電氣學會雜誌
Online ISSN : 2187-6797
Print ISSN : 0020-2878
ISSN-L : 0020-2878
43 巻 , 415 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 別宮 貞俊
    1923 年 43 巻 415 号 p. 79-96
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    低周波の經驗によれば大地を歸路とした架空線の自己インダクタンス竝びに互に平行な二線間の相互インダクタンスは、電氣影像の原理から計算したものより遙かに大きいが、これは大地の導電率が無限大でないと考へれば説明が出來る。1914年にK. W. Wagnerは常數を計算するのに電氣影像の原理が用るられるものとして多くの線條が地面に平行に且互に平行に架設してある塲合の理論を展開して、この場合にも單一の線條の塲合の如く光速度に等しい傳播速度を有する進行波が起ると云ふ結論に到達した。
    本論は常數間に何等特殊の關係がない塲合に主として三相送電線について論じたものであつて、三線條が完全に對稱であれば起り得る進行波は二種類になり、常數間に特殊の關係があつた塲合にK. W. Wagnerの結果と一致することを示して居る。勿論本論を導き出した根元ににsemi-empiricalな假定があつて、實驗に依つてこれの正否が定められるものであるがある種の擬似送電線に於てはこの議論は正しく成立する。
    進行波の速度が二種あることから波動イムピーダンスも二種となり、從來の單一導體の塲合と甚だしく異る結果になる。これ等のことはK. W. Wagnerの結果からも得られるが異る速度の進行波が生ずるから波動イムピーダンスの意義がより明確になると信ずる。
  • 渡邊 寧
    1923 年 43 巻 415 号 p. 97-112
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    周波數倍加變換器に就いてのみ論ずる。Vallauri及びJoyの飽和變壓器による周波數變換法の要點ミ、Zenneck或はJonasの整流器による方注の要點とは、何れも磁束が正弦波の半週期だけ半波形的變化をなす塲合に二倍周波數の起電力を誘起する所の性質に據ると考へる事が出來る。筆者はこの報告に於て、Zenneckの方法に於て直流を以て磁氣回路を整流電流に對して反對の方向に勵磁する時、其の周波數變成器としての特性の著しく改良される事を實驗的に示す。以上の方法に於ては何れも磁束變化によるのであるが、此等と異なる方法にて磁束變化によらずして、整流器を用びて直接に高周波の電流をとる事をも併せて述べてある。實驗はすべて50サイクル電源より100サイクル電流を得る事に關する。此の報告は次の項を含む。
    第一、緒論
    第二、整流器に依る周波數變換器の特性に及ぼす反磁直流の影響
    第三、磁束變化に依らざる直接なる周波數變換法
    第四、結論
  • K. KUROKAWA
    1923 年 43 巻 415 号 p. 113-141
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    In the present paper, the writer accentuate the existence of the acoustic surge impedance or its density as defined by the complex ratio of pressure and velocity waves of sound through cloth or similar materials when both intensities are expressed in plane vectors and that of common attenuation constant in complex numbers for each wave.
    A technique to measure these two constants is offered. The method is to measure the motional impedance of a telephone receiver coupled with an acoustic tube while the latter contains a sample of cloth or similar materials to be tested, as a sound screen somewhere in the tube. For a given frepuency, three measuremenents under different conditions of the tube are necessary to determine the two acoustic constants of the sample material when the receiver constants are known.
    To show the usefulness of these constants, from the data thus obtained for a woolen cloth, propagation velocity of sound, reflection and transmission coefficients of pressure and velocity waves are calculated. In addition, a steady acoustic field-pressure and velocity waves as wall as power relations-near a semi-infinite screen and that of finite thickness is also discussed with numerical values for the woolen cloth.
  • 抜山 平一, 庄司 養二
    1923 年 43 巻 415 号 p. 142-146
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    著者等が前に發表した混合Tπ型凝似送電線(電氣學會雑誌大正十一年六月)をhomogeneous lineとして取り扱ふ理論に就て記してあろ。
feedback
Top