日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
ISSN-L : 0047-1801
70 巻 , 6 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
原著
  • 辻 順行, 家田 浩男
    2017 年 70 巻 6 号 p. 391-399
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    家田病院で2010年10月~2011年8月に手術した肛門狭窄を伴う慢性裂肛(58例)と高野病院で2012年4月~2014年3月に手術した肛門狭窄を伴う慢性裂肛(75例)のSSGの133例,家田病院で2009年10月~2010年9月に肛門狭窄を伴う慢性裂肛にVY-plasty(VY)を行った40例を対象として以下の結果を得た.1)皮膚弁が肛門管内に移動した距離は,SSGでは平均13mm,VYでは22mmで両者間に有意差を認めた.2)術後合併症なしの頻度はSSG対VYで81.2%対55%で有意にSSGに少なかった.3)治癒日数は,SSGでは平均37日,VYでは49日で両者間に有意差を認めた.しかし治癒の頻度はそれぞれ89%,85%で有意差は認めなかった.4)術前後の肛門内圧は肛門最大随意圧では変わりないが,肛門最大静止圧ではSSG・VY共に有意な差をもって低下した.
症例報告
  • 成廣 哲史, 諏訪 勝仁, 牛込 琢郎, 佐々木 茂真, 岡本 友好, 矢永 勝彦
    2017 年 70 巻 6 号 p. 400-403
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    患者は65歳,男性.10年前検診で受けた下部消化管内視鏡検査にて下行結腸に約3cm大の粘膜下腫瘍を指摘された.生検および画像検査で悪性は否定的であったため,経過観察されていた.その後腫瘍径,形状に著変はなかったが,最近になり血便を主訴に受診した.血液学検査でHb 7.1g/dlと著明な貧血を認め,下部消化管内視鏡検査で既知の腫瘍から出血が認められたため腹腔鏡下結腸部分切除術を施行した.病理組織学的検査では神経鞘腫の診断であった.神経鞘腫が消化管に発生する頻度は少なく,大腸原発は極めてまれである.神経鞘腫は転移,悪性化することもなく,無症状であれば経過観察されることもある.臨床症状にも特異的なものはなく,貧血を契機に手術に至った例は,PubMed,医中誌を検索した限りでは自験例を含め2例であった.
  • 鈴木 雄飛, 中村 利夫, 島村 隆浩, 岡本 和哉, 姜 建宇
    2017 年 70 巻 6 号 p. 404-410
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    症例は80歳代男性.血便を主訴に平成26年9月に当院消化器内科に受診し,肝膿瘍を合併した直腸癌と診断し,入院加療となった.抗生剤を投与し縮小を認め,10月に低位前方切除術,D3郭清を施行した.術後に脳膿瘍による左片麻痺を認めたが,抗生剤による保存的加療を行い症状の改善を認め退院となった.直腸癌と肝膿瘍,脳膿瘍を合併する症例は稀であり本症例に関して文献的考察を加えて報告する.
  • 佐々木 一憲, 高橋 知秀, 齊藤 修治
    2017 年 70 巻 6 号 p. 411-416
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    症例は48歳女性.45歳時,直腸癌および肝S6転移に対して,高位前方切除術およびS6亜区域切除術を施行した.最終診断はRS,3型,pap,pSS,pN1,pH1,sP0,cM0,ly2,v2,fStage IV,R0,Cur Bであった.術後補助化学療法(mFOLFOX6療法10クール,S-1 12ヵ月間)施行したが,初回手術より25ヵ月後のCTにて左卵巣転移,胸腹水貯留を認めた.腹膜播種も否定できず,さらに化学療法(Bmab + mFOLFOX6療法10クール)を追加した.胸腹水は消失し,左卵巣転移のみの所見であったため,単純子宮全摘術および両側付属器摘出術を施行した.その後化学療法(Bmab + FOLFIRI療法9クール,テガフール・ウラシル2年間)を追加して,現在明らかな再発,転移認めず,術後から60ヵ月経過した.卵巣転移に対するR0手術は,長期生存も可能であると考えられた.
  • 䕃地 啓市, 澤田 紘幸, 藤森 正彦, 奥川 浩一, 中塚 博文, 谷山 大樹, 谷山 清己
    2017 年 70 巻 6 号 p. 417-423
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    症例は69歳女性.便秘と便潜血陽性で当院紹介となった.大腸内視鏡検査では,S状結腸に10mm大の粘膜下腫瘍様の立ち上がりを呈した隆起性病変を認め,早期大腸癌0-Is+IIcと診断した.深達度はT1bの可能性が高かったが,患者の希望にてTotal biopsy目的に内視鏡的切除を施行,病理では,印環細胞癌を認め,深部断端陽性,脈管侵襲も指摘された.諸検査では他の原発巣や転移を疑う所見なく,大腸原発の印環細胞癌と診断,外科的追加切除を施行した.病理ではsig,pT1b,int,INFc,ly1,v1,pN2(21/32),pPM0,pDM0,pRM0,H0,P0,M0,Stage IIIbと診断した.術後化学療法を施行するも,多発骨転移発症,1.75年目に永眠された.大腸印環細胞癌は稀な組織型で予後は不良とされ,早期癌の報告は少ない.今回,T1癌の1例を経験したので報告する.
