支援対話研究
Online ISSN : 2432-6577
Print ISSN : 2188-2177
ISSN-L : 2188-2177
1 巻
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • Tadashi HORI
    2013 年 1 巻 p. 3-4
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
  • 堀 正
    2013 年 1 巻 p. 5-6
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
  • 西垣 悦代
    2013 年 1 巻 p. 7-22
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
    This article examines the origin, history, development, definition, and issues of health coaching in Japan and in western countries, and discusses the potential to develop evidence-based health coaching in Japan. As there is no suitable Japanese translation for ‘coach’ and ‘coaching’, these terms have been adopted using similar Japanese pronunciation ‘koochi’ and ‘koochingu’. The etymology of the English word ‘coach’ is mentioned in many Japanese books and articles regarding coaching: it is derived from a Hungarian word kocsi, originally meaning a vehicle driven by horses, and later, private tutor. Some describe the English meaning of the word as escorting an important person to the place where he/she wishes to go, but this definition is not correct. It was not until the 1980s when psychological theories entered the practice of sport coaching in Japan. Griffith, who is called the father of sport psychology, was the first to apply psychological theories to sport training in the 1920s. However, these theories were not widely acknowledged until the 1960s. Given that Griffith’s book was not translated into Japanese, sports and psychology did not interface with each other until Takeda, K., a clinical psychologist trained in the United States who was also a well-known college football manager, first wrote a book entitled “Psychology of Coaching” in 1982 in Japanese. Unfortunately, his ideas were not widespread in the field of sport management in Japan. The Human Potential Movement (HPM) in the United States, which initiated various self-awareness training programs, also had an influence on Japan. There were many self-awareness training companies in Japan in the 1970s and 1980s. The first Japanese coaching company was established in 1997 and licensed by the Coach University (Coach U) founded by Leonard, T.. The founder of this company, Ito, M., also ran a self-awareness training company since 1980. In 1990, Ghosn, C., the CEO of Nissan, an automobile company, successfully incorporated a coaching program into managerial training in his company. This attempt shed light on the potential of applying coaching to the business field in Japan. Bachkirova, T. pointed out that the definition and objectives of coaching are not clear enough to distinguish it from mentoring and counseling. Many coaching companies in Japan adapted the definition of professional coaching according to the International Coach Federation (ICF), which states that professional coaching is a partnership between a coach and client that focuses on setting goals, creating outcomes and managing personal change. However, the majority of Japanese coaching books targeting non-professional readers define coaching as simply a collection of communication skills. Health coaching is very popular among Japanese health professionals, in particular, among nurses. There are currently about 40 health-related coaching books written in Japanese, as well as almost 600 academic articles about coaching in the health and medical fields. However, there are no theory-oriented books, and only 8 academic articles relate to clinical trials with control groups. Psychologists are now contributing to make coaching more theory-oriented and evidence-based. Some countries have academic societies for coaching psychology, and conferences are held internationally. However, the commitment to this emerging field among Japanese psychologists is still very limited. In the future, cooperation between Japanese psychologists and coaching psychologists in western countries should be encouraged to accelerate the spread of more evidence-based coaching in Japan.
  • ~『人の力を引き出すコーチング術』からの、原型生成の試み~
    原口 佳典
    2013 年 1 巻 p. 23-36
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
    コーチングの歴史をどのように語るか?というのは難しい問題である。ここではまず、『人の力を引き出すコーチング術』の「コーチング」史観を分析し、その後、『コーチングのすべて』の「コーチング」史観と、 国際コーチ連盟(ICF)の「コーチング」史観を見ていく。そして日本の「コーチング」の歴史の欠落部分を確認した後に、「コーチング」の歴史を再構成する。その中で、①概念やトレーニング方法としての「コーチング」②組織内の人の関係性としての「コーチング」③マネージャーのスキルとしての「コーチング」 ④プロフェッショナル・サービスとしての「コーチング」⑤研修でスキルとして伝えられる「コーチング」 ⑥自己啓発セミナーとしてのコーチング⑦プロフェッショナル養成としての「コーチング」という7つの要素があり、これらがどのように「コーチングの歴史」の中で位置づけられるのかを構造的に解析していく。
  • 「学習する組織」との違いに焦点を当てて
    石川 秀樹
    2013 年 1 巻 p. 37-48
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
    本稿の目的は「学びの共同体」の概念を、特に「学習する組織」との比較において明らかにすることである。「学びの共同体」は知的社会における自律的学校経営システムとしてアングロ・サクソン諸国の研究者に注目されている。しかしながら、その概念については、学者によって意味が異なり、類似概念である「学習する組織」と同じように用いられることもある。そこで、本稿では、Sergiovanniが提唱する「比喩としての共同体」と「比喩としての組織」の概念を用いて、8つの研究(内3つは「学習する組織」、5つは「学びの共同体」)における「学びの共同体」と「学習する組織」の意味を分析し、比較できることを示す。まず、「学びの共同体」に関する5つの研究と「学習する組織」に関する3つの研究において、これらの概念の目的および特徴を、Sergiovanniの10の基準およびMitchell and Sackneyの提示する3つの基準に基づいて分析する。次に、Sergiovanniが提唱する「比喩としての共同体」と「比喩としての組織」を対極とする線分上に位置づけることによって、各研究における「学びの共同体」と「学習する組織」の意味を注意深く分析でき、かつ、比較可能となる。 そして、「比喩としての共同体」として「学びの共同体」を位置づけることは、民間経営から借用した経営システムとは異なる学校独自の経営システム構築の可能性につながることを指摘する。
  • 菅原 秀幸
    2013 年 1 巻 p. 49-57
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
  • 重田 孝夫
    2013 年 1 巻 p. 58-68
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
  • 秋田 稲美
    2013 年 1 巻 p. 69-74
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
  • プロコーチが継続的に学び、世界的に繋がるインフラ作りへの取り組み
    林 健太郎
    2013 年 1 巻 p. 75-80
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
    国際コーチ連盟(International Coach Federation 以下、ICF)という団体が存在するのを皆さまはご存知でしょうか。私が日々お目にかかるクライアント様やプロコーチからよくお聞きする声として、名前は聞いたことがあるがその活動内容については詳しく知らない、というものがあります。この記事では国際コーチ連盟日本支部(以下ICFジャパンと呼びます)の代表として、またICFジャパン創立当初から関わる関係者として、設立経緯、これまでの活動、これからのビジョンについてお伝えします。
  • 不妊治療体験者が感じる不妊治療施設に従事する医療者との コミュニケーションに関するアンケート調査を行って
    松本 亜樹子
    2013 年 1 巻 p. 81-91
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
  • 大森 隆
    2013 年 1 巻 p. 92-97
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/01/24
    ジャーナル オープンアクセス
feedback
Top