日本作物学会紀事
Online ISSN : 1349-0990
Print ISSN : 0011-1848
検索
OR
閲覧
検索
80 巻 , 4 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究論文
栽培
  • 渡邊 和洋, 新野 孝男, 村山 徹, 南條 正巳
    80 巻 (2011) 4 号 p. 391-402
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    定植前リン酸苗施用による定植後の初期生育の促進効果について,キャベツとトウモロコシを供試し,乾物生産特性,光合成,根の生理活性と伸長,および無機養分吸収の面から調査,解析を行った.定植前リン酸苗施用により,両作物とも,リン酸処理直後の7~14日頃までは,生育の促進は認められなかったが,その後の1~2週間に純同化率(NAR)が高まることで,生育が促進された.このNARが向上する期間は,光合成速度も高くなった.光合成速度の増加には気孔コンダクタンスの増加が寄与していたが,トウモロコシでは葉身中のリン含有率の増加も重要な要因であった.無機養分の吸収については,リンとカリ含有量が高まり,キャベツでは下位葉でも高く維持された.また,処理液に含まれるリンやカリだけでなく,マグネシウムなどの他の必須養分の吸収が促進されることもあった.一方,呼吸速度や茎基部出液速度などの根の生理活性も高まる傾向が認められ,セル苗のキャベツでは根の伸長も促進された.以上の結果から,リン酸の定植前苗施用は,リンの吸収を高めることで,光合成および根の生理活性を高め,殊にキャベツでは根の伸長も促進することで活着を早め,茎葉への水と養分の供給を促進して高い光合成活性を維持し,定植後の初期生育を促進しているものと考えられた.
    抄録全体を表示
  • 岩渕 哲也, 松江 勇次, 松中 仁
    80 巻 (2011) 4 号 p. 403-407
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    本研究では,北部九州におけるパン用コムギ品種「ミナミノカオリ」において,子実タンパク質含有率の変動要因を明らかにするために,子実タンパク質含有率と気象および収量,収量構成要素との関係について検討した.子実タンパク質含有率は収量,千粒重および登熟期間の日照時間との間にそれぞれ負の相関関係が認められ,千粒重,収量と登熟期間の日照時間との間には正の相関関係が認められた.子実タンパク質含有率と千粒重,収量および日照時間との間で偏相関をみると,千粒重のみ有意な相関関係が認められた.以上のことから,子実タンパク質含有率は千粒重の影響を強く受けるものの,子実タンパク質含有率の主たる変動要因は日照時間の多少による千粒重の変化に支配されていることが明らかとなった.また,子実タンパク質含有率と有意な相関関係が認められた登熟期間の日照時間と開花期の窒素追肥量を説明変数とし,子実タンパク質含有率を目的変数とした重回帰分析を行った結果,子実タンパク質含有率(y)は,x1を開花期の窒素追肥量,x2を登熟期間の日照時間とすると,y=12.40+0.433x1—0.00726x2 (n=18,R2=0.563,p\<0.01)の重回帰式で示された.
    抄録全体を表示
  • 磯部 勝孝, 関野 崇子, 名倉 遼平, 松浦 里香, 井上 裕子, 橋本 千恵, 高島 徹, 野々 川香織, 前川 富也, 石井 龍一
    80 巻 (2011) 4 号 p. 408-419
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    莢先熟の発生を抑え高品質なダイズを高い収量レベルで得られる播種期を明らかにすることは極めて重要な問題である.そこで本研究では関東地方で栽培されているダイズ品種を用いて播種期の違いがダイズの子実収量と莢先熟の発生に及ぼす影響を明らかにした.供試品種はエンレイとタマホマレで,2006年から2008年は圃場試験を,2009年はポット試験を実施した.播種はいずれの年も5月中旬と6月中旬の2回行った.エンレイとタマホマレ共に5月播種に比べ6月播種で葉面積指数と地上乾物重および子実収量が低下した.しかし,6月播種において栽植密度を2倍にすると,タマホマレでは5月播種と同等の子実収量を得たが,エンレイでは子実収量は増加しなかった.品種によって密植栽培に対する子実収量の反応が異なったのは,単位面積当たりの分枝節数と分枝莢数が,タマホマレでのみ密植により増加したためと考えられた.タマホマレは5月に播種しても6月に播種しても莢先熟の発生程度に差はなかったが,エンレイは5月に播種すると6月に播種した場合に比べ莢先熟の発生程度が著しくなった.5月と6月に播種したタマホマレと6月に播種したエンレイでは開花盛期から子実肥大盛期になると地上部へ供給されるサイトカイニン量が低下したが,エンレイを5月に播種した時には子実肥大盛期になってもサイトカイニンの供給量が低下しなかった.このことから,5月に播種するとエンレイで莢先熟が著しく発生した要因のひとつに,子実肥大盛期以降に木部液を通して地上部へ供給されるサイトカイニン量が影響していると考えられた.以上のことから,関東南部で高品質なダイズをより多く生産するためには,エンレイの場合は6月中旬以降に播種する必要があり,タマホマレでは5月から6月の間の播種であれば莢先熟の発生程度に差はないが,6月播種の場合,単位面積当たりの莢数を確保するため5月播種に比べ,より密植で栽培する必要がある.
