映像情報メディア学会誌
Online ISSN : 1881-6908
Print ISSN : 1342-6907
ISSN-L : 1342-6907
70 巻 , 10 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
論文特集 ディスプレイ- IDW ’15 を中心に-
巻頭言
特集論文
  • 磯野 春雄, 小野口 和樹
    2016 年 70 巻 10 号 p. J221-J226
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/09/25
    ジャーナル フリー
    電子書籍の読書方法には読取りと聴き取りの二つの方法がある.しかし,これらの読書方法の違いが脳の活性化や内容理解度に及ぼす影響については明らかにされていない.本論文では,同一内容の電子書籍を読取りした場合と朗読音声やコンピュータ合成音声で聴き取りをした場合の大脳前頭前野における脳血流を測定した.その結果,電子書籍の読取りをした場合の方が聴き取りをした場合よりも大脳前頭前野の活性度が高いことがわかった.特に,朗読音声の聴き取りをした場合には,読取りをした場合に比べて大脳前頭前野の活性度が顕著に低下した.また,読書終了後に実験参加者を対象に内容理解度テストを実施した結果,読取りの方が聴き取りよりも理解度の平均値が高かった.しかしながら,両者の間に統計的有意差は認められなかった.
特集研究速報
論文
  • 川本 潤一郎, 中戸川 剛, 倉掛 卓也
    2016 年 70 巻 10 号 p. J231-J237
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/09/25
    ジャーナル フリー
    ハイビジョンの中継番組制作では,光ファイバ専用線を介した非圧縮インタフェース信号の長距離伝送が行われている.そこで,将来的に非圧縮8Kスーパーハイビジョン(Super Hi-Vision: SHV)映像のインタフェース信号(Ultrahigh-definition Signal/Data Interface: U-SDI)も同様に長距離伝送できることが望ましい.大容量信号の光ファイバ伝送では,波長分散に起因するデータ誤りの発生によって伝送距離が制限される.分散補償ファイバ(Dispersion Compensation Fiber: DCF)や,前方誤り訂正(Forward Error Correction: FEC)は,大容量信号の長距離伝送におけるデータ誤りを低減する技術として有効である.そこで,本稿では,U-SDI信号にFECを付加し,DCFと併用して伝送する開発装置の詳細について述べる.さらに,開発装置を用いた173 kmの長距離フィールド伝送実験を行った結果,非圧縮SHV映像の安定伝送に成功したので報告する.
フィールド論文
  • 望月 貴裕, 河合 吉彦, 佐野 雅規, 住吉 英樹
    2016 年 70 巻 10 号 p. J238-J248
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/09/25
    ジャーナル フリー
    われわれは,放送アーカイブスの有効利用を目的とし,手動付与されたテキスト情報に頼らない手法として,画像解析による検索技術の研究を進めてきた.そして,2015年1月から約4ヵ月間,関連部署との連携により,番組制作者が実際に使用するアーカイブス情報システムにおいて,画像解析を用いた新しい検索システムの検証実験を行った.さらに,ユーザからの評価および操作ログの解析により,今後の実用化に向けて有用なデータを得た.本稿では,導入した技術の紹介,システムや機能の概要に加え,実際のユーザによる評価と操作ログの解析結果,および主な検索機能の精度について述べる.
研究速報
  • 平岡 透, 熊野 稔, 浦浜 喜一
    2016 年 70 巻 10 号 p. J249-J254
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/09/25
    ジャーナル フリー
    赤,緑,青の波が重なって互いに強め合ったり弱め合ったりすることで現れる干渉模様で表現される干渉模様風画像をカラー写真画像から生成するノンフォトリアリスティックレンダリングの方法を提案する.提案法は,バイラテラルフィルタとバイラテラル包絡フィルタ,アンシャープマスクを用いた反復処理によって干渉模様風画像を生成する.提案法の有効性を検証するために,レナのカラー画像を用いた実験を行い,提案法のパラメータの値を変えることによって生成される干渉模様風画像において干渉模様の発生の仕方と原画像との差異を視覚的に調べる.また,レナのカラー画像以外のさまざまなカラー写真画像にも提案法を適用して,干渉模様の発生の有無を視覚的に確認する.さらに,HPやSNSなどで顔写真を載せる際に恥ずかしいという心理的な理由や個人情報保護の観点から顔の外観を残しつつ顔写真から個人を特定しにくくする場合を考えて,筆者らの顔写真にも提案法を適用する.
feedback
Top