J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

前身誌

日本結晶学会誌 Vol. 52(2010) No. 1

公開日: 2011年02月25日

PCover01

公開日: 2011年02月25日

PIndex01

特集 構造生物学研究の新展開

森本 幸生, 若槻 壮市

公開日: 2011年02月25日

P1

1.タンパク質構造研究に対する結晶学の役割

月原 冨武, 田之倉 優, 三木 邦夫

公開日: 2011年02月25日

P2
P3-7

田之倉 優, 永田 宏次, 宮園 健一, 宮川 拓也, 岡井 公彦

公開日: 2011年02月25日

P8-13

竹田 一旗, 平野 優, 三木 邦夫

公開日: 2011年02月25日

P14-18

2.基礎研究から応用展開に向けて

(a)包括的構造生物学基礎研究

深井 周也, 佐藤 裕介

公開日: 2011年02月25日

P20-24

前田 将司

公開日: 2011年02月25日

P25-30

加藤 博章, 佐藤 友美, 上口(田中) 美弥子

公開日: 2011年02月25日

P31-36

箱嶋 敏雄, 村瀬 浩司, 平野 良憲, Tai-ping SUN

公開日: 2011年02月25日

P37-41

(b)技術開発型研究

山本 雅貴

公開日: 2011年02月25日

P42

平田 邦生, 山本 雅貴, 松垣 直宏, 若槻 壮市

公開日: 2011年02月25日

P43-47

黒木 良太

公開日: 2011年02月25日

P48-51
P52-55
P56-61
P62-67

(c)応用指向型研究

村上 聡

公開日: 2011年02月25日

P68

吾郷 日出夫, 宮野 雅司

公開日: 2011年02月25日

P69-75

膜タンパク質結晶構造解析と創薬への可能性
-神経伝達物質トランスポーターホモログLeuTを例に-

山下 敦子

公開日: 2011年02月25日

P76-80
P81-88

井上 豪, 松村 浩由, 安達 宏昭, 森 勇介, 高野 和文, 村上 聡, 福西 快文, 中村 春木, 木下 誉富, 仲西 功, 奥野 恭史, 南方 聖司, 三上 義明, 佐久間 俊広, 北島 正人, 福岡 良忠, 高田 俊和, 坂田 恒昭

公開日: 2011年02月25日

P89-94

公開日: 2011年02月25日

P95

公開日: 2011年02月25日

PNews01

公開日: 2011年02月25日

PAnnc01

26件の該当記事より1~26件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    8月26日(土) 10:00 ~ 15:00
    ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年07月31日
    Yahoo!JAPANのOpenIDサービス終了に伴い、My J-STAGEでは、以下のOpenIDを利用したログイン機能を2017年8月26日をもって終了いたします。
     ・Yahoo!JAPAN IDでログイン
     ・livedoor IDでログイン
     ※以後はMy J-STAGE IDにてログインしてください。
  • 2017年07月31日
    2017年8月下旬に J-STAGE新画面インターフェース切替・利用規約改訂説明会を開催します(詳細はこちら)
  • 2017年07月03日
    2017年7月2日 8:06頃より一時サービスを停止しておりましたが
    2017年7月2日 19:12頃にサービスの再開を行いました。
    ご利用の皆様には大変御不便をおかけして申し訳ございませんでした。
  • 2017年06月23日
    2017年8月1日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年05月31日
    2017年4月4日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有