日本鳥類標識協会誌
検索
OR
閲覧
検索
15 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 深井 宣男
    15 巻 (2000) 1 号 p. 1-12
    公開日: 2015/08/20
    ジャーナル フリー
     栃木県渡良瀬遊水地での秋の標識調査において,1994年から2000年までの7年間で,ヨタカが51羽標識放鳥された.そのうちの31羽について写真撮影を行って比較資料とし,齢の識別点を検討した.齢の確定した再捕獲個体と幼鳥の写真,死体,換羽状態から推定される齢をもとに,各部の羽色を比較した結果,初列雨覆,大雨覆,尾羽,換羽状態に注目すれば,本種の秋における齢の識別は可能であることがわかった.また,本種の秋季における換羽様式を推定した.成鳥は繁殖地で完全換羽を開始し,外側初列風切と次列風切の一部,尾羽の一部を換羽した後,越冬地への渡りを行うが,多くの幼鳥は,繁殖地では体羽と雨覆の一部を換羽するのみで,越冬地への渡りを行うものと考えられる.
    抄録全体を表示
報告・資料
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top