におい・かおり環境学会誌
Online ISSN : 1349-7847
Print ISSN : 1348-2904
ISSN-L : 1348-2904
36 巻 , 3 号
MAY
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
特集(においとフェロモンがつむぐ空間コミュニケーション)
  • 東原 和成
    2005 年 36 巻 3 号 p. 123-125
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
     平成13年, 環境省は, 全国のなかから「かおり風景100選」を選定した. 豊かなかおりとその源となる自然や文化・生活を一体として, 将来に残し伝えていくためであるという. 興味深いことに, 特に「かおり」についての選定基準はなく, 自然的, 歴史的, 文化的な景観のなかにかおりの存在が浮かび上がるような風景であるということが選定のポイントとなっている.
     感性の歴史家アラン・コルバンは著書「風景と人間」 (小倉考誠訳, 藤原書店) でいう. 「風景の保護はある風景解釈を選択することである」. 自然環境・景観保護運動のありかたに対する問題提起のなかに, 周辺環境との調和のなかで地域が育んできた文脈を読み解くために, 人間が親しめる無意識下の記憶, すなわち, 嗅覚を含めた五感を重視する姿勢に共感できる.
     かおりの風景とは, そこに住む人間達が創り出す表徴であり, 人間の存在意義にもつながる風景である. 畑の肥溜めも, 焼き魚も, 古本も, 社寺も, すべて, 人間の人間たるゆえんの風景であり, その存在を否定しては, 人間自体を否定することになる. ランドスケープとともに最近少しずつ注目されてきているスメルスケープといわれる景観は, 人間が「住める空間」なのである.
     人間以外の生物にとってもにおいの風景は生存に関わる必須なものだ. 多くの哺乳動物は, 自分のにおいと他人のにおいを正確に識別し, 自分達の生活空間・個体空間の大きさを作り出すだけでなく, 交尾時期を的確に把握して種の保存に努めている. 植物は動けないからこそ, 独自なにおい空間を設計し, 生存に必要な情報交換をしている (細川聡子の項参照) . もちろん陸棲生物だけでない. 魚は自分の生まれた川にもどるためにも嗅覚は必須であり, また, 放精誘起なども水溶性の「におい」物質によって引き起こされる (佐藤幸治の項参照). そこに居住する人間達が, 自然的, 歴史的, 文化的な「かおりの風景」を創成しているように, それぞれの生物のまわりには, 我々が見えない, 本能的, 進化的, 生態的なにおいの風景が構築されているのである.
     におい物質とは, 分子量30~300の低分子揮発性物質である. ただし, 揮発性であれば必ずしもにおうというわけではない. 例えば, 二酸化炭素や一酸化窒素はわれわれ人間には感知できない. では, 二酸化炭素は「におい」ではないかというと, ショウジョウバエや蚊などの昆虫にとっては, 二酸化炭素も立派なにおいなのである. そういう意味では, 広義でいう「におい」とは, 「揮発性の分子で, 空間を飛んできて, 生物によって受容される物質」と定義できるかもしれない. 最近問題になっているVOCもその部類に入るかもしれない. 中世においては「にほひ」という言葉を光の意味でつかっている. 空間からの情報という共通の意味があったのだろう.
     におい分子は嗅覚受容体によって認識される. 信号は脳に伝わるとともに, しばらくするとそのにおいに対しては順応して信号はオフになる. 近年, 分子レベルでのにおい認識とその後の受容体の脱感作・順応のメカニズムはかなり明らかになっている (堅田明子, 加藤綾の項参照). 一方, 受容体による認識という立体構造説に対峙するものとして, 「匂いの帝王」 (早川書房) で有名になったルカ・テューリンが主張する分子振動説がある. 分子振動説によると, 普通のにおい分子と重水素化されたにおい分子とでは同じ物質でもにおいの質が異なることになる. 最近, ヒトの官能試験では「No」という結果になった一方で, 犬は区別できると主張する研究者もいるのでまだ決着はみていない. 私個人的には, どっちかだけですべてを説明できるとは思わない.
     嗅覚における分子認識は, ある意味, 究極の識別センサーかもしれない. 複雑な混合臭は, 特有のにおいを呈し, その複雑さが, 芸術ともいえる香水の存在を可能にしている. 混合臭が織りなすにおいの創成メカニズムもそのベールがはがれつつある (岡勇輝の項参照). また, 嗅覚受容体は, 鼻のなかでにおいセンサーとして機能しているが, 鼻以外の組織でも機能していることが明らかになってきている (福田七穂の項参照). 広義でいえば, 嗅覚受容体は, 一般的な化学物質センサーと考えてもよいだろう. 将来, 嗅覚受容体の化学センサーとしての機能をいかして, バイオセンサーの開発も夢ではない. 特に, 昆虫の性フェロモン受容体の解析で明らかになった, 高感度・高選択性をうみだすメカニズムは, 応用面に期待がかかる知見である (仲川喬雄の項参照).
    (以降全文はPDFをご覧ください)
  • 堅田 明子
    2005 年 36 巻 3 号 p. 126-128
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 岡 勇輝
    2005 年 36 巻 3 号 p. 129-131
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 加藤 綾
    2005 年 36 巻 3 号 p. 132-134
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 福田 七穂
    2005 年 36 巻 3 号 p. 135-137
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 白須 未香
    2005 年 36 巻 3 号 p. 138-140
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 木本 裕子
    2005 年 36 巻 3 号 p. 141-143
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • はが 紗智子
    2005 年 36 巻 3 号 p. 144-146
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 仲川 喬雄
    2005 年 36 巻 3 号 p. 147-149
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 幸治
    2005 年 36 巻 3 号 p. 150-152
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
  • 細川 聡子
    2005 年 36 巻 3 号 p. 153-155
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
feedback
Top