日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第42回研究大会
選択された号の論文の344件中1~50を表示しています
A会場
個人発表
【準備委員会企画 分科会】 侵犯する身体・増殖する身体
個人発表
  • 永吉 守
    セッションID: A-20
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/05/27
    会議録・要旨集 フリー
     日本における文化遺産の中で、近代化産業遺産における、他の文化遺産と比較した場合の特殊性を明らかにし、その保存・活用の価値観をめぐるポリティクスを探る。特に、本発表では、「九州・山口の近代化産業遺産群」のユネスコ世界遺産登録を目指した動きを追いながら、その動きを応援・補完しつつも、ある種対抗的な動きとして、「世“界”遺産」ならぬ「世“間”遺産」という言説とその価値観の創造過程について、発表者自身が関与しているNPOや九州内で同様の活動をしているNPO連合「九州伝承遺産ネットワーク」の事例から考察する。
  • 出口 雅敏
    セッションID: A-21
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/05/27
    会議録・要旨集 フリー
    本発表では、遺産の保護と活用を「仕事」とする職業集団・専門家集団について検討する。具体的には、1970年代以降、地域の文化遺産や自然遺産の保護及び活用を積極的に行ってきたフランスの地域自然公園において、その中心的役割を担ってきた「公園の家」と呼ばれる集団を対象とし、彼らへの聞き取り調査で得た資料に基づき、遺産の保護や活用に携わることの意味を彼らの生活との関わりから考察する。
  • 田中 英資
    セッションID: A-22
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/05/27
    会議録・要旨集 フリー
    本発表では、トルコの「国土(Homeland)」の形成と、「トルコらしさ」と直接的には結びつけられない古代アナトリア文化遺産の関係について考察する。特に、近代トルコ国民国家の「国土」としてアナトリアが位置づけられていく過程で、その過去や歴史に対してどのようなアプローチがとられていったのかを分析し、古代アナトリア文化遺産との結びつきを中心に、トルコの「国土」としてのアナトリアの創出のあり方の多様性を示す。
【準備委員会企画 分科会】 ネオリベラリズムの時代における人類学の可能性
個人発表
B会場
個人発表
【準備委員会企画 分科会】 「専門性」とは何か?
feedback
Top