日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第45回研究大会
選択された号の論文の169件中1~50を表示しています
分科会発表
分科会A 「軍隊がつくる社会、社会がつくる軍隊:トランスナショナルとナショナル、ローカルの接合と再定義」
代表者 上杉 妙子
分科会B 「帰還移民の人類学的研究に向けて:帰還および故郷概念の検討」
代表者 大川 真由子
  • 大川 真由子
    セッションID: SB0
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    本国から移住先への一方向的な移動を中心に扱ってきた従来の移民研究に対し、本分科会は帰還という往還的な視点を導入し、議論の俎上に乗せようとする試みである。帰還という歴史的経験が現在に至るまでどのように生きられ解釈されてきたのか、その過程で故郷はどう意味づけられているのか。彼らの経験に基づいた帰還や故郷の概念を通文化的に検討することで、帰還移民に対する人類学的アプローチの理論的な視座を提供したい。
  • 奈倉 京子
    セッションID: SB1
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
     本発表では、帰国華僑が時間と空間を共有する場である「帰国華僑の家」を事例とし、そこで帰国華僑としての特異性、アイデンティティを再生産させていく様相について報告する。そして個人や家族レベルの記憶・経験や、個別の行き来を中核として構成される社会関係を実証的に検討することにより、「帰国華僑の家」の場の意義と機能の把握を目指す。それにより帰国華僑の多元的かつ動態的な「故郷」の概念を理解することを試みる。
  • 市川 哲
    セッションID: SB2
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    本発表はオーストラリアに在住するパプアニューギニア華人の帰郷にまつわる観念と実践について検討する。パプアニューギニア華人は19世紀末に中国からニューギニアへと移住し、さらに20世紀後半よりオーストラリアへと再移住した。このような連続的な移住経験の中で、彼ら彼女らがいかにして故郷であるパプアニューギニアや中国を訪問するのか、そして自己の帰郷に対しいかなる意味を付与するのか、という問題について検討する。
  • 飯島 真里子
    セッションID: SB3
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    従来の帰還移民研究においては、帰還先における定住を前提として研究がなされてきた。本発表では、定住化を伴わないフィリピン日系人の帰還現象に焦点を当て、その過程と実態を明らかにする。さらには、定住を第一目的としない日系人が祖先の故郷の国籍を取得することの意義についても検討し、日本への帰還と国籍取得が出身国と帰還先国両方での生活・活動拠点を多世代にわたり維持するという「戦略」的傾向があることを提示する。
  • 大川 真由子
    セッションID: SB4
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    本発表は、本国の植民地化活動に伴い属領の東アフリカに移住したのち、脱植民地化の過程のなかで本国に帰還した入植型帰還移民、アフリカ系オマーン人にとっての帰還およびその後の実践に着目することで、彼らの歴史認識を明らかにすることを目的としている。東アフリカでのオマーン人の歴史を残す作業のなかで彼らが元移住先をどのように語っているのかをみたうえで、その認識を形成する歴史、社会的諸要因について考察する。
分科会E 「知の生成する現場:「動き」としての在来知を描く」
代表者 杉山 祐子
  • 杉山 祐子
    セッションID: SE0
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    ここでいう在来知とは、「人びとが自然・社会環境と日々関わるなかで形成される実践的、経験的な知(重田眞義2007)」であり、変化しつづける環境との関係の調整のしかたに関わる知である。この分科会では、「動き」を切り口にすることによって、報告者それぞれの調査事例に基づきつつ、環境・身体・社会をつなぐ知の生成過程として在来知を描く試みを展開する。また、在来知に共通する特徴について検討する。
  • 曽我 亨
    セッションID: SE1
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    青森県弘前市をながれる岩木川では、毎年春に、シゲタ漁と呼ばれる伝統漁がおこなわれている。これはシゲタと呼ばれる人工の産卵床にウグイをおびき寄せ、投網で獲る漁である。本発表では、シゲタ漁にみられる川漁師の在来知を、「リスト化」する従来のやりかたではなく、状況論的手法で記述する。また、この手法を導入することで、漁師達が仲間の身体・場所・道具・自然などの動きに応答していることを明らかにする。
  • 金子 守恵
    セッションID: SE2
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    エチオピア西南部に暮らす女性土器職人の技法の生成と確立の機序を理解するために、マイクロサッカード(固視微動)という概念を援用して、3つの「動き」を検討した。その結果、アリの土器つくりとは、異なる社会集団を架橋する「もの」をつくりだす社会的な行為であり、そこには職人が確立してきた個別のスタイル(土器のかたち+それをつくりあげる特有の行為)が内包されていることが示唆された。
  • 佐治 靖
    セッションID: SE3
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
    転飼養蜂は、弧状の日本列島がもつ環境を巧みに利用し、南北に長距離移動することによって成立する独特の養蜂形態である。本発表は、その実態を報告し、移動がつくりだす「動くことによる安定化」、各転飼地の活動とそれらをつなぐ連続性と関係性、絶えず更新と変化をくり返す蜂群とそれに連動する技能、さらに蜜源という資源環境の確保とその変化など、この養蜂が内包するいくつかの〈動き〉について考察する。
  • 竹川 大介
    セッションID: SE4
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/20
    会議録・要旨集 フリー
     近代知の手法は対象を客体化し、外部から操作するものである。それに対して在来知では、相互行為と交渉によって対象の変化に寄り添い、動きのなかに安定を見つける。在来知では変化する対象を意志があると仮定して理解する。意志あるものの究極の暗喩が擬人化である。自律し意志を持つものは完全に制御はできない。この対象が意志を持つという仮定は、ある種の錯覚であるが、エラーではなくむしろ認知の経済化の結果なのである。
分科会Ia 「支援のフィールドワーク:「研究/実践」の二分法を超えて」
代表者 亀井 伸孝
分科会Ib 「オセアニア環礁州島の景観史:分離融合型研究の成果」
代表者 山口 徹
分科会Ja 「人間と動物の駆け引き」
代表者 田川 玄
分科会Jb 「文化人類学的日本研究の方法論の開発:「日本人」がどのように日本を調査して日本語で語るか」
代表者 桑山 敬己
分科会Ma 「越境経験の資源化・歴史化:日本の周辺地域における国境変動をめぐって」
代表者 上水流 久彦
分科会Mb 「<アサイラム/アジール空間>の人類学:グローバリゼーション、国家、社会的排除/包摂」
代表者 内藤 直樹
個人発表の部
11日午前の部 B会場
feedback
Top