北海道立北方民族博物館研究紀要
Online ISSN : 2435-0451
Print ISSN : 0918-3159
22 巻
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 岸上 伸啓
    2013 年 22 巻 p. 1-19
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    本論文は、アラスカ州バローのイヌピアット・コミュニティにおけるホッキョククジラの肉やマックタック(脂肪付き皮部)の分配について記述し、論じる。同コミュニティには規則に基づく分配と自主性に基づく分配の2つのシステムが存在しているが、それらにより鯨肉やマックタックはコミュニティ全体へと流通する。これらの分配システムには複数の社会的機能や効果がある。また、分配は文化的に価値の高い食物をコミュニティ全体に提供する効果的な手段であり、捕鯨とともに分配自体がイヌピアットの目的になっている。そして結論として分配の実践はアラスカ州バローのイヌピアット・コミュニティのウェルビーングに貢献していると主張する。
  • 中田 篤
    2013 年 22 巻 p. 21-37
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    Across circumpolar region many wild reindeer populations are declining coincidently, and global warming is considered one of primary causes of this phenomenon. Various environmental factors induce by global warming may affect reindeer population dynamics. In this paper major factors regulating reindeer population are reviewed, and their influences to reindeer herding are examined. Climatic change influences local reindeer populations directly through absolute/relative forage availability, and indirectly through acceleration of human activities. Absolute forage availability includes biomass and quality of reindeers’ diet. Climatic variables influence vegetation, its nutritive value and phenology, then they affect reindeer physical condition, productivity and calf survival. Relative forage availability is based on absolute forage availability and accessibility to them, and includes snow depth and hardness, insect harassment. In winter much snow and ice layer disturb reindeer from grazing. Meanwhile in summer reindeer run away for a long time to avoid insect harassment and cannot forage sufficiently. Both of them lead shortage of energy needs and excessive energy cost, and may influence reindeer physical condition. Due to global warming accessibility of the Arctic regions for human activities are increasing, and many of them may disturb reindeer forage and spoil their habitat. They includes “line corridors” (roads, railways, oil pipe lines and so on), development projects (forestry, mining and so on) and recreational activities. These limiting factors similarly affect local reindeer herding. However there are some unique characteristics peculiarly in reindeer herding. First, as coat color of domestic reindeer is highly variable, it may accelerate insect harassment. Second, as pastures of domestic reindeer are relatively limited, damage of habitat are severer than wild reindeer. Third, as population traits of domestic reindeer may differ from wild one, sensitivity to environmental change also may be different. Through these factors and their multiple effects, global warming may economically influence reindeer herding.
  • 対応する北方言の語彙を中心に(3)
    山田 祥子, 笹倉 いる美
    2013 年 22 巻 p. 39-58
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    Hokkaido Museum of Northern Peoples stores many items of the artifacts from the southern group of the Uilta. This work is aimed to provide the Uilta vocabulary and the cultural information about these items. This is the third number of the reports of our work, in which we gave an interview to one of the speakers of the Uilta northern dialect. In the interview we showed some photos of the above-mentioned items and asked how to call them in her own dialect. Then, we compared her answers to the lexical descriptions in literature and by another speaker. In this paper, the results of the interview and the related lexical descriptions are reported in the form of a list for reference. Throughout this work, it is expected to observe not only the dialectal differences between north and south, but also some ethnographical idea of the Uilta.
  • 丹菊 逸治
    2013 年 22 巻 p. 59-62
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    The Sakhalin island before modernization was an area where languages including Ainu , Nivkh and Uilta were in contact. At present Russian is mainly used. The Sakhalin island differs from Hokkaido in vegetation. Berries, such as mountain cranberry and black crowberry, can be gathered in large quantities, and have been very important food resource for the Nivkh. In this paper I would like to try a study on the general term of the berries in Nivkh.
