景観生態学
Online ISSN : 1884-6718
Print ISSN : 1880-0092
ISSN-L : 1880-0092
12 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 真鍋 徹, 石井 弘明, 伊東 啓太郎
    2007 年 12 巻 1 号 p. 1-7
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    都市緑地は, 都市住民に対するレクリエーション, 防災, アメニティー, 環境調節機能や, 都市に生育・生息する野生生物に対するハビタット, コンジット, シンク機能など, 多面的機能を持った存在である.これら緑地空間の持つ機能を効率的に活用するには, 新たな緑地を創出するよりも, 現存する緑地を活用するほうが, 技術面・コスト面からみても有効であると考えられる.その地の潜在的な植生の姿を現在にとどめるような自然度の高い社寺林は, 都市緑地の効果的な維持・管理に向けての中核的存在となり得ることが期待できる.社寺林の生態学的研究は植物社会学的手法による群落記載に端を発した.その後, 社寺林を孤立林として認識し, 孤立した社寺林の群集構造・動態, 生息・生育地機能, 物理的環境要因を評価した研究へと発展した.また, 最近の研究結果から, 社寺林の構造・動態には, 社寺林内外の管理様式や神仏分離・都市公園法などの政策といった社会的要因も関与していることが示された.社寺林の機能を評価するためには, 広域的な景観スケールで社寺林を捉える必要がある.また, 生態学的要因のみならず人文科学的・社会科学的要因も考慮しなければならない.さらに, 都市緑地の中核的存在として社寺林を活用するには, 人による管理が必須であることが, 科学的な根拠の基で主張できるようになってきた.社寺林に限らず, 今後の都市緑地の保全・管理においては, 多様なスケール・手法を用いた個々の研究を蓄積し, 有機的に統合することが重要であるといえる.
  • 藤田 直子, 熊谷 洋一
    2007 年 12 巻 1 号 p. 9-21
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2011/08/17
    ジャーナル フリー
    近年, 空間配置やネットワーク概念によって都市緑地を捉えようとする動きが活発化している.このようなアプローチは, 従来の都市緑地の分析・評価に対して行われてきた緑被率や面積による判定では評価されない部分に対して価値を与えることを可能とし, 元来見逃されてきた緑地の潜在性を明らかにすることも可能であるため, 今後の緑地計画上大きな意義があると考えられる.このような視点で緑地の特徴を理解し, 都市緑地計画上に位置づけるためには, それらが各々の価値観に応じて配置されてきたことを理解し, それらの分布の特徴を把握する必要がある.その際, 緑地を画一的に取り扱うのではなく, 文化や歴史を培う基盤であり, 実際の空間と歴史性や場所性との間に連動性があることを理解した上で, 各々の配置されている特徴を空間的に理解する視点が重要である.以上をふまえ, 本研究では各々の歴史性や場所性を考慮して緑地を空間計画に生かすことを念頭に置き, 各々の立地場所そのものがそれらを示す指標であると考え, 各々の立地地点を比較してそれらの差異を明らかにし, それぞれの特性に応じた緑地の在り方や関係性を検討することを目的として研究を行った.研究対象地は東京都23区部とし, 「神社」「寺院」「公園」の分布形態の特徴と相違点を平面的分布形態と立体的分布形態から分析することにより, 3者の分布形態の特性及び地形との関係を明らかにした.その結果, 各々の立地分布の特徴は, 平面的分布形態では神社及び公園はランダム分布の傾向があり, 寺院は集中分布の傾向があることが明らかになった.一方地形との係わり合いを求めた立体的地形的特徴では, 神社が斜面地部に沿って線上に分布し, 寺院が斜面の下部の低地上や上部の台地上に集塊性を持って分布する特徴が認められた.このように神社・寺院・公園のタイプごとの分布形態の特徴と相違点を平面的分布形態と立体的分布形態から分析することにより, 神社の立地は凝集性を持たず全域にわたってランダムに分布しながら, 寺院や公園に比べて地形との結びつきが強いことが明らかになった.従って, 神社が集塊性を持たず局所的な分布の偏りが無くどの地域にも存在するため, あらゆる地域において緑地空間になり得る潜在的特性を持ち, なお且つ公園の立地と異なり, 地形の変化や自然性を考慮した緑地空間として評価できる空間に成り得る潜在的特性を持つことが示唆された.
