日本鳥類標識協会誌
検索
OR
閲覧
検索
18 巻 , 1 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 福田 道雄, 木村 裕一, 加藤 七枝
    18 巻 (2005) 1 号 p. 1-8
    公開日: 2015/08/20
    ジャーナル フリー
     1999年から2002年にかけて,千葉県木更津市小櫃川河口にあるカワウのコロニーで,巣内の卵数を調べた.5回の調査を合わせた場合の1カ所の巣内にあった卵数の平均は2.46±0.98個で,日本での他の調査例と比較すると卵数に差異があったコロニーとなかったコロニーがあった.一方,各調査日の結果の間には有意な卵数の差があり,調査日の設定によって卵数が変化することがわかった.またこのコロニーでは繁殖開始に近い時期の方が卵数が多かった.
    抄録全体を表示
  • 広川 淳子, 浜田 強, 樋口 孝城
    18 巻 (2005) 1 号 p. 9-15
    公開日: 2015/08/20
    ジャーナル フリー
     2002年5月から10月までの間に北海道石狩市の石狩川河川敷で捕獲されたアオジ282個体について,脂肪量指標の判定と体重測定が行われた.
     皮下脂肪は,繁殖期(5~8月)およびその後の換羽期(9月)では少ないが,渡り期(10月)には増加が見られた.渡り期において,捕獲時点で脂肪蓄積がほとんどない個体もいることなどから,北海道から渡るアオジは短距離の移動とエネルギー補給のための採餌とを繰り返しながら渡ると推察された.脂肪量指標が同じであっても個体ごとの体重にはばらつきが大きく,脂肪量指標上昇に伴い有意に体重が増加したのは,2段階以上脂肪量指標が上昇した場合であった.
    抄録全体を表示
意見
  • 風間 辰夫
    18 巻 (2005) 1 号 p. 16-19
    公開日: 2015/08/20
    ジャーナル フリー
    Over the past several decades, widespread road construction in Japan has resulted in an increase in birds being killed by collisions with vehicles. In addition, during more recent years a spurt in construction of high rise buildings has also contributed to bird deaths through collisions. Based on 45 years of data, it can be estimated than an average of 100,000 birds are killed in Japan each year by collisions with vehicles, structures and utility lines and poles. The carcasses of these birds can be utilized to obtain scientific data for research, as well as for specimens to be used in environmental education. Various body measurements can be taken, and the birds can be analyzed for stomach contents, parasites and environmental chemicals such as dioxins. Preservation can be by formalin or stuffing. If stuffing is difficult, the feathers can be preserved as specimens for use in museums, schools and other education programs.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top