  • 「ケートのクマ崇拝にて」
    アレクセーエンコ エフゲーニヤ.A, 荻原 眞子
    2013 年 22 巻 p. 63-82
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    本訳稿の原文はЕ.А.Апесеенко “Купьт медведя у кетов” , Совеская Этнография. No4.1960.pp.90-104. (Кунсткамера . 1995. Слб. pp.59-79) 初出『ソヴィエト民族学』1960年、No.4、pp.90-104、再録「クンストカメラ」1995年、pp.59-79.)である。エヴゲーニャ.A・アレクセーエンコはサンクトペテルプルグのロシア科学アカデミ一人類学・民族学博物館に所属し、その生涯をケート研究に捧げてきた。ケートは西シベリアのエニセイ川中流から下流域に分布する極少数民族であり、ローカルグループはその支流であるポドカーメンナヤートゥングースカ川、クレイカ川、エログイ川などに認められている。著者はケートのクマ祭を「クマ崇拝」という観点から、関連する文献と自身のフィールド調査の資料に基づいて精緻な吟味を試みている。本稿は半世紀以上も前に刊行されてはいるが、ケートのクマ祭に関するもっとも基本的な論文であり、またクマ祭ばかりでなくユーラシアにおける人類文化史の研究にとっても重要な意義をもっている。
  • 「ケートのクマ祭にて」
    アレクセーエンコ エフゲーニヤ.A, 荻原 眞子
    2013 年 22 巻 p. 83-93
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    本訳稿の原文はЕ.А.Апесеенко 《На медвежьем празднике у кетов》(Совеская Этнография. No5.pp.92-97.1985、初出『ソヴィエト民族学』No.5, pp. 92-97、1985年所収)である。著者は1950年代後半に西シベリアのケートのフィールドワークを始め、各地で資料・情報を収集し、以降一貰してケート研究に携わってきた。1971年にエニセイ川中流の支流エログイ川のケートのクマ祭に参加する幸運に恵まれた。本稿ではその際の体験とその後にケートから得られた情報に基づいてクマ祭の全容が詳細に記述されている。それと同時に関連するシベリア諸民族の諸例との比較に基づく多くの興味深い指摘もある。
  • 兼城 糸絵
    2013 年 22 巻 p. 95-102
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    本書はシベリア先住民と彼らをとりまく自然環境の様態を明らかにすることを目的とした、シベリア地域研究の入門害とも言うべき論文集である。本書においてとりあげられているシベリア先住民はシベリアの全人口の4%にも満たないが、その内部は40以上もの民族集団を有するという多様性に富んだ人々である。序において述べられているように、本書はそのような「シベリア先住民の人々が暮らす自然環境について、そしてその厳しい環境に適応してきた人類史について、さらに先住民の言語や伝統文化、ロシア人との関係や、近代インフラがこの極寒の地でいかなる形で営まれているのかを詳らかにしようとする試み」(p.20)である。
  • 北方研究データベース
    笹倉 いる美
    2013 年 22 巻 p. 103-112
    発行日: 2013年
    公開日: 2020/03/31
    研究報告書・技術報告書 フリー
    のるりすと2012 一北方研究データベースーの掲載情報について 2012年1月1日から2012年12月31日までの間に発行された、北方地域に関する単行本、論文、研究報告、翻訳、一般雑誌記事、新聞記事など印刷物になったもの、インターネットに掲載されたものを著編者自身から受けた情報をもとに掲載している。また、これまでの補遺にあたるものも掲載している。 凡例 •著編者名の50音順、発行年月日順に次の項目を掲載している。 •著編者名(ローマ字著編者名)、所属・役職、発行年月日、共著編者名、「論文名」、編集者名、『書名』、巻号数、発行所:発行地、該当頁 •数字は書名に使われる場合も含めてアラビア数字に統一している。 •原則として著編者、共著者の所属は2012年12月現在のものである。 編集にあたりまして、問い合わせに快く回答くださいました研究者のみなさまに心から 感謝申し上げます。
feedback
Top