ノンプロフィット・レビュー
Print ISSN : 1346-4116
1 巻 , 1 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
研究論文
  • Nobuko Kawashima
    専門分野: Others
    2001 年 1 巻 1 号 p. 5-14
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    The NPO sector in Japan has seen a rapid development in the last ten years. This paper aims to provide an account of this phenomenon and to point out current problems and issues for the future. The paper discusses legal and policy contexts of the NPO sector, which have been unfavourable to its development. It describes recent changes helping the development of the sector, including the new legislation on the Promotion of Specified Nonprofit Activities. The paper argues that for a further expansion of the sector, issues related to financing and management need to be addressed.
  • Kiriko Asano, Naoto Yamauchi
    専門分野: Others
    2001 年 1 巻 1 号 p. 15-26
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    This paper analyzes survey data from a sample of Japanese collected as part of an international comparative project to test the net cost hypothesis of voluntary behavior. This hypothesis suggests that the higher the net cost of a person's actions, the more he/she will be considered a "volunteer." A questionnaire consisting of 50 questions was collected from a sample of 770 respondents. Differences in the average scores for some of the pairs of activities with different net costs were found to be statistically significant. We also found that the net cost hypothesis is useful in explaining Japanese definitions of volunteering.
  • ―公益性の認定をめぐって―
    初谷 勇
    原稿種別: 論文
    専門分野: その他
    2001 年 1 巻 1 号 p. 27-40
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    主務官庁による公益法人設立許可における公益性認定や,特定公益増進法人の認定における公益増進性の認定,また,所轄庁による特定非営利活動法人設立認証における公益性(不特定多数性)認定等にみられる「行政裁量」の事例を,行政官の裁量判断を支配するプログラム概念を用いて横断的に分析し,適切な裁量統制のあり方を検討した.
    とくに,主務官庁等に属する行政官の集団によって共有され,場合によっては客観的に記述されているが,法律や行政立法になっていない行政基準などの「準則」を,法令などの客観的プログラムと行政官個人の内面的プログラムとの中間に位置する「準客観的プログラム」として新たに概念化し,その機能を分析した.
    NPOの法環境を整備するための政府セクターのNPO政策では,裁量統制機構の外部化以上に,内部に段階的な裁量統制機構を組み込み,みずから準客観的プログラムを外在化し,客観化する努力を果たしつつ,内在的に裁量を統制することが必要である.
  • ―在宅福祉サービス業を事例として―
    小柳 宜子
    原稿種別: 論文
    専門分野: その他
    2001 年 1 巻 1 号 p. 41-51
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    本稿は非営利組織の目標設定と成果評価に利害関係者が及ぼす影響を明らかにすることを目的としている.そのために在宅福祉サービス事業を行う非営利組織を対象として調査を行った.その分析の結果,次の2点が明らかとなった.
    (1)在宅福祉サービス事業における非営利組織の利害関係者の影響力については,組織内部の理事会,スタッフとともに,組織外部では行政,サービス受益者の影響が高い傾向を示した.
    (2)とくに,サービス受益者の影響力があるという割合が高い傾向を示す結果については,在宅福祉サービス事業におけるNPOが資源調達において収益事業をより重要視する傾向を示しているといえる.
  • Ming Wang
    専門分野: Others
    2001 年 1 巻 1 号 p. 53-63
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    This article presents an analysis of the development of NGOs in China. It is comprised of six sections — the concept of NGOs in China, the history of their development, relevant legislation, current status, existing problems and academic research on NGOs. Chinese NGOs are divided into two broad categories: social associations (shehui tuanti) which have legal status and (2) private non-enterprise organizations (minban feiqiye danwei). The latter do not have legal status but are more analogous to the concept of NGOs widely accepted by the international community. Chinese NGOs can also be distinguished by whether they were established by either a "top-to-bottom" or "bottom-to-top" process. The development of China's NGOs has gone through three unique stages in modern Chinese history and their current status has been heavily influenced by the China's rapid economic development since the 1980s. The legal system monitoring the registration and administration of NGOs is evolving. The current system is based on the concept of "duel management" (Shuangchong guanli) that places restrictions on their development. Recent reforms in China have loosened the monopolizing role of the government in providing social services and have created greater operating room for Chinese NGOs. In addition, the dedication of Chinese NGOs to resolving social problems has won them greater acceptance by both the Chinese government and the public. The most active organizations among them often focus on social development. In general, Chinese NGOs are at an early stage of development and are challenged by many organizational problems and financing difficulties. Chinese scholars are devoting themselves to analyzing and evaluating information networks and policy developments in hopes of better understanding and increasing the role of Chinese NGOs. A recently formed research team at the NGO Research Center of Tsinghua University has been applying itself to a large-scale investigation of China's NGOs since 1999. It is also working on establishing a NGO Evaluation System and educating NGO leaders through a series of short-term training seminars.
