人と自然
Online ISSN : 2185-4513
Print ISSN : 0918-1725
ISSN-L : 0918-1725
30 巻
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
  • 2019 年 30 巻 p. 1-22
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    Diatom assemblages in the sediments from two outcrops (Sites A and B) in the Nigawa green tract of land, Nishinomiya, were analyzed to clarify changes in sedimentary environments. These sites (120– 130 m a.s.l.) exposing the clay/silt beds are situated below the nearby outcrop (149–153 m a.s.l.) with the sediments identified as the marine clay layer Ma1 of the Osaka Group, indicating the beds possibly correlative to any one of three marine clay layers (Ma-1, Ma0 or Ma0.5). We also performed the diatom analyses of the samples from these marine clay layers of the GS-K3 core at Higashinada, Kobe. Stratigraphic comparison between the two outcrops and three layers based on their species composition suggested that the sediments at Sites A and B can be correlated with the Ma-1 and Ma0, respectively. Thus, we derived the late Early Pleistocene environmental change in the northwestern area of the Osaka sedimentary basin. During the Ma-1 deposition at 1.24 Ma corresponding to Marine Isotope Stage (MIS) 37, this area was lacustrine environments. During the Ma0 deposition (MIS 35, 1.17 Ma), the environment was inner bay conditions, although the marine influence was weaker than the Ma1 deposition (MIS 31, 1.07 Ma).
  • 2019 年 30 巻 p. 23-37
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    We surveyed the brachyuran fauna around the Aioi bay in the Seto Inland Sea, Hyogo Prefecture, Japan. A total of 57 species of 18 families were identified from 10 sites on shingle and sand beaches, tidal flats, and oyster rafts. Color photographs, localities, collected dates and numbers of specimens were described for all identified species. The specimens were deposited at the Museum of Nature and Human Activities, Hyogo. Twenty-three of the 57 species were referred to the Threatened Species in the Red Data Book Hyogo. Nanopilumnus rouxi (Balss, 1935) (Pilumnidae), Clistocoeloma villosum (A. Milne-Edwards, 1869) (Sesarmidae), and Ilyograpsus nodulosus (Sakai, 1983) (Macrophthalmidae) are newly recorded from Hyogo prefecture.
  • 2019 年 30 巻 p. 39-47
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    Bodies of Moso bamboo (Phyllostachys pubescens) from two to three year-old was pulverized into 5 mm or smaller-sized chips that were stored for one month under anaerobic conditions and used as feed mixtures for egg-laying Boris Brown chickins. Smooth fermentation was processed because of a high concentration of lactic acid bacteria in leaves of the Moso bamboo chips with rare butyric and propionic acid. Long-term feeding of bamboo silage to the tested group of egg-laying hens showed that an egg production rate remained higher than that of another reference group given an usual food with no significant difference in egg weight. A higher preference of the bamboo feed was confirmed even during the summer season when an egg production rate declines. There was no discrepancy of eggs between the reference and tested groups in factors like the eggshell strength, and as the results, it is clarified that a 5 % addition of bamboo chips to a hens food can increase the egg productivity maintaining an enough quality as goods.
  • 2019 年 30 巻 p. 49-68
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    The history of man-monkey relationships is considered in terms of habitat destruction and hunting pressure by humans from the early Jomon period to the present. It seems that Japanese monkeys, Macaca fuscata, were not a very conspicuous species in the Jomon period when humans lived by subsistence hunting and gathering without agriculture. Humans have continued to alter their forest environment, changing the habitat most suitable for arboreal monkeys to sparsely foliated bushes and grasslands through burning, cultivation and daily exploitation for fuelwood, etc. Japanese raised no domestic animals for meat, fundamentally depending on wild animals for protein. As the human population increased, the forests were devastated widely and monkey populations became obliged to depend on steep rocky cliffs in the deep mountains for protection. This condition suddenly changed after the Fuel-Revolution, which occurred in 1960 to 1970. The managed forests were abandoned and the natural flora recovered. Wolves, Canis lupus, the predator of monkeys, became extinct in the early 20th Century. Accordingly, the distribution of wild mammals, including monkeys, has rapidly expanded with an increase in population size. As a result crop-raiding has increased drastically as well as their removal. Comprehensive management is needed.
  • 2019 年 30 巻 p. 69-73
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    近年,愛知県北西部でニホンカモシカ(Capricornis crispus)の目撃事例が相次いでいる.本報告では, 過去に愛知県が実施した聞き取り調査で生息が確認されなかった犬山市を中心に,県北西部のカモシカの生 息に関する情報を収集した.その結果,7 市町(名古屋市(守山区)・春日井市・瀬戸市・尾張旭市・東郷町・ 犬山市・小牧市)から17 件の情報が収集された.このうち,東郷町(初記録は2013 年),犬山市(同2014 年), 小牧市(同2017 年)ではこれまでに数回実施された愛知県の調査で生息記録がなく,ごく最近に同市町に 侵入したと考えられる.県内での個体数の増加や,同所的に生息するニホンジカとの競争などによる食物環 境の悪化にともない,親の行動圏から離れた若齢個体が県の北西部に残る二次林に沿って分布を広げたこと が,近年の目撃情報増加の主要因と推測される.これらの地域では,今後カモシカによる農林被害への警戒 が必要であると同時に,保護行政・環境教育上必要な情報を積極的に収集する必要がある.
