The Journal of JASTRO
Online ISSN : 1881-9885
Print ISSN : 1040-9564
ISSN-L : 1881-9885
6 巻 , 2 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 辻井 博彦
    1994 年 6 巻 2 号 p. 63-76
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
    陽子線の最大の魅力は, ブラッグピーク効果により優れた線量分布を形成することであるが, 同時にその照射装置は既存の加速器に手を加えれば容易に利用出来るという利点も有している. 生物学的には光子線と同じ低LET放射線に分類されるが, これは, 従来から蓄積されている光子線の生物学的知識をそのまま利用できることを意味する.
    陽子線治療はこれまで世界の16施設で行われ, 約1万3千人が治療された.適応疾患はまだ限られており, 70%以上が眼や頭蓋内小病巣で占められている.このうち30~40%は網膜メラノーマ, 約40%は頭蓋内の小病巣で, 他は頭頚部や前立腺などで, 胸腹部の深部癌はまだ少数である. 網膜メラノーマは, 陽子線により大線量照射 (70Gy/5回または60Gy/4回) が可能になってから, 眼球内制御率96%, 生存率80~88%という素晴らしい成績が得られるようになった. 頭蓋底・頚椎原発肉腫に対しては, 陽子線で65-75Gy (1.8Gy/fx) 照射することにより65~91%の5年制御率が報告されている.一方, 筑波大学では主に深部臓器癌を対象として, 肺, 食道, 肝, 膀胱などで良い成績を得ている.なかでも原発性肝癌に対しては, 陽子線治療が将来有効な治療法になるものと期待される.
    以上の優れた臨床成績に刺激され, 新たに陽子線治療を行いたいという施設が急速に増えている.これは陽子線治療がコスト・ベネフィットの面からも十分に評価できる治療法であることを証明するものである.
  • 青木 幸昌, 中川 恵一, 寺原 敦朗, 小野木 雄三, 坂田 耕一, 牟田 信春, 佐々木 康人, 赤沼 篤夫, 黒川 正明
    1994 年 6 巻 2 号 p. 77-82
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
    原体照射は我が国で開発され, 普及した高精度放射線治療技法である.これは多分割絞りコリメータの開度がガントリー回転に対応して変化するものである.照射野開度はビームズアイビューによって決定されるので, 原体照射の治療計画はNon-Coplanar照射等と比較すると単純であるが, 従来の治療計画装置では, ビームズアイビュー機能が不十分であったため, 時間とマンパワーを要した.今回, 原体照射に対応した治療計画システムを開発した.ビームズアイビューに基づく自動的な照射野開度の決定が可能で, 治療計画に要する時間が大幅に縮小された.本システムにより, 原体照射のさらなる普及が期待される.
  • 佐藤 眞一郎, 中村 譲, 川島 勝弘, 福久 健二郎, 宮本 忠昭, 坂下 邦雄, 恒元 博
    1994 年 6 巻 2 号 p. 83-89
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
    日本の放射線治療の実行体制に関し, 全国規模のアンケート調査を実施し, 以下の結果を得た.
    1).アンケート回収率および総装置台数から推定された集計率は60%強であった.
    2).放射線治療機器およびその周辺機器は, 大規模病院・専門病院では充足度が高いが, 総合的な放射線治療を実施できる施設は全体の1/4以下であった.
    3).放射線治療スタッフは, 大規模病院・専門病院では確保されていたが, 全体では非常勤あるいは兼任スタッフの協力を得た上で治療が実施されていた.
  • 日本放射線腫瘍学会国内関連学会委員会
    1994 年 6 巻 2 号 p. 91-98
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/11/16
    ジャーナル フリー
    The purpose of this multi-institutional study was to investigate the actual condition of five-year survivors in non-small cell lung cancer patients treated by radiation therapy without resection. The final registration time was October 31, 1993.
    A total of 436 patients from 78 institutions in Japan were registered.
    An analysis of the characteristics of patients and tumors, treatment planning, tumor response. late radiation injuries, double primary cancer, and other factors was performed.
