΔFosB の発現量を評価した。
     その結果、モチベーションの状態は自発運動群では他群よりもNACcにおける ΔFosB 蛋白が多く発現しており、モチベーション関連領域が賦活している可能性があ る.また、両時点におけるストレス状態は強制運動群におけるコルチコステロン濃度 が高く、ストレス負荷が高かった可能性がある。つまり、強制運動には高いストレス、 自発運動にはモチベーションを伴うことで、機能回復の程度が左右された可能性が示 唆された。
     さらに、これらの運動機能回復をもたらした脳機能変化の評価のため、逆行性トレ ーサーDiI を損傷領域である線条体へ注入し、一次運動野第Ⅴ層領域内における標識 細胞に対し、電気生理学的手法(パッチクランプ法)を用いて興奮性シナプス後電流 の振幅および頻度を解析し群間比較した。その結果、リハビリテーションを行った二 群では非介入群よりも興奮性シナプス後電流の振幅・頻度が多く、リハビリテーショ ンにより脳内ネットワークの働きが活性化されている可能性が示唆された。運動実施 によりスパインの大きさや密度が変化した可能性があり、今後はシナプス解析による 形態学的検証が必要と考える。
  • 海老名 徹, 鎌田 耕輔, 間山 恒, 山形 和史, 玉井 佳子, 福田 眞作, 髙見 秀樹
    2020 年 71 巻 1 号 p. 98
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
    【背景】真性赤血球増加症(polycythemia vera:PV)は, 多くはJAK2 遺伝子変 異により,赤血球が過剰に産生される骨髄増殖性腫瘍であり、汎血球増多を示す ことが多い.PV の生命予後は, 血栓症と骨髄線維症・急性白血病への移行に規定 されるため, 適切な診断と血栓症予防が必要である.今回, 多血症精査目的で当 科に紹介された症例を抽出し, PV の臨床的特徴と治療経過について検討した.
    【対象】2015 年4 月から2019 年11 月に多血症の精査目的で当科に紹介となっ た31 例を対象とした.
    【結果】31 症例の受診契機は,29 症例が自覚症状なし(血液検査異常),1 例が 血栓症の原因精査,1 例が症状の精査であった.31 症例中, PV は9 例であり, JAK2 遺伝子変異を8 例に認めた.PV 群のヘモグロビン値,白血球数,血小板数 の中央値はそれぞれ18.4 g/dL,9900 /μL,80.4 万 /μL であり,非PV 群はそ れぞれ17.35 g/dL,6330 /μL,25 万 /μL であった.PV 群では非PV 群と比較 し,白血球数,血小板数が高い傾向にあった.PV9 症例のうち血栓症は3 例に認 め,その詳細はアテローム血栓性脳梗塞,大腿動脈血栓症,深部静脈血栓症+閉 塞性動脈硬化症であった.また9 例のうち3 例に掻痒感などの症状を認めた.PV は年齢60 歳以上,血栓症の既往の有無からリスク分類され,高リスク群に対し ては瀉血療法,アスピリン療法に加え,細胞減少療法を行うことが推奨されてい る.9 例のうち高リスク群は6 例,低リスク群は3 例であった.高リスク群6 例 のうち3 例に血栓症の既往を認め,そのうち2 例が診断後抗腫瘍薬であるヒドロ キシカルバミドによる細胞減少療法を導入したが,1 例は本人の希望により導入 しなかった.高リスク群のうち血栓症の既往のない3 例は瀉血療法,アスピリン 療法で治療を開始したが,その後血球コントロール不良によりヒドロキシカルバ ミドを導入した.PV の9 例全例が新たな血栓症を発症することなく経過してい る.また1 例が急性白血病に病勢進展しJAK 阻害薬を導入したが,2020 年1 月 時点で生存が得られている.
    【考察】初期のPV は自覚症状に乏しく,血液検査が発見の契機になることが多 い.PV の予後因子は初診時の血栓症の既往の有無であり,血栓症既往のあるPV では5 年間に40 %が血栓症を再発すると報告されている.PV をより早期に診断 し,治療介入することで,生命予後は改善すると考える.日常診療で汎血球増加 を認めた場合,PV の可能性を考慮し,血液内科医と連携をとることが重要である.