  • 2019 年 30 巻 p. 75-83
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    兵庫県西宮市越木岩神社には兵庫県の天然記念物に指定されているヒメユズリハ林(二次遷移の途上にあ る照葉樹林)が分布している.本社叢の植物相,種組成の現状と特徴を明らかにするために植物相調査と植 生調査を実施した.植物相調査の結果,ヒメユズリハ林では40 種の照葉樹林構成種が確認された.ヒメユ ズリハ林の樹林面積から期待される照葉自然林の照葉樹林構成種数を推定したところ,ヒメユズリハ林の照 葉樹林構成種数は照葉自然林のそれの77.8 % または81.5 % であると推定された.植物相調査と植生調査 の結果をヒメユズリハ林と照葉自然林の間で比較したところ,ヒメユズリハ林ではシイ類をはじめとする多 くの照葉樹林構成種が欠落する傾向が認められた.ヒメユズリハ林における照葉樹林構成種の欠落には,1) この樹林がアカマツ林に由来していることと2)照葉樹林構成種の供給源である照葉自然林までの距離が非 常に長いことが大きく関係していると考えられた.
  • 2019 年 30 巻 p. 85-89
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    Japanese marten (Martes melampus) is widely distributed in forested areas on the Japanese islands of Honshu, Shikoku, and Kyushu, but not in plains and urban areas. They have been reported to inhabit the Yuzuruha Mountains in the southern part of Awaji Island, Hyogo Prefecture, but there have been no reports of their inhabiting the northern part of the island. We newly show by a camera trap survey that Japanese marten inhabits the northern part of Awaji Island, where its relative abundance index is similar to that in the southern part.
  • 2019 年 30 巻 p. 91-100
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    日本では雌株のみが知られるジャヤナギの種子生産に関わる実験・調査を行った.近縁種であるオオタチ ヤナギの花粉を用いたジャヤナギへの人工交配実験では種子は確認されなかった.自然条件下のジャヤナギ が種子を産出するのかを関東地方で調査したところ,30 個体中17 個体で種子産出が見られ,種子生産能 力のある個体が存在することが明らかとなった.種子の産出実績がある個体の花序に袋を掛け,花粉付着を 防御した場合に種子生産があるのかを調査したところ,種子が産出され発芽を確認した.ジャヤナギは受粉・ 受精をともなわずに種子生成(無融合種子形成,agamospermy)を行う可能性がある.
  • 2019 年 30 巻 p. 101-108
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    世界自然遺産に登録されている小笠原諸島にはイネ科の多年生草本であるチガヤが分布しているが,本諸 島のチガヤは国内外来種であると報告されている.筆者らは小笠原諸島父島の海浜においてチガヤの優占群 落を確認した.2016 年にこの群落を対象とした植生調査を実施したところ,チガヤ群落にはグンバイヒル ガオ群落の優占種であるグンバイヒルガオとハマゴウ群落の優占種であるハマゴウが高い頻度で出現してい た.このことから,調査対象としたチガヤ群落の分布地には,もともとグンバイヒルガオ群落とハマゴウ群 落が分布していたと考えられる.換言すれば,調査地ではこれらの群落がチガヤの侵入を受けてチガヤの優 占群落に変化した可能性が高いと考えられる.
  • 2019 年 30 巻 p. 109-119
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    神戸市および兵庫県レッドリストの掲載種で,全国的にも生息情報が少なく,希少とされる4 種のヘビ 類(タカチホヘビ,シロマダラ,ジムグリ,ヒバカリ)について,神戸市内における写真記録を取りまとめた. 種ごとに4 例~ 37 例,計65 例が神戸市内の4 区より得られた.文献記録等の10 例を併せると,2002 年~ 2019 年に市内の6 区の山地,渓流,里山,農地,水田,市街地などにおいて計75 例の分布記録が得 られたので,これらについて,今後の情報収集,保全の参考とすべく報告する.
  • 2019 年 30 巻 p. 121-125
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    筆者は,元々金属材料を中心とする材料工学を専門と しており,現在は物性物理と物理教育を中心にした実践 と研究に携わっている.このように,職業上は古生物学 との接点がない立場であるが,近年,個人的な関心から 不定期的に古生物を探索している.先の研究紀要の中で 「職業研究者」に対する「市民研究者」という呼称が提 起されているが(三谷,2018),筆者も古生物学に関し ていえば,市民研究者を目指している一市民という位置 付けになるかもしれない.
  • 2019 年 30 巻 p. 127-129
    発行日: 2019年
    公開日: 2021/03/04
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top