    抄録全体を表示
  • 志水 勝好, 加藤 盛夫
    80 巻 (2011) 4 号 p. 420-425
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    水田条件と畑地条件でケナフを栽培し,その生育反応を比較することで,水田条件下でのケナフ栽培の可能性を検討することを目的とした.ケナフ栽培は筑波大学農林技術センターにおいて2006年および2007年に行った.ケナフ(品種:Everglades 41)を,6月上旬に水田と畑圃場に移植した.株間15 cm,条間30 cmとし,試験区として2 m×5 mを水田,畑地各3反復設けた.水田では同じ区画で飼料用水稲品種クサホナミ,雌性不稔系統 FS—1を栽培し,登熟中期まで湛水とした.茎葉生長初期(7月下旬),茎葉生長中期(8月下旬),茎葉生長後期(9月下旬),霜枯れ期(11月下旬)にサンプリングを行った.水田栽培のケナフは畑地栽培に比較して生育は劣っていたが,播種後100日目以降は,2006年,2007年ともに畑地条件のケナフの生長が緩慢になったのに対し,水田条件のケナフはさらに生長を続けていた.落水後に生育速度が高くなったこと,畑地条件に比べて残存葉数が多く,霜枯れ期まで生育が見られることから,水田で栽培する際にケナフに適した水管理を適切に行うことによって畑地条件に近い生長量に高められる可能性が考えられた.
    抄録全体を表示
  • 坂東 悟, 藤山 英保
    80 巻 (2011) 4 号 p. 426-432
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    細粒灰色低地土・灰色系の水田転換畑において,ダイズ不耕起狭畦無培土栽培(畦幅30 cm)を連作した場合の収量や品質の特徴を把握するため,慣行の耕起培土栽培(畦幅70~75 cm)を連作した場合との比較試験を行った.試験はダイズ(タマホマレ)を用い,窒素,リン酸,加里は無施用で石灰資材のみ施用し,裏作無しで7作継続して栽培を行った.試験期間中,窒素肥沃度の指標とされる可給態窒素は試験開始時と比べ7作目で不耕起区は64%,耕起区は45%まで減少した.子実収量は両処理区とも7作平均で約320 g m-2と両処理区間で差はみられず,また栽培継続による減収も認められなかったが,耕起区で子実収量の年次変動が大きかった.また,不耕起区は耕起区に比べ百粒重が小さく,大粒率が低く,茎の太さが細く,個体あたり莢数が少なく,m2当たり莢数は多いといった個体密度の違いが原因と考えられる特徴が試験期間を通じてみられた.子実タンパク質含有率は年次により変動したが,経年的な増減傾向および処理間差は認められなかった.子実カルシウム含有率は土壌中の交換性石灰含量と高い正の相関(r=0.86**)が認められ,両処理区とも5作目まで年々高くなり,試験開始時の約2.5倍となった.また,7作平均値では不耕起区の子実カルシウム含有率が高く,これは土壌管理の違いにより石灰資材の作土中の蓄積量が多いためと考えられた.等級は5作までは不耕起区が耕起区より下回ったが,6作以降は同等か不耕起区が高い傾向にあった.
    抄録全体を表示
品質・加工
  • 三枝 貴代, 川瀬 眞市朗, 堀野 俊郎, 戸田 恭子, 中村 善行
    80 巻 (2011) 4 号 p. 433-440
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    裂皮性の異なるダイズ品種を日本各地で栽培し,種皮および子葉中のカルシウム,カリウム,マグネシム,マンガン含量およびペクチン含量,ペクチンのエステル化率を測定した.易裂皮性品種であるサチユタカでは,子葉でのカルシウム含量が他の品種と比べて低かった.しかし,正常粒と裂皮粒との間には,いずれの品種においてもカルシウム量に有意差は認められなかった.また,種皮では,品種間および正常粒と裂皮粒との間に有意差は認められなかった.カリウム,マグネシウム,マンガン含量は,種皮と子葉の両方で,品種間差も,裂皮粒と正常粒との差のいずれも認められなかった.子葉でのカリウム・カルシウム含量比 (K/Ca比) も,品種間差および正常粒と裂皮粒との差も存在しなかった.しかし,同じ圃場で同じ年に同一条件で栽培された同一品種間のK/Ca比は,裂皮粒は正常粒に比べて低かった.これらのことから,ダイズの裂皮には,カルシウム含量単独でなくカルシウム含量とカリウム含量とのバランスが大きく関与していることが示唆された.一方,種皮中のペクチン量とペクチンのエステル化率は,品種間および種子の裂皮状態間で有意差は見られず,裂皮に関与している可能性は低いと考えられた.
