国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
24 巻 , 1 号
選択された号の論文の91件中1~50を表示しています
Message on Errata
表紙
編集委員会・著作権
目次
Annnouncement
巻頭言
ISLIS
第8回学会賞報告
Journal of ISLIS vlo.23, No.2正誤訂正
原著論文
  • Hsien-Cheng LIAO, Pei-Chen LO
    原稿種別: 本文
    2006 年 24 巻 1 号 p. 19-28
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2019/05/04
    ジャーナル フリー
    This paper reports a computerized scheme Subband-AR EEG Viewer that provides a comprehensive view of the meditation EEG record. The scheme is mainly designed to trace the varying spectral characteristics in meditation EEG. To accomplish this task, a meditation EEG signal is first decomposed into subband components by tree-structured filter banks. The second-order autoregressive model is then applied to each subband component to estimate its root frequency. Based on the estimated root frequencies and sound logic, specific criterion can be deduced for a particular problem-domain application. To demonstrate the performance of the proposed scheme, two algorithms are introduced for slow α-rhythm detection and meditation EEG interpretation. These algorithms do not require exhausting work at determining appropriate parameters in implementation. Further, due to the second-order autoregressive model adopted, the computation load is greatly reduced. This approach is practically favorable to long-term EEG monitoring and real-time processing, Finally, the meditation scenario can be illustrated by a running gray-scale chart with each gray tone coding a particular EEG rhythmic pattern. Observed meditation scenarios differ significantly from those of the control subjects.
  • 青木 孝志, 足達 義則, 北出 利勝
    原稿種別: 本文
    2006 年 24 巻 1 号 p. 29-40
    発行日: 2006/03/01
    公開日: 2019/05/04
    ジャーナル フリー
    本研究は、良導絡の皮膚電気活動に関係する重み付加電流値の平均値I_aとそのインバランス度との間の関係の導出、および、この関係がh_aとf_aの相互関係によりどう変わるかを導き出すことを目的として行った。ここで、h_aおよびf_aは、それぞれH系およびF系良導絡の重み付加電流値の平均である。その結果、インバランス度はI_aが大きくなるにつれて漸減する傾向があることと、h_a>f_aのときの方が、h_a≦f_aのときよりも、インバランス度が大きく現れる生理的特徴があることが分かった。また、各人の生理的状態として、24良導絡に関する自律神経興奮のインバランス度、h_aおよびf_aの関係、交感神経緊張型、交感神経抑制型、中間型に関する状態を2次元上で識別可能なひとつの2次元パターン空間法を提案した。
第21回生命情報科学シンポジウム
feedback
Top