映像情報メディア学会誌
Online ISSN : 1881-6908
Print ISSN : 1342-6907
ISSN-L : 1342-6907
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
論文特集 選奨(技術振興賞/映像情報メディア未来賞)受賞者論文
招待フィールド論文
技術振興賞 コンテンツ技術賞受賞
  • 小野 真介, 加藤 喬, 古山 純子, 田靡 雅基
    2019 年 73 巻 3 号 p. 579-586
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/26
    ジャーナル フリー

    水泳中継においてカメラ映像から選手をリアルタイムトラッキング(追跡)し,その位置や速度を計算・表示する“スイマートラッキングシステム”をパナソニックと共同開発,実現した.プールでのトラッキングは,水面や水しぶきとの切り分け,泳ぎ方の違いなどさまざまな課題があったが,本開発ではそれらを解決し安定したデータ検出を実現した.水泳競技は映っている選手が誰かを判別しづらいが,検出された選手位置データを用いて,泳いでいる選手へのマーカ表示であったり,コースごとの選手のスピード表示であったりなど新しい演出の実現に至った.例えば先頭の泳者と二番手の泳者のスピードを比較することで,「ゴールまでには追いつきそうだ」,「全然追いつかない」といった新たな目線で競技を楽しむことができ,次世代の水泳中継を実現した.

招待論文
映像情報メディア未来賞 次世代テレビ技術賞受賞
  • 徳間 崇志, 原 哲, 花田 彰, 瀧澤 和史
    2019 年 73 巻 3 号 p. 587-594
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/26
    ジャーナル フリー

    2013年10月から4K8K試験放送システム開発に着手し,ARIB標準規格や運用規定の策定に貢献し,2016年8月1日に世界発の4K8K試験放送を無事にスタートさせた.その後も2016年12月1日A-PABの4K8K試験放送開始,2018年12月1日開始予定の4K8K本放送に向けたテストストリーム作成に貢献した.2018年7月23日の4K8K試験放送終了後は4K8K本放送実現のために設備を増設改修し,2018年12月1日に本放送を開始した.本稿ではこれらの開発の概要を解説する.

動画付き論文
  • 久能 若葉, 杉本 麻樹, 杉浦 裕太
    2019 年 73 巻 3 号 p. 595-601
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/26
    ジャーナル フリー

    本研究では,ウェアラブルデバイスを用いて手の甲の皮膚変形を計測して手指の姿勢を推定する手法を提案する.本研究で開発したウェアラブルデバイスは反射型光センサによって手の甲の皮膚を計測する.本手法は手の甲の皮膚変形から手指の姿勢を推定するため手指の位置を直接計測せず,手指の可動域を制限することなく姿勢情報を得られる.本手法はバーチャル空間におけるインタラクション手法などに使用できる.提案手法の姿勢推定精度を評価するためにユーザ実験を行った.

feedback
Top