Zairyo-to-Kankyo
検索
OR
閲覧
検索
62 巻 , 6 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
展望
解説
論文
  • 斎田 知明, 佐藤 克明, 黒田 健介, 興戸 正純
    62 巻 (2013) 6 号 p. 224-230
    公開日: 2014/02/01
    ジャーナル フリー
    温水環境における耐応力腐食割れ(SCC)性向上のためSi,Cuを複合添加したSUS315J1が開発され実用化されている.しかし,近年,温水機器の設定温度は100℃近くまで上昇する傾向にある.さらに,温水中には様々なアニオン種が含まれているが,SCCに対するこれらの影響については明らかでない.
    SUS304,SUS315J1,SUS316およびSUS444冷延鋼板の耐SCC性を,60,95および125℃の200 mg/L Cl溶液へのスポット溶接試験片の浸せき試験により評価した.SUS315J1は,95℃以下の温度においてSUS 304やSUS 316に比べて耐すきま腐食性および耐SCC性に優れていた.
    SCCに対する各種アニオン(NO3,SO42-,CO32-およびHCO3)の影響について,200 mgL-1 Cl溶液への浸せき試験および電気化学測定により検討した.一般に腐食抑制剤として作用するこれらアニオン種を微量添加した場合,SCCに対して逆に促進作用を示すことがわかった.しかしながら,これらのアニオンを含む溶液においても,SUS315J1ではSCCを生じにくい傾向にあった.
    抄録全体を表示
  • 松田 英樹
    62 巻 (2013) 6 号 p. 231-236
    公開日: 2014/02/01
    ジャーナル フリー
    トリアゾール化合物の腐食抑制作用と半経験的分子軌道法(MOPAC7)によって導出されるパラメーターとの関係を解析し,計算化学の有効性を検証した.これらの鉄に対する腐食抑制作用は,電荷が接近したときの分子軌道の分極のしやすさに依存した.亜鉛に対する腐食抑制作用は,d →π受容性が高いものが良好であった.これらから,量子化学的なパラメーターを適切に利用すればインヒビターと金属面の相互作用の推定に役立つことを示した.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top