  • 吉岡 慎一, 福永 睦, 辻江 正樹, 上島 成幸, 根津 理一郎
    2017 年 70 巻 6 号 p. 424-427
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    直腸癌術後に生じた直腸膣瘻に対し,保存的加療により治癒した症例を経験したので報告する.
    症例は70歳代女性.直腸癌に対し,直腸低位前方切除術,DST吻合を行った.術後12日目より膣からの便中流出があり,直腸膣瘻と診断された.術後,絶食とし,膣洗浄およびエストリオール膣錠・クロラムフェニコール膣剤の使用を開始した.処置後14日目に肉眼的にはほぼ瘻孔は消失し,28日目には組織の脆弱性も消失し,治癒した.以降5年間,経過観察において直腸膣瘻の再発はみられない.
    本方法は非侵襲的であり,直腸術後に生じた直腸膣瘻の治療に対しては推奨すべき治療法の1つと考えられた.
  • 高津 有紀子, 盛口 佳宏, 伊東 干城
    2017 年 70 巻 6 号 p. 428-434
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    原発性腹膜癌は,腹腔内の播種病変を主体とする比較的稀な疾患である.卵巣漿液性腺癌と組織像が類似していることを特徴とし,多くは発見時に癌性腹膜炎を呈している.症例は78歳の女性で,近医で施行した腹部超音波検査で骨盤内腫瘤を指摘され,精査目的に当院に紹介となった.CTでダグラス窩に充実性成分を含む嚢胞性腫瘤と肝腫瘍を認めた.開腹所見では,癌性腹膜炎は認めず,腫瘍は直腸,子宮頚部に浸潤しており,ハルトマン手術と子宮付属器合併切除術を施行した.病理組織学的診断は,直腸,子宮頚部に浸潤する原発性腹膜癌で,直腸間膜内リンパ節に転移を認めた.術後化学療法を行い経過観察としたが,肝腫瘤は退縮し無再発生存中である.骨盤内腫瘤を認めた場合,本疾患を念頭におき,廓清範囲を含めた慎重な術式選択が肝要と考えられた.
  • 大塚 亮, 齊藤 修治, 平山 亮一, 三浦 康誠, 高石 瞳
    2017 年 70 巻 6 号 p. 435-439
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    一般的に術前処置(BTS:Bridge to Surgery)として大腸ステントを挿入する際,下部直腸癌に対しては注意が必要である.狭窄を伴う下部直腸癌に対しステントを工夫して留置し,安全に腹腔鏡下低位前方切除術を行った1例を経験した.
    63歳女性.主訴は便柱狭小化と腹痛.直腸診で肛門縁より6cmに下縁を有する全周性腫瘍を触知.CTでRaRSRbの腫瘤と,口側に多くの便塊を認めた.人工肛門を回避するため,大腸ステントを挿入.ステント肛門側端が腫瘍の肛門側にはみ出ないように留置.後日腹腔鏡下低位前方切除・両側側方リンパ節郭清を施行.第23病日に軽快退院.下部直腸癌に対するBTS目的でのステント留置は,手術時のdistal marginが過長になり推奨されていない.ステント肛門側端を腫瘍からはみ出させないことで,marginを適切に確保し,人工肛門造設を回避し安全に腹腔鏡下手術が可能であった.
  • 飯田 直子, 羽田 丈紀, 村井 隆三, 池上 雅博
    2017 年 70 巻 6 号 p. 440-444
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/25
    ジャーナル フリー
    今回われわれは,内視鏡像からクラミジア直腸炎を疑ったが,最終的に非典型な潰瘍性大腸炎と診断された1例を経験したので報告する.症例は51歳女性.排便時出血を主訴に受診.下部消化管内視鏡検査では,下部直腸に急性炎症を伴った半球状隆起を認めた.生検所見ではリンパ濾胞過形成,びまん性炎症細胞浸潤,陰窩炎,陰窩膿瘍を認めた.クラミジア直腸炎を疑ったが,症状は自然軽快し経過観察となっていた.半年後,症状再燃を認め受診.内視鏡検査では初回時同様の所見に加え,その口側に膿性粘液を伴った粗糙粘膜,易出血性がみられた.再度クラミジア直腸炎を疑い,アジスロマイシン内服による治療を行ったが効果を認めなかった.クラミジアを含めた感染症検査が陰性であったこと,潰瘍性大腸炎にも矛盾しない所見を呈していたことから,リンパ濾胞過形成を伴った潰瘍性大腸炎と診断し,メサラジンによる治療を行ったところ速やかに改善した.
編集後記
feedback
Top