  • 今西 亜友美, 村上 健太郎, 今西 純一, 橋本 啓史, 森本 幸裕, 里村 明香
    2007 年 12 巻 1 号 p. 23-34
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    都市において, 神社や寺院に付随する森林や緑地は, 貴重な生物生息地として重要な役割を担っている.しかし, 開発による都市緑地の小面積化, 孤立化は現在でも進行しており, その生態系に様々な悪影響を与えている.本稿では, 社寺林と境内を区別して, 既往の研究成果に基づいて, 植物の生育地としての保全について論じた.生育地の面積は, 社寺林と境内に生育する植物の種数に関係する主要な環境要因であり, 都市において植物を保全するためには, 緑地の面積の縮小を防ぐことがまずは必要である.小面積化にともない欠落する種としては, 湿潤な環境を好むシダ植物種が挙げられ, これらの種の保全には, 下部谷壁斜面や谷底面といった湿潤な環境を確保する必要がある.孤立度の増加は, 社寺林において他家受精をする二倍体のシダ植物種の個体群を縮小させる.森林の形状の複雑化は, 木本のエッジ種数を増加させる.都市域の社寺林および境内における植物種の分布パターンは, 面積順の入れ子構造を成す.しかし, 現実には入れ子構造は完全ではないので, 大面積の1つの緑地よりも, 小面積の緑地を組み合わせて保全する方が, より多くの種数を確保できる場合が多い.社寺林の絶滅危惧種には, 安定した環境を好む森林内部種が多く, 比較的大面積の森林に生育する.一方で, 境内の絶滅危惧種は, 人里性の種であり, 小面積の境内に生育していた.絶滅危惧種の保全の観点からは, 社寺林については大面積林を重点的に保全し, 境内については小面積の境内も保全することが望ましいと考えられた.
  • 岩崎 絢子, 石井 弘明
    2007 年 12 巻 1 号 p. 35-43
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    市街地の孤立林では, 数々の侵入植物の逸出・繁茂が報告されている.兵庫県西宮市の西宮神社においても, 社叢林内におけるシュロ (Trachycarpus fortunei Wendl.) の異常繁茂が確認され, 林冠木の更新を妨げている可能性が示唆された.本研究では, 西宮神社の社叢林においてシュロを全て伐倒除去する作業を行い, 繁茂量の定量化と除去前後での林床の光環境の変化を調査した.また刈り取ったシュロの搬出を造園業者に依頼し, 要した費用と繁茂量の関係を調べた.社叢林内のシュロの本数密度は649本ha-1で, 樹高1.3m以上の樹木個体数の23%を占めた.シュロの胸高断面積は1.7m2ha-1で全体の3.4%に過ぎなかったが, 葉面積指数は繁茂の著しい箇所では2.49-4.60に達していた.シュロの繁茂は道路に面した社叢の北側の林縁および駐車場に面した南西の林縁で著しく, 繁殖個体も林縁に多く見られた.特に繁茂の著しかった箇所では林床の開空度が6-11%と暗くなっていたが, 除去後には開空度が平均2.2%, 最大5.5%増加し林床が明るくなった.今後クズノキをはじめとする林冠木の更新が可能となることが期待される.伐倒除去にかかった総費用は139万円で, そのうち人件費が72.0%と最も高かった.シュロの除去に必要な費用は作業量で変化するため, 繁茂が進行するほど除去に要する費用も増加する.よって費用面からも早めの対策が重要であると言える.これまで社叢林では人の手を入れないことが一般的であったが, 自然林に近いかたちで森林を維持することを目的とする場合, 侵入種を制御する積極的な植生管理が必要であると考えられる.社叢林を含め市街地の孤立林においては, 手付かずに置いておくことが自然林に近い状態という考え方ではなく, 持ち主の管理方針に沿って適切に人手を加えていくことが必要なケースもあると考えられる.
  • 橋本 大輔, 伊東 啓太郎, 飯嶋 秀治
    2007 年 12 巻 1 号 p. 45-52
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
  • 滝 久智, 山浦 悠一
    2007 年 12 巻 1 号 p. 53-60
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
  • 2007 年 12 巻 1 号 p. 77
    発行日: 2007年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
feedback
Top