  • 築山 巌, 大野 達也, 滝澤 義和, 池田 恢, 柄川 順, 荻野 尚
    1994 年 6 巻 2 号 p. 99-105
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
    1986年から1992年までの間に10例12病巣の進行, 再発乳癌に対し密封小線源治療を含む集学的治療を行なった.治療部位は原発乳房5病巣, 対側乳房3病巣, 照射後胸壁再発2病巣, 腋窩リンパ節, 上腕皮膚転移各1例である.密封小線源は192Ir低線量率5病巣, 高線量率7病巣でうち3病巣はモールド照射で照射後再発や上腕皮膚転移に対して行なった.外部加温6病巣, 組織内加温4病巣である.局所効果はCR3病巣, PRa8病巣, PRb1病巣で奏効率100%であった.外部照射密 “封小線源治療” 温熱療法等の併用によって高い局所効果が得られ密封小線源治療を含む集学的治療は進行乳癌に対して有効な局所治療である.
  • 菅原 正, 井上 俊彦, 母里 知之
    1994 年 6 巻 2 号 p. 107-114
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
    1975年から1986年の期間にTBIと抗癌剤を含む前処置とallogeneic BMTを受けた240例の急性白血病患者 (ALL: 115, ANL: 125) について, 再燃に影響を及ぼすTBI因子についてretrospectiveに検討した.予後因子として有意な診断-BMT期間 (DTP) によって, 症例をDTP≦9カ月124例とDTP≧10カ月116例の2亜群に分けて検討した.TBI因子に関しては, DTP≦9カ月では総線量が増加すると相対再燃率が減少する有意な逆相関が認められ, DTP≧10カ月では照射日数が増加すると相対再燃率が増加する有意な傾向が認められた.予後因子のバイアスを多変量解析によって補正した結果でも, 再燃の面から有利なTBI regimenは診断-BMT期間によって異なり, DTP≦9カ月では高い総線量と線量率が有利であり, DTP≧10カ月では短い照射期間が有利であることが示唆された.
  • 大塚 誠, 増田 康治, Marvin L. MEISTRICH
    1994 年 6 巻 2 号 p. 115-118
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
    マウス腎の放射線晩発障害の早期指標として, 近位尿細管細胞におけるDNA合成の亢進と巨核細胞の出現を観察し, 腎の放射線晩発障害発生機序として, 1) 増殖休止中の尿細管細胞の再増殖への始動, 2) 不完全分裂による巨核細胞の出現, 3) 尿細管細胞の分裂死, 4) 機能低下に至るとのモデルを提示してきた.その晩発障害が対側腎摘出により促進されることから一過性増殖促進が放射線照射後の晩期DNA合成亢進を促進するためと考えた.また葉酸は急性の腎障害をおこし, 腎摘出術と機序は異なるが類似の一過性増殖促進を腎尿細管細胞にもたらすことを確認した.葉酸投与によりみられる腎尿細管細胞の一過性増殖促進は片腎摘出後のそれと同様に照射後の晩期DNA合成亢進を促進し, また腎重量の低下をきたした.この結果は先の腎の放射線晩発障害発生モデルを支持し, 尿細管細胞の一過性増殖促進は細胞内に潜在する晩発性放射線障害の発現を促進するものと思われた.
  • Seung Jae HUH, Chul Koo CHO, Yong Chan AHN, Kyung Hwan KOH, Seong Yul ...
    1994 年 6 巻 2 号 p. 119-123
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
    Two cases of primary malignant lymphoma of the uterine cervix are reported. Both of them presented with vaginal bleeding. One patient had malignant lymphoma of the diffuse small cleaved cell type, and the other lymphoblastic type lymphoma. The stage in both was IIB (FIGO). The former patient, who was treated by radiation therapy, is free of disease and alive and well 4 years after completion of treatment. The patient with lymphoblastic lymphoma received chemotherapy, radical surgery and postoperative radiotherapy, but died of distant metastasis 3 years after initial chemotherapy. Radiation therapy alone is a curative treatment for this rare malignant lymphoma when confined to the pelvis; but for aggressive or extensive malignant lymphomas, combination chemotherapy should be used.
feedback
Top