沙漠研究
Online ISSN : 2189-1761
Print ISSN : 0917-6985
ISSN-L : 0917-6985
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
30周年記念レビュー
  • Genhua NIU, Tim D. DAVIS, Joseph MASABNI
    2019 年 29 巻 2 号 p. 53-59
    発行日: 2019/09/30
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    Salinity is one of the major abiotic stresses that inhibit plant growth and reduce crop yield. There are about 800 million hectares of salt-affected farmland worldwide and this number is predicted to increase. High soil salinity is primarily caused by poor irrigation management and saline groundwater, especially in arid and semi-arid regions, in addition to natural causes. In coastal regions, seawater intrusion can increase soil salinity. Due to climate change and increased population, high-quality water supply has become increasingly limited and competition for high-quality water between urban and agriculture users has become more intense. Use of treated municipal recycled water for irrigating landscapes and other non-traditional waters for irrigating agricultural crops has become a common practice in water scarce regions. Water-intensive operations such as greenhouse and nursery growers are forced to recycle and reuse irrigation water. In these non-traditional water uses, salinity, primarily sodium chloride, is often too high for optimum crop growth and development. Therefore, information on salinity tolerance of horticultural crops is needed in order to sustainably produce horticultural crops in salt-affected lands and use of non-traditional water sources for irrigating horticultural crops. This paper provides a short review on salinity tolerance of the main categories of horticultural crops, including some background information on salinity tolerance assessment methodology.

小特集
  • 島田 沢彦, 中西 康博, 木村 李花子, 渡邉 文雄, 渡辺 智, 山本 裕基, 伊藤 豊, 大山 修一, ファドモ Aマロウ
    2019 年 29 巻 2 号 p. 61-67
    発行日: 2019/09/30
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    東京農業大学とジブチとの25年に渡る共同研究で培ってきた成果は,JST・JICA共同実施の地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)への課題「ジブチにおける広域緑化ポテンシャル評価に基づいた発展的・持続可能水資源管理技術確立に関する研究」の採択により評価され,2019年度から新たなフェーズとして社会実装へとつなげることとなった.本報では,これまでのジブチでの成果,今後5年間で展開される研究のビジョン,持続可能なパストラルアグロパストラル(農牧業)・システムの実装への課題および達成されるSDGsについて紹介した.

  • 吉原 佑
    2019 年 29 巻 2 号 p. 69-74
    発行日: 2019/09/30
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    モンゴルで進行している過放牧による生態系の劣化と飼料不足への対策として,草原への火入れとイネ科植物による促進効果に注目した.火入れ実験の結果から,不嗜好性種優占草地では植生を改善したが,植生衰退草地では効果が認められなかった.イネ科植物Achnatherum属が雨で流された家畜の糞を捕捉することで肥沃なマウンドを形成し,そこで広葉植物の成長を促進していた.本研究は,劣化したモンゴル草原における火入れや植物による促進効果が,植生や家畜生産性の回復ツールとして有効であることを示した.

  • 鎌田 知也
    2019 年 29 巻 2 号 p. 75-80
    発行日: 2019/09/30
    公開日: 2019/10/24
    ジャーナル フリー

    営農型太陽光発電,いわゆるソーラーシェアリングは農地での営農を継続しながら農地を立体的に活用しほ場内に支柱を立てて太陽光パネルを設置・上部空間で発電を行うことで,営農と発電を両立する取り組みである.太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー電力は地球温暖化対策や原発依存体制からの脱却,エネルギー安全保障政策等重要な役割を担っているが,営農型太陽光発電はそれらに加え売電収益による農家所得の向上や農業経営の下支え,荒廃農地の再生等,農業・農村が抱える課題解決の一つのツールとしても注目されはじめており,農林水産省としても健全な営農型太陽光発電の取り組みを促進しているところである.地球規模でも限られた土地や水資源を有効活用し,食料や持続可能で安価な電力供給の面で営農型太陽光発電の潜在力は大きい.本稿では,営農型太陽光発電をめぐる背景及び経緯,期待される効果,現状と課題,海外展開への可能性等について触れる.

feedback
Top