日本大腸肛門病学会雑誌
Online ISSN : 1882-9619
Print ISSN : 0047-1801
ISSN-L : 0047-1801
71 巻 , 5 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
症例報告
  • 堀 義城, 新垣 淳也, 佐村 博範, 古波倉 史子
    2018 年 71 巻 5 号 p. 207-210
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/25
    ジャーナル フリー
    症例1:62歳男性.上行結腸癌stage IIIa術後補助化学療法として,Cape-OX療法を開始した.2コース目に入る際の血液検査にて乳糜反応3+であったためトリグリセリド(TG)値を確認したところ1,037mg/dlであった.Capecitabineによる高TG血症を疑い,本剤を中止したところ,改善を認めた.
    症例2:62歳男性.直腸S状部癌High risk stage II術後補助化学療法として,Capecitabine単独療法を開始した.2コース目終了時の血液検査にて乳糜反応2+であったためTG値を確認したところ1,058mg/dlであった.本剤による高TG血症を疑い,本剤を中止したところ,改善を認めた.
    Capecitabineの有害事象として,高TG血症は比較的まれではあるが,急性膵炎のハイリスク因子であり,注意すべきである.本剤内服中はTG値の厳重なfollowを要する.
  • 渡辺 和英, 竹原 朗, 芝原 一繁, 佐々木 正寿
    2018 年 71 巻 5 号 p. 211-215
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/25
    ジャーナル フリー
    症例は80歳,男性.18年前に左側進行横行結腸癌に対し左半結腸切除術施行.数年前から下血を認め,いずれも吻合部静脈瘤からの出血が疑われたが,保存加療にて改善した.今回腰椎圧迫骨折にて整形外科入院時に下血があった.内視鏡にて観察を行ったが,あきらかな出血点は指摘できなかった.その7日後に再度下血を認めた.内視鏡的な止血は困難と判断し,手術目的に当科紹介となった.術中内視鏡にて静脈瘤を確認し前回手術時の吻合部を含めた結腸部分切除術と横行結腸単孔式人工肛門造設術を施行した.患者には門脈圧亢進症は認められず,吻合操作により血流障害が生じたものと考えられた.下部消化管吻合部の晩期合併症としては極めて稀と考えられ,文献的考察を加えて報告した.
  • 大津 将路, 大熊 誠尚, 衛藤 謙, 諏訪 勝仁, 池上 雅博, 矢永 勝彦
    2018 年 71 巻 5 号 p. 216-221
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/25
    ジャーナル フリー
    30歳代男性,10年来の潰瘍性大腸炎(全大腸炎型)に対し内科的治療を受け寛解状態を維持していた.右下腹部痛を主訴に当院を受診し,急性虫垂炎の診断に至った.保存的加療を行い,軽快退院した.4ヵ月後,右下腹部痛・背部痛を主訴に再受診した.腹部CT・MRIでは回盲部に右水腎症を伴う70×50mm大の分葉状腫瘤を認めた.大腸内視鏡検査では軽症の潰瘍性大腸炎所見に加え,盲腸の壁外性圧迫による変形が認められた.虫垂開口部は確認できなかった.超音波内視鏡検査では壁外腫瘍の盲腸浸潤が疑われた.盲腸粘膜の生検では異型性や悪性所見は認めなかった.以上より虫垂腫瘍盲腸・右尿管浸潤と診断し手術を施行した.病理結果で虫垂腺扁平上皮癌(pT4bpN2 (5/29) cM0, fStage IIIb)と診断された.潰瘍性大腸炎に合併した虫垂腺扁平上皮癌は極めて稀であり,PubMed,医中誌を用い1975年から2017年の期間で検索した限り,本症例は初めての報告である.
  • 片岡 淳, 新田 敏勝, 太田 将仁, 冨永 智, 藤井 研介, 喜納 直人, 石橋 孝嗣
    2018 年 71 巻 5 号 p. 222-227
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/25
    ジャーナル フリー
    症例は82歳女性.冠動脈の精査目的にて入院され,経皮的冠動脈形成術を施行した.施行後に心肺停止し,約20分の蘇生措置ののち心拍が再開した.心肺停止後,約30日経ってから嘔吐を認めた.精査結果より回腸末端部に内視鏡では通過可能な約3cmの管状狭窄を認めた.明らかな通過障害は認めなかったが,その後も頻回な嘔吐が出現した.嘔吐の原因は回腸末端部の狭窄の可能性もあると考え,悪性腫瘍の可能性も否定できないため診断的治療目的に腹腔鏡下回盲部切除術を施行した.その後嘔吐は消失し,軽快退院となった.病理結果から虚血性小腸炎の慢性期像と診断された.心肺停止による腸管循環障害によって発症したと考えられる小腸狭窄に対し腹腔鏡下回盲部切除術を施行し,良好経過を辿った症例を経験した.
  • 豊永 敬之, 松田 博光, 壬生 隆一, 冨永 洋平, 山本 学, 祇園 智信, 吉田 佳弘
    2018 年 71 巻 5 号 p. 228-234
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/25
    ジャーナル フリー
    肛門部子宮内膜症は稀な肛門疾患で,分娩時に子宮内膜組織片が会陰切開創に移植することで発生する.今回,肛門部子宮内膜症の5例を経験した.初診時の年齢は30~43歳で,主訴は肛門の腫れと痛みであり,最終分娩から初診まで2~16年経過していた.全例に肛門前方の圧痛を伴う硬結を認めたが,皮膚の発赤や黒色変化を伴う皮膚隆起型が3例,皮膚表面には変化を認めない皮下硬結型は2例であった.肛門管超音波検査では低エコー腫瘤と描出され肛門管との連続は認めなかったが,皮下硬結型では肛門括約筋への浸潤を認めた.腫瘤切除手術は4例に行われたが,2例に再発を認め,ホルモン治療の追加が行われた.本症の診断に肛門管超音波検査は参考となりうる可能性がある.本症の皮膚隆起型と皮下硬結型では,理学的所見や肛門括約筋への浸潤度に違いを認めた.本症の治療は年齢,挙児希望,自覚症状,括約筋浸潤の程度などに基づいて選択するのが望ましい.
編集後記
feedback
Top