岩手医科大学歯学雑誌
検索
OR
閲覧
検索
37 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
症例
  • 飯島 伸, 角田 耕一, 松本 直子, 石橋 修, 星 秀樹, 杉山 芳樹
    原稿種別: 本文
    37 巻 (2012) 3 号 p. 121-126
    公開日: 2017/03/06
    ジャーナル フリー
    Robin sequenceは, 小顎症が症状の主体とされている. 小顎症が引き金となって, その結果舌根沈下を生じ, 呼吸障害, 栄養摂取障害など一連の症状が惹起されると考えられている. われわれは, 重度の呼吸障害をもった患者に生後15週時に舌固定術 (Tongue-lip adhesion) を施行した. 結果は良好で呼吸障害は改善された. 今回, 本症例の約10年にわたる経過を報告する. 全身的には内分泌異常はないものの, 低身長, 低体重である. 精神発達の遅延は無い. 口腔内所見は下顎の劣成長を認める. そして, 舌固定術の影響かは断定できないが, 下顎前歯部を中心に永久歯の萌出困難や埋伏が認められ,全身麻酔下に抜歯した. 今後も矯正歯科や小児科とチームアプローチを行って治療を進めることが重要と考えられた.
    抄録全体を表示
岩手医科大学歯学会第38回総会抄録
特別講演
一般講演
第37巻 総目次
著者名索引
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top