脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
54 巻 , 7 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著
第54 回総会シンポジウム5 polyvascular diseaseの視点から見た透析患者のイベント対策
原著
第54 回総会シンポジウム3 SFA の血管内治療:新しいデバイスの成績と問題点
総説
  • 安藤 弘
    2014 年 54 巻 7 号 p. 103-107
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/10
    ジャーナル フリー
    要旨:浅大腿動脈の血管内治療,とくに慢性完全閉塞病変においてのそれは,Crosser (Bard Peripheral Vascular, Inc.),Excimer laser,reentry device の出現により,従来の方法でのガイドワイヤー通過が困難な症例においても一定の効果を上げている。また,初期成功を得るためのdebulking device は石灰化病変やびまん性病変に有効であり,慢性期成績を上げるためのdrug coated balloon は2 年でのfreedom from target lesion revascularization は80%以上であり,drug eluting stent と同等とされている。Covered stent であるViabahn(Gore & Associates, Inc.)も長い病変において外科的バイパスに匹敵する成績を得ている。しかし,これらのデバイスによりすべてが解決される訳ではなく,今後は患者背景,病変部位,形態に合わせたデバイス選択を模索していく必要がある。
症例報告
feedback
Top