アート・ドキュメンテーション研究
Online ISSN : 2433-2860
Print ISSN : 0917-9739
ISSN-L : 0917-9739
最新号
選択された号の論文の17件中1~17を表示しています
鼎談
研究ノート
研究展望
  • ──ドキュメンテーション国際委員会(CIDOC)年次会議を中心に
    古賀 崇
    2020 年 27.28 巻 p. 49-61
    発行日: 2020/05/31
    公開日: 2021/06/23
    ジャーナル フリー

     第25回国際博物館会議(ICOM)大会は、2019年9月に京都にて開催された。本稿は、同大会と併催された、ICOMドキュメンテーション国際委員会(CIDOC)年次会議で筆者が行った開会基調講演など、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)とかかわりが深いCIDOCの年次会議の模様を中心に、参加報告として記述する。大会内や関連企画で開かれた「アジア美術・日本美術」に関する会合や、そこで紹介されたプロジェクト、また本大会から垣間見えた課題や、ICOMによる大会運営についての、国際図書館連盟(IFLA)・国際アーカイブズ評議会(ICA)それぞれの大会運営と比較しての批評なども、本稿に含まれる。

研究ノート
活動紹介
研究ノート
  • ──「志度寺縁起」を中心に
    毛塚 万里
    2020 年 27.28 巻 p. 86-98
    発行日: 2020/05/31
    公開日: 2021/06/23
    ジャーナル フリー

     公私の博物館・美術館ではない、宗教法人・企業や団体等の組織や個人の文化財所有者の元に蓄積される文化財情報の望ましい管理方法や安全安心な情報公開、後任者への確実な情報継承について検討した。文化財情報やドキュメンテーション活動の専門人材の配置が容易に実現しない状況が今後も継続することを前提とし、ドキュメンテーション活動や記録情報管理については初心者・アマチュア相当である文化財所有者にとっての望ましい環境整備をはじめ、所有者固有の役割、文化庁や関係部局、学術団体が取り組むべき課題と支援案を提示した。

feedback
Top