選挙研究
Online ISSN : 1884-0353
Print ISSN : 0912-3512
ISSN-L : 0912-3512
27 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
  • 今井 亮佑, 日野 愛郎
    2012 年 27 巻 2 号 p. 5-19
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    本稿は,日本の参院選の選挙サイクルが総選挙のそれと異なる点に着目し,「二次的選挙」(second-order election)モデルの視点から,参院選における投票行動について検討するものである。欧州の選挙研究は,欧州議会選挙や地方選挙等のいわゆる「二次的選挙」において,その時々の政権の業績が問われ,与党が敗れる傾向があることを示してきた。本稿では,2009年総選挙,2010年参院選前後に行った世論調査(Waseda-CASI & PAPI 2009,Waseda-CASI 2010)をもとに,政権の業績に対する評価が投票行動に及ぼす影響を探った。その結果,業績評価の影響は,「一次的選挙」(総選挙)と「二次的選挙」(参院選)の重要性に関する有権者の主観的評価によって異なることが明らかになった。
  • 境家 史郎
    2012 年 27 巻 2 号 p. 20-31
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では政治家調査データを分析し,2010年参院選時におけるエリートレベルの政策的対立軸を示す。探索的因子分析の結果,「安保・社会政策における保守―リベラル度」「五五年型政治経済体制に対する賛否」「新自由主義的経済に対する賛否」「民主党目玉政策に対する賛否」と解釈しうる,4次元の統計的に有意味な軸が抽出される。これらの争点軸は,五五年体制期以来の旧来的政治対立構造に加え,90年代以降の経済財政危機,2009年の政権交代の実現等により累積的に形成されてきたものと考えられる。本研究では以上の結果から先行分析に対する再検討を行う。また,4次元軸上における主要政党の政策位置や散らばりの程度を示し,昨今の政党間・政党内競争のあり方に関する含意を得る。
  • 2010年参議院選挙の民主党を事例に
    鶴谷 将彦
    2012 年 27 巻 2 号 p. 32-44
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    本稿では2010年参議院選挙における民主党の候補者選定過程の分析により,政党執行部の地方組織に対する影響力の強さについて検討する。政治的資源や公認権限が執行部に集中していることを背景に,執行部の影響力は強くなったと一般的には言われている。2010年参院選における小沢の「複数擁立戦略」と,その方針に基づき行われた民主党の公認活動は「強い小沢,強い政党執行部」とのイメージをさらに抱かせるに至った。しかし,協議の過程で,県連など地方組織は自らの意向を反映させようと努力し,結果として執行部が妥協する場合もあるなど,執行部の影響力が強いと一概にいうことはできない。本稿では,執行部が自らの影響力を行使した京都府選挙区の事例分析から,執行部の影響力は必ずしも強いとはいえないものであること,さらに執行部の影響力が行使される中でも地方組織は自律的だったという2点を明らかにする。
  • 参議院の影響力は予算にも及ぶのか
    竹中 治堅
    2012 年 27 巻 2 号 p. 45-59
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    本稿は参議院選挙後の第176回国会が2010年10月に召集されてから2011年8月に第177回国会で特例公債法案が成立するまでの政治過程において参議院が果たした役割を分析する。より具体的には,2010年度補正予算案,2011年度予算案,2011年度第一次補正予算案,子ども手当法案,特例公債法案,復興基本法案などの重要政策に焦点をあてながら菅直人内閣の政策過程に参議院が及ぼした影響を検証する。本稿は分析の結果,参議院は菅内閣に一部の政策を実現することを困難にさせたほか,内容を大幅に見直すことを余儀なくさせたことを明らかにする。そればかりか,参議院は子ども手当法案など予算関連法案に対する権限を通じて,予算の構成にまで影響力を及ぼし,内閣に予算の内容を見直させたことを示す。
  • The Case of Taiwan
    Chi HUANG, Ching-hsin YU
    2012 年 27 巻 2 号 p. 60-76
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    On 6 June 2005, the National Assembly in Taiwan ratified the constitutional amendment to cut the number of legislative seats from 225 to 113, to extend legislators' terms of office from three years to four, and most importantly, to adopt a new mixed-member majoritarian (MMM) electoral system to replace the single non-transferable vote (SNTV) system for legislative elections. The election of the 7th Legislative Yuan on 12 January 2008, was the first instance of this new mixed electoral system being practiced in Taiwan. Several scholars and political pundits have examined the impacts of adopting the mixed-member majoritarian system. However, almost all assume voters were fully aware of the new two-ballot electoral system and made their choices accordingly. The purpose of this paper is to question this assumption by exploring the vicissitude of voters' knowledge of the new electoral rules and their determinants. This paper argues that most voters are ignorant of, and oblivious to, the changes in the electoral system. That is, voters' awareness of the electoral system is a function of legislative electoral cycle as well as the efforts of political parties and candidates' campaigns to maneuver the electorate and take advantage of the new rule. If this notion is correct, the cycle of voters' knowledge can be expected to move in tandem with the electoral cycle. That is, voters become more and more aware of the new electoral rules before the legislative election and then tend to forget about it during the mid-term period. The awareness picks up again a few months before the next legislative election is scheduled. We test this political cycle hypothesis by comparing the results from the five waves of pre-election rolling surveys during the late 2007 and two waves of post-election surveys conducted in early 2010 and early 2011. We find that voters' knowledge of the new electoral system, including term of office, district magnitude, ballot structure and PR (Proportional Representation) threshold, indeed rose gradually during the campaigning period before the 2008 legislative election. Then, with the exception of the office term, voters' knowledge of all the other three elements of the new electoral rules declined substantially after election.
