ノンプロフィット・レビュー
Print ISSN : 1346-4116
5 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
研究論文
  • NPO法人法における構造と課題―
    河島 伸子
    2005 年 5 巻 1 号 p. 1-11
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/07/01
    ジャーナル フリー
    日本のNPO法人界においては,「活動成果をあげるためのマネジメント」より上のレベルで,組織全体を指揮,制御し,アカウンタビリティを果す「ガバナンス=統治」に関する議論が欠けている.NPO法においては,理事の職務・役割,理事と総会・事務局との関係などを規定するガバナンスの構造を明らかにしていない.理事の選任が社員総会の議決事項とされていないことは特に問題である.一方,アメリカのNPOにおいては,理事会がガバナンスの頂点にたち,社会全体に対して公益を守っていく受託者責任,アカウンタビリティを負うとされるが,この理論と実態との間には差があり,さまざまな改革が提言されている.我が国においても,NPOガバナンスの構築は,NPOのマネジメント力を伸ばし,その社会的信頼性を高めていく上で重要な課題である.各NPO法人は,定款と組織を見直し,アカウンタブルなガバナンスの仕組みに変えていくべきである.
  • Yuko Nishide, Naoto Yamauchi
    2005 年 5 巻 1 号 p. 13-28
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/07/01
    ジャーナル フリー
    This paper aims to grasp the current state of social capital and its relations to civic activities and environmental sustainability in Japan. The authors present findings from the first comprehensive survey designed to measure social capital, conducted in 2003, with the focus on civic activities in Japan, together with three cases relating to sustainable environmentalism. The major findings of the survey were: (i) each component of social capital and voluntary and nonprofit activities has a positive correlation, (ii) social capital has changed over time, and (iii) social capital exhibits major city-rural and regional gaps in Japan. Over time, trust and associations with neighbours and relatives have declined, while trust and associations with colleagues at work have been stable or even increased. Some implications are suggested concerning the roles of citizens, nonprofits, government and business: citizens and nonprofits play a crucial role in creating social capital, and government and business can play a facilitator role in the formation of social capital. Moreover, utilization of social capital through partnerships among different sectors is vital for vibrant communities and environmental sustainability.
  • 柏木 仁, 東出 浩教
    2005 年 5 巻 1 号 p. 29-42
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/07/01
    ジャーナル フリー
    本研究では,スチュワードシップ理論で示唆される組織運営に関する要因がNPOのパフォーマンスを向上させると仮説をたて,中規模NPOの中から無作為抽出した200法人に対して質問票調査を実施(回収率57%),定量分析により仮説の検証を行った.結果,スチュワードシップ理論を基に構築された要因は,パフォーマンスの中でも,特に,人材の成果といえるソフト・パフォーマンスの向上に寄与することが示された.具体的には,使命の共有はパフォーマンスの向上に最も強く貢献し,意思決定への参加,情報収集・能力形成は,ソフト・パフォーマンスと組織の効果性を高めることに強く寄与し,フィードバックは,ソフト・パフォーマンスの向上と会員数の増加に寄与していた.自律活動の奨励は,ソフト・パフォーマンスに加え,総収入の増加率,組織の効果性を高めることにも寄与していた.本研究は,中規模NPOにおける参加型マネジメントの検証となった.
  • ―大阪府を事例として―
    小田切 康彦, 浦坂 純子
    2005 年 5 巻 1 号 p. 43-55
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/07/01
    ジャーナル フリー
    本稿では,明確な説明責任を果たす事業委託システムの構築を目指す端緒として,大阪府の提案公募型事業を事例として採り上げ,事業の立案から委託先NPOとの契約締結に至る4段階のプロセスにおいて,その意思決定に影響を与えた「要因」を分析した.また,その要因が委託事業の選定や委託先団体の選定,事業費の積算等の明確な基準として機能する可能性を検討し,説明責任を果たす意思決定のあり方について言及した.意思決定に影響を与えた要因として,明文化されたガイドラインや,事業費の市場価格といった,決定を行うための基準・制度に近いものが確認された.一方,NPOの専門性や,審査員による団体の理解度などの経験に裏づけされた現場感覚に近いものも把握できた.行政が,事業委託における意思決定の説明責任を果たすためには,委託対象として,NPOのみならず,民間営利企業・地方公社などを含めた上で,どの主体が適切なのか,サービス水準や効率性の検討を行うことが求められる.そして,行政課題を解決するのに最適な団体を選定するために,事業実績や組織規模に左右されない審査項目を設置することが必要である.
  • Xiumei Zhao
    2005 年 5 巻 1 号 p. 57-66
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/07/01
    ジャーナル フリー
    Since the late 1990s, China has witnessed a rapid growth of NGOs, which are actively seeking interactions with the state in various arenas and on different levels. This paper examines NGO-state interactions, focusing on how NGOs struggle to reconfigure their relationship with the state in a way more beneficial to their development. The paper first discusses the emergence and growth of Chinese NGOs. This is followed by examination of Chinese NGOs’ strategies directed toward three aspects: struggling for organizational legitimacy, using government networks to achieve organizational goals, and attempting to enter the decision-making process. The paper finds that Chinese NGOs have developed a wide range of strategies in their interactions with government, from adapting to state control to actively influencing government policy, and NGO-state interactions mainly depend on ‘un-institutional’ channels to operate.
feedback
Top