  • 佐藤 健太郎, 西村 顕正, 井川 明子, 岡野 健介, 袴田 健一
    2020 年 71 巻 1 号 p. 98
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
     症例は60 歳代, 女性。50 歳代の時に左乳癌に対して術前化学療法(以下, NAC) 後に左乳房全切除術+腋窩リンパ節郭清術を施行した。病理診断にて浸潤性 小葉癌(エストロゲン受容体(以下, ER)陽性, HER2 陰性)の診断であった。2 年後, 右乳房腫瘤に対して針生検を施行し, 浸潤性小葉癌(ER 陰性, HER2 陽性)の診断 を得た。NAC 後に右乳房全切除術+腋窩リンパ節郭清術を施行した。病理診断 ではpCR であった。その3 年後左腋窩リンパ節再発を認め, 左腋窩リンパ節摘 出術を施行した。病理診断は同様に浸潤性小葉癌(ER 陽性, HER2 陽性)であった。 このとき術前検査として施行したPET-CT にて子宮体部に陽性集積を認めた。 近医産婦人科を受診し, 経過観察の方針となった。1 年後に再度左腋窩リンパ 節再発を認め, 左腋窩リンパ節摘出術を施行した。病理診断は浸潤性小葉癌(ER 陰性, HER2 陽性)であった。術前検査として施行したPET-CT を施行し, 子宮体 部の陽性集積の増強があり, 当院産婦人科に紹介した。原発性子宮癌が疑われ, 子宮内膜生検が施行されたが, 悪性所見は得られなかった。画像診断上悪性を 否定できないため, 手術を勧めたが, 本人が経過観察を希望されたため, 経過 観察の方針となった。その後下腹部不快感が出現し, 本人も手術を希望された ため, 当院産婦人科で単純子宮全摘術, 両側付属器切除術が施行された。病理 組織所見から浸潤性小葉癌子宮転移(ER 陰性, HER2 陽性)と診断された。現在 トラスツズマブ+ペルツズマブ+ドセタキセルにて加療しながら, 経過観察中で ある。浸潤性小葉癌は乳癌の特殊型の一つであり, 消化管を含む腹腔内諸臓器 に転移を来す傾向が強いとされているが, 子宮転移は比較的まれである。浸潤 性小葉癌術後は, 腹腔内臓器転移に注意し経過観察を行う必要があるが, 画像 診断を行う際には子宮についても注意深く観察することが必要であると考えら れた。
  • 下山 克, 中路 重之
    2020 年 71 巻 1 号 p. 98
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/11/13
    ジャーナル フリー
     青森県では、2013 年より青森県健康増進計画「健康あおもり21」を策定し、 10 年後のめざす姿を定めて、健康づくりに取り組んでいる。令和元年には中間 評価を行って指標の見直しを行った。しかし、行政の取り組みの成果を評価す る際に、県民の実情を反映しているとは考え難い指標に基づいた議論がなされ ている場合がある。この主たる原因は、「健康あおもり21」中の指標が県民健 康・栄養調査から抽出されるために、指標によっては標本数が著しく少なくな ることである。青森県総合健診センターでは青森県全域の事業所健診の半数以 上を担っているが、受診が義務づけられている定期検診はバイアスが少なく、 標本数も多いため、より信頼がおける指標となり得ると考えられる。
     「女性の喫煙率」は県民健康・栄養調査の成績では、平成22 年から28 年で 7.9%(33/419 人)から11.5%(54/469 人)に増加、とくに20 歳代では11.4% (4/35 人)から15.8%(6/38 人)と顕著な上昇があるとしている。しかし、 青森県総合健診センターが実施した事業所の定期健診受診者では、全世代で 15.9%(4948/31091 人)から12.8%(4362/34147 人)と有意に低下しており、 20 代では15.2%(811/5351 人)から7.8%(426/5486 人)へ低下が顕著で、 若い世代ほど喫煙率が低下している傾向にあった。
     「20 歳代女性のやせ(BMI 18.5 未満)の割合」については、県民健康・栄養 調査からの成績では平成22 年度は16.0%、28 年度は4.2%に減少したとされ ているものの標本数がわずかに25 人と24 人に過ぎず、報告書内でも指標とし て問題ありとしている。一方、当センターが実施した事業所の定期健診受診者 の成績は、平成22 年が18.8%(988/5257 人)、平成28 年が17.5%(932/5321 人)であり、減少傾向であることが確認できた。
     これらのように、県民健康・栄養調査からでは、「健康あおもり21」で策定し た目標の達成度合いを評価するための、県民の実情を反映する適切な指標を得 ることができない場合がある。プロジェクトの目的に資する指標を得ることが 明らかにできない場合は、県民健康・栄養調査にこだわらずに適切な指標を設 定するべきであり、項目を策定する際により慎重であるべきと考える。
feedback
Top