  • ―中国非営利セクターの統計的考察―
    岡室 美恵子
    原稿種別: 論文
    専門分野: その他
    2001 年 1 巻 1 号 p. 65-77
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    1998年,中国で制定された「社会団体登記管理条例」で規定される「社会団体」とは,「中国国民が自主的に組織し,会員の共同意志実現のため,その定款により活動していく非営利性社会組織」であり,1999年末現在136,841団体が存在する.社会団体の特徴について,これまでの先行研究では,市民社会へ向けての障害や,団体の「半官半民」性を断片的に論じるものが多い反面,その成因に関係する政治経済体制や歴史的要因を,欧米における枠組により単純化する傾向がみられる.社会主義体制における社会分業の一機能として,その歴史を開始した中国の社会団体は,元来多様な要素を含んでいた.法制度,内部管理問題,政府との関係など,社会団体が現在抱える問題は,この多様性に起因している.本論文では,社会団体の設立年と設立数の変化に着目し,時系列に社団設立の傾向と特徴をとらえ,背景及び成因について分析していく.
  • ―北欧・JAK銀行とスイス・WIR銀行―
    泉 留維
    原稿種別: 論文
    専門分野: その他
    2001 年 1 巻 1 号 p. 79-90
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    本稿は,オルタナティブ・バンキングの歴史とその意義を明確にしようとしたものである.オルタナティブ・バンキングは,貨幣の貯蔵機能を減退させ,より貨幣が社会の中で循環するように,預金は基本的にゼロ利子等の特徴を持ったものである.今回は,その事例として,北欧のJAK銀行とスイスのWIR銀行を取り上げる.両銀行とも1929年から始まる世界大恐慌の中で生み出されたものであり,シルビオ・ゲゼルが創出した自由貨幣論を理念の中心に置いている.無利子貯蓄-貸付銀行であるJAK銀行は,デンマークで1931年に,スウェーデンで1965年に設立された.中小企業のための銀行であるWIR銀行は,1934年に設立された.土地に根付く中小企業や人々の活性化の潜在的な可能性を引き出すものとしてのオルタナティブ・バンキングは,主としてインフォーマルな経済を活性化させる地域通貨と並んで,地域コミュニティにおいて注目すべき存在である.
研究ノート
  • 佐々木 厚司
    原稿種別: 論文
    専門分野: その他
    2001 年 1 巻 1 号 p. 91-102
    発行日: 2001年
    公開日: 2001/10/17
    ジャーナル フリー
    本研究は京阪神,特に京都を中心とするまちづくりNPO活動の実践の分析を通じて,NPO体制の深化,展開の特性を地域まちづくり活動の深化,展開の成果との関連に探ろうとするものである.対象とするのは筆者も活動に参加実践している,(特活)生活環境づくり21・NPOフォーラム及び関連する一連のまちづくり活動であるが,特に先行例となった京都出町地区まちづくり活動を事例とする.まちづくりNPOとしての活動の経緯と展開を事例地区における具体的課題に関する体制づくり,広域的,継続的なまちづくり展開への動きの中に確認した.まちづくり活動のマネジメントとしての中間性の獲得を前提とした場づくりの重要性を論じ,自己組織化としてのまちづくりNPO活動の特性を明らかにした.
feedback
Top