  • An Analysis of the 2009 County Magistrate Election
    Eric Chen-hua YU
    2012 年 27 巻 2 号 p. 77-92
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    This paper regards Taiwan's 2009 local (i.e., county magistrate) election as a kind of midterm election and explains why the ruling party Kuomintang (KMT) got defeated by the opposition Democratic Progressive Party (DPP) from two theoretical perspectives-namely, the “lack of mobilization” theory and the “swing voter” theory. By using both aggregate-level voting records and individual-level survey data, our empirical findings are three-fold: first, in general, the DPP successfully mobilized their supporters to get out to voting in the 2009 local election while the KMT failed to do so. Second, previous KMT supporters in the 2008 presidential election were somehow reluctant to continuously support KMT candidates in the 2009 local election. Specifically, in the KMT advantageous county, such as Taoyuan County, previous KMT supporters were less likely to turn out to vote than those previous DPP supporters. On the other hand, in the DPP advantageous county, such as Yunlin County, a significant proportion of previous KMT supporters actually turned out to vote for the DPP incumbent candidate. Third, The conventional wisdom suggests that the performance of the ruling party usually becomes an important factor that affects voting behavior in midterm elections. Our analysis partially confirms such “referendum voting model” in the sense that some Taiwanese voters, particularly those who voted for the ruling party in the previous national election, may took into account the performance of the central government when casting their votes in the next election, even if it was just a local-level election.
  • 最新事例と比較分析の視角
    庄司 香
    2012 年 27 巻 2 号 p. 93-103
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    近年,世界で急速に予備選挙の実施事例が増え,それに伴い予備選挙研究も活性化してきているが,予備選挙の定義には混乱がみられ,比較分析のための枠組の精緻化もまだ進んでいない。本稿では,まず,予備選挙の類型とこれまでの研究の論点を,民主化という尺度を軸に整理し,予備選挙導入と政党の強さの関係について,オーストラリアを題材に考える。さらに,「参加」という尺度から逸脱していく台湾の事例や,政党候補者指名という行為そのものの否定へと行き着いたカリフォルニアの事例を通じて,予備選挙がもつ指名制度の「開放」というインペラティヴについて考察する。最後に,ナイジェリアとアルゼンチンの事例をもとに,それぞれ,政党候補者指名制度の法制化や予備選挙実施の全党義務化が示唆する,予備選挙研究の新しい視角を提示する。
  • A Case in Japan
    Tetsuro KOBAYASHI, Takahiro HOSHINO
    2012 年 27 巻 2 号 p. 104-117
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
    Using two Japanese survey datasets sharing the same variables that were collected at about the same time during the election of the House of Councillors in 2007, we investigated the effectiveness of propensity score adjustment to internet survey data of voting behavior. One dataset was from an internet survey based on purposive sampling, and the other was from an in-person interview survey based on probabilistic random sampling. Setting party identification and actual votes as dependent variables, the covariates for calculating the propensity scores were selected on the basis of the Strongly Ignorable Treatment Assignment (SITA) condition. The results indicated that while the adjustments were effective in some cases (e.g. the votes for proportional representation seats), those for other variables were ineffective and the divergence from the probability sampling survey became even larger. Conditions in which propensity scores can effectively adjust internet survey data are discussed.
  • 三船 毅
    2012 年 27 巻 2 号 p. 118-124
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
  • 2012 年 27 巻 2 号 p. 125-136
    発行日: 2012年
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル オープンアクセス
feedback
Top