電氣學會雜誌
Online ISSN : 2187-6797
Print ISSN : 0020-2878
ISSN-L : 0020-2878
43 巻 , 416 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 青柳 榮司
    1923 年 43 巻 416 号 p. 173-176
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
  • 古丸 藤太
    1923 年 43 巻 416 号 p. 195-226
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    Ljungstrom Turbo-generater にては、電氣的機械的に均齋なる二箇發電機の回轉子が、反對方向に廻轉するタービン回轉子に直結されて、電氣的に均齊なる固定子内側を、反對方向に回轉す。回轉子の勵磁回路は直列に、固定子回路に並列に連絡され、勵磁機は一方側にのみ直結され、一箇の勵磁抵抗器によりて勵磁電流を調整ぜらる。
    勵磁電流が一定の極限以下にある時は、兩側の回轉力及び回轉體の質量の差異の爲めに、兩側回轉子の最終平衡速度に差異を生ず。1000~3000KWの二極のものに就て見ろに、600r.p.m.乃至800r.p.m.の速度の差異を生ず。然れども勵磁電流な増して一定の極限を超過すれば、兩側發電機は其の儘同期速度に入る。普通構造のturbo generatcrにありては、600~800/3600×2×100=8-12%の如き大なる速度の差異ある時には、其儘にては同期速度に入る事に殆ど不可能なり。
    一般に電氣的に並列に連結されたる、周波数異る二箇の發電機間には、energyに一定の方向に運轉されずして、周期的に方向を變換するものなり。高速度側より低速度側にenergyを供給する間は、二箇發電機の速度は互に近づかんとし、低速度側より高速度側にenergyを供給する間は速度は益々遠ざからんとし、此の關係が交代に働く故に、速度が近きたると同じ程度に、次の半周期間には速度遠ざかりて、永久に同期速度に合調する期無し。然るにLjungstrom Turbo genern-terの回轉子に見る如き、楔に依りて溝成さるゝ電氣回路の作用を考ふる時は、高速度側より低速度側に一定方向のenergyの運輸な生する關係を生す。而して此のenergyは速度の差に殆ど比例して、兩側速度の差が滅少すれば此のenergyも減少すれども、速度の差異微少なる時に有利に作く發電子反作用と相俟ちて、益々速度差異を減じて、同期發電機の所謂限界速度以内に達すれば、兩側發電機は急激に同期速度に入るべし。以下當所製作の實例に就きて、同期發電機の限界速度差異と、楔回路に依りて生するenergy從つて回轉力に依りて生ずる最終速度差異とに就きて次の如く各項に分ちて論ぜんとす。
    第一章 緒言
    第二章 Power Oscillation between Synchronous machines of different Fregiencics, specially referenced to Ljungstrom Turbo-generator set.
    第三章 Power Communication between Induction. Synchronous machines under different Frequencies specially referenced to Ljungstrom Turbo-generator set.
    第四章 Ljungstrom Turbo generator characteristics, based on no. of revolution.
    a. Exciter characteristics.
    b. Generator characteristics.
    第五章 Exciting characteristics of Ljungstrom Turbo-generator set.
    第六章 Summary of Numerical Calculation and List of Symbols.
  • 長谷川 敏雄
    1923 年 43 巻 416 号 p. 227-230
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    籠型回轉子を有する三相誘導電動機の起動力な増大し、又は起動電流を輕減する事は以前より種々の考察な運らされたる所にして、本文に於ては是れ等種々の考案を整理統一して是れに短評を施し、其の利害用途を述べ、特に複籠型回轉子の特性を理論的に詳説し其の試驗成績を示し、特性を分解して其の用途に對する世人の注意を喚起し、最後に一般に籠型回轉子の起動力増大に對する將來の改善方向を指示したり。
    尚ほエンドリングの材料と其の特性に就きても其の理論と試驗結果に言及したり。
  • 小川 信一
    1923 年 43 巻 416 号 p. 240-253
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    電動機用起動器の設計に於て、抵抗値の決定及び其分割法に對しては、従來、便利なる算式又は圖法が行はれて居るが、時間値の決定及び其分割法に對しては、未だ、夫等かない樣である。本章は起動器及び起動用變壓器の設計に用ふる時間要素決定に關する簡單なる圖法を發表せしものであろ。
  • 別宮 貞俊, 丹野 治
    1923 年 43 巻 416 号 p. 254-261
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
  • 丹羽 保次郎
    1923 年 43 巻 416 号 p. 262-265
    発行日: 1923年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    In the paper "Some Researches on Impulse Voltage" (this Journal, April, 1922) Bekku and Tanno have shown that the sphere gap sometimes discharges and sometimes fails to discharge even with the same condition of impulse circuits. The authors called phis phenomena "the ambiguity of the spark discharge." These experiments were conducted with the sphere gaps of diameters 1.0cm., 3.8cm and 6.25cm. and also with the needle gap. The gap length was 1 to 3mm. The conclusions arrived at were that the ambiguity is most remarkable for 3.8cm. sphere gaps and less for those with 1.0cm, nor 6.25cm, diameters. Also the ambiguity can't be recognized for needle gaps. The creaning of the surface of the sphere electrodes decreases the ambiguity.
    The present author suggests that the phenomena may be explained by the casual ions in the air. Assuming the number of the casual ions to be 1500 per cubic cm the mean distance between ions is 0.8mm which is in the same order of the gap length used in the experiments and the intensity of the field at which the casual ion exists varies in considerable degree owing to its position and it is more so if the surface of electrodes is not clean. Thus one cause of the ambiguity is the position of the casual ions.
    Another cause is the sweeping effect of the casual ions by the electrode potential. If the casual ion is attracted to the electrode before it has obtained the kinetic energy enough to ionize the neutral molecules, there will not occur any discharge. This sweeping effect is much dependent on the position and the polarity of the casual ion relative to the electrodes.
    The non-existence of the ambiguity in the needle gap may be explained by fore-running corona formation in that type.
    It is also suggested that the ambiguity will be less and finally vanish as the gap legnth or the density of the casual ions increase.
feedback
Top