電氣學會雜誌
Online ISSN : 2187-6797
Print ISSN : 0020-2878
ISSN-L : 0020-2878
44 巻 , 427 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 澁澤 元治
    1924 年 44 巻 427 号 p. 71-76
    発行日: 1924年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
  • 石川 芳次郎
    1924 年 44 巻 427 号 p. 97-118
    発行日: 1924年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    工業用家庭用として電熱の將來は極めて有望にして其普及發達の急戟ならんとするは戰後の一現象なることを説き、一般家庭に於て最も高價なる燃料たる薪炭を而も煙突を用ひずして使用する習慣を有する吾國に於て急速に普及すべきものなりと斷じ而して之れが普及發達は發電所の負荷率を惡化するものにあらざることを實續と豫想とによりて作製したる負荷曲線を以て説明し、更に良好なる負荷状態を現出する爲めには電氣料金を如何に定むべき乎に付歐米の例を擧げて結論し最後に負荷率を善化するに適する電熱器及發熱要素の壽命に就て其實驗の結果を報告せり。
  • 瀬高 武雄
    1924 年 44 巻 427 号 p. 119-150
    発行日: 1924年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    京濱電力株式會社は大正十二年二月梓川の發電工事を完了して、其電力を日本アルプス山麓龍島(筑摩鐵道終點から、横浜に近き戸塚へ154KVの送電電壓を以て輸送して居る。
    本文は先發電所、送電線及變電所の設備を畧述し、次で154KV送電線路試驗の状况及其結果を出來るだけ詳細に記述した。
  • 道田 貞治
    1924 年 44 巻 427 号 p. 151-164
    発行日: 1924年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    異なれる「イムピーダンス」を有せる回路の接續點に生ずる通話損失をtransition loss, argument loss及transformer lossに區別して、其の計算式をあげ、且つ此れを最小ならしむるためには、両回路の接續點に挿入すべき變成器の一次及二次捲線の「イムピーダンス」をして、両方面の回路のそれと夫々共軛(Conjugate)ならしむるを要することを説明し、此の理に基きて與へられたる任意の回線網を通じて通話する場合の損失を最小ならしむべき理想的回路として回線網の両端に與ふべき終端「イムピーダンス」の計算方法、並に與へられたる二つの異なれる「イピーダンス」の接續點に挿入して最小損失を與ふべき理想的回路の設計法を述べたるものなり。
  • K. KUROKAWA
    1924 年 44 巻 427 号 p. 165-181
    発行日: 1924年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    An electro-dynamic loud speaker tested is described in details. The impedance characteristics of the active coil are found to be just the same as for ordinary telephone receivers. Damped or stationary and motional vector impedance graphs are respectively a straight line and a circle when the frequency is varied But the diameter of motional impedance circle coinsides with the resistance axis, which or ordinary receivers is usually depressed downwards from it. The diameters are 74.0, 194.0 and 290.0 ohms, respectively for the d. c. excitation of 0.5, 1.0 and 1.5 ampere and without the trumpet. The resonance, first and second quadrantal frequencies are respectively about 620 _??_, 616.5 _??_ and 624 _??_ for 1 ampere excitation. Variations of these frequencies for different excitation are very small. And the force factor for 1 ampere excitation is 9.64×106 dynes per absampere.
    When, however, the trumpet is on, the motional impedance graph is reduce to about 1/16 of the size when it is off, which means little distortion of the diaphram motion for the reproduction of speech although the system without the trumpet has a marked resonance point; and the graph is accompanied by a number of small loops, because the trumpet is a multi-resonance system.
    Advantages of this instrument for acoustic impedance and similar measurements are explained. The action of such a vibrating system as inductance or capacitance is also pointed out.
  • 望月 重雄
    1924 年 44 巻 427 号 p. 182-196
    発行日: 1924年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
    Electrodynamical Methodにより電氣機械の空隙磁束分布に關する實驗的研究を次のやうな二つの場合に就いて行うて居る。
    (1) 空隙の片側にのみ溝を有する塲合
    (a) 齒の部分の鉄のパーミアビリテーが無限大の時
    (b) 齒の部分の鉄のパーミアビリテーが常數なる時
    (2) 空隙の両側に溝を有する塲合
    但し齒の部分の鉄のパーミアビリテーが無限に大きい時
    次ぎに此等の實驗の範圍内で空隙磁束密度更正係數の實驗式を立て、最後に今日迄多くのauthorにより考へられたる關係式との比較研究をなしてその精確の程度を確めて居る。
  • 渡邊 寧
    1924 年 44 巻 427 号 p. 197-198
    発行日: 1924年
    公開日: 2008/11/20
    ジャーナル フリー
feedback
Top