日本結晶学会誌
Online ISSN : 1884-5576
Print ISSN : 0369-4585
ISSN-L : 0369-4585
29 巻 , 1 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 飯高 洋一
    1987 年 29 巻 1 号 p. 1-4
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
  • 大井 龍夫
    1987 年 29 巻 1 号 p. 5-13
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    Three-dimensional structures of proteins determined by X-ray crystallography provide important clues on the molecular mechanism of protein folding, which is the last step of gene expression. The present status on the native structures revealed from the accumulated data is reviewed. Furthermore, the stability of a native conformation is dependent on the environment of a protein molecule such as temperature, and denaturation from a native state occurs as the transition of two states, the native and denatured states. The denaturation phenomenon is analyzed in terms of intermolecular interactions. The understanding of the protein architecture may be essential for the progress of the protein engineering.
  • 森山 英明, 岡田 弘輔
    1987 年 29 巻 1 号 p. 14-26
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    Recent development of genetic recombination technique for study of the function-structure relationships of protein is reviewed. After elucidation of the nature of genetic message, fundamentals in the technique, both creating recombinant DNA molecules and the isolation of cloned genes are explained and some of the in vitro mutagenesis are mentioned for futher use of the technique with some examples.
  • 松島 正明, 森川 耿右
    1987 年 29 巻 1 号 p. 27-37
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    The site-directed mutagenesis opens the doors to investigations of the fundamental nature of proteins and to additions of new valuable characters to proteins. In such circumstances, it is desired to speed up the X-ray structure analyses of protein molecules. Area detectors are expected as one of the promising outcomes of recent technical developments and it can collect diffraction intensities many times more rapidly than current instruments. One can design a new protein from the many results of these protein structure determinations and also of the closely related protein structures. [J. Cryst. Soc. Jpn. 29, 27 (1987) ] .
  • 田中 信夫
    1987 年 29 巻 1 号 p. 38-43
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    The protein engineering is expected to bear fruitful products from the industrial and scientific aspects. It is entirely based on the three dimensional structure of proteins. The recent studies on the protein structures by X-ray suggest how to modify the protein by replacement of an amino acid residue into the other. The useful protein which has not been found in the natural world will be also produced by the protein engineering, inspecting the protein structure carefully. [J. Cryst. Soc. Jpn. 29, 38 (1987) ] .
  • 冨田 研一
    1987 年 29 巻 1 号 p. 44-56
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    Firstly, the crystal structures of native ribonuclease T1 complexes with 2'-GMP, an inhibitor, and with 3'-GMP, a product, at pH 5.7 and 4.0 are described in detail, and then the cloning and expression of ribonuclease T1 gene by genetic engineering are briefly reviewed. Finally, I will discuss the structure-function relationships, especially between ribonuclease T1 with correct amino acid sequence and that with incorrect and old sequence, and also between native ribonuclease T1 and mutants replaced some amino acid residues at active center. [J. Cryst. Soc. Jpn. 29, 44 (1987) ] .
  • 安岡 則武
    1987 年 29 巻 1 号 p. 57-63
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    化学や生物学に関連した分野で, コンピューター・グラフィックスが注目されている.分子構造・結晶構造を理解するためには, 図形表示を利用するのが便利であるから, 結晶学の研究者にとって古くから馴染み深いものであった.計算機が構造解析計算に利用され, プロッターが作図に活用され, ORTEPやPLUTOなどのプログラムが構造解析に携わるあらゆる研究室で使われることとなった.
    グラフィックスは, 計算機を利用した図形表示という点から見れば, プロヅターなどと同じ種類のものであるが, その範囲に止まらないものがあると考えられる.これは, 計算機の利用が, バッチ方式からオンラインへ移るとともに, 新しい分野が拡がってきたことと軌を一にするものである.ハードウエアの進歩によって多くの計算がリアルタイムで処理できるようになったことを背景として, 分子構造のグラフィックスによる図示を媒介とした計算機化学・情報化学の発展が注目されていると言えよう.このような研究分野は, モレキュラーグラフィックスと呼ばれ, イギリスを中心としたグループが国際的な論文誌“Journal of Molecular Graphics”を季刊で発行している.急速に発展する分野であるため, モレキュラーグラフィックスとは, これこれの研究をする学問領域であると定義することは難しく, 内容は年を追って変って行くとさえ言える.複数の科学・技術に関連しており, 学際的であることも特徴である.この小文では, グラフィックスと結晶学のかかわりを中心としてこの分野の一端をご紹介したい.
  • 1987 年 29 巻 1 号 p. 64-65
    発行日: 1987/01/30
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top