    抄録全体を表示
品種・遺伝資源
  • 氏家 和広, 奥泉 久人, 高野 誠, 石丸 健
    80 巻 (2011) 4 号 p. 441-447
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    本研究では,遺伝的多様性に富む8品種の子実用ソルガムを用いて,栄養成長期初期の光合成関連形質における品種間差異を解析した.材料の持つ遺伝的多様性を明らかにするために,15箇所の単純反復配列の差を利用して遺伝子型多型解析を行った.その結果,用いた品種は3つの大きなグループに分類された.日本と韓国で収集された3品種は同一のグループに属したが,アフリカ4カ国で収集された5品種は異なる3つのグループに分類された.光合成速度および5種類の光合成関連形質(葉面積当たりのリブロース-1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ,ホスホエノールピルビン酸カルボキシラーゼ,窒素,可溶性タンパク質およびクロロフィル含量)において有意な品種間差異が見られた.遺伝子型多型解析によるグループ間で明確な傾向は見られなかった.光合成速度は成長速度の指標である初期の草丈との間に有意な正の相関が見られたものの,他の光合成関連形質との間に有意な相関関係はなかった.本研究の結果から,ソルガムには光合成関連形質に関して大きな遺伝的多様性が存在し,多様性を利用した改良が可能であることが示された.更に,初期の成長を改良するためには,シンク等の他の形質を考慮する必要があると考えられた.
    抄録全体を表示
収量予測・情報処理・環境
  • 松尾 和之, 濱口 秀生, 渡邊 和洋, 渡邊 好昭
    80 巻 (2011) 4 号 p. 448-456
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    ダイズ不耕起播種栽培の収量性と改善方向を明らかにする目的で,筑西市田谷川土地改良区の大規模農家において全刈りによる収量調査と広域的な苗立ち調査を実施するとともに,GPSを用いて作業履歴の収集を行った.慣行播種栽培における苗立ち不良は,排水性の低い地区の圃場で,かつ播種1-3日後に降雨があった条件に限られるのに対して,不耕起播種条件では田谷川土地改良区のほぼ全域で見られ,播種から次の降雨(10 mm以上)までに7日間以上の間隔があっても苗立ち不良が発生した.また,現地圃場における耕起・播種法の比較試験でも,小明渠浅耕播種や慣行播種で良好な出芽・苗立ちが得られたのと対照的に,不耕起播種では有意な出芽率の低下と茎疫病による出芽後の枯死株の発生が見られた.重回帰分析の結果,苗立ち不良と播種期の遅れは子実収量の減収要因として有意性を示し,特に前者の影響が大きかった.耕起・播種法ごとに得られた播種日と子実収量との回帰直線には耕起法間で有意差は見られず,不耕起播種と慣行播種の間で収量性に違いがあるとは言えなかった.播種日と子実収量との回帰式を用いて播種日の影響を補正し,圃場ごとの相対収量を算出したところ,減収程度の大きい圃場および多収を示す圃場は特定の地区に偏って分布した.この減収程度の分級をもとに収量改善のための対策を論議した.
    抄録全体を表示
研究・技術ノート
  • 小田 正人, 宝川 靖和
    80 巻 (2011) 4 号 p. 457-461
    公開日: 2011/11/02
    ジャーナル フリー
    埼玉県富士見市に,無施肥栽培を継続し,地上部作物残渣を全て持ち出しながら標準的な出荷量を実現している圃場がある.圃場の土質は典型的な関東ロームで,作土pHは5.5,NO3—Nは検出域以下,可給態Pは17 mg L-1(一般圃場並),Kは検出域以下であった.この圃場で栽培されるトマトの吸収窒素の由来を,その安定同位体自然存在比(δ15N 値)を使って推定することを試みた.無施肥栽培の対照とした隣接慣行栽培圃場は年一作で,化成肥料(100 g N m-2),堆肥(45 g N m-2)が全量元肥で施用されており, 肥料のδ15N値は各々—1.7,+9.3‰であった.土壌のδ15N値は,無施肥栽培が上層(0—20 cm)で+7.1‰,下層(20—35 cm)で+7.2‰,慣行栽培が上層で+8.9‰,下層で+7.5‰であったのに対し,トマト葉身のそれは,無施肥栽培(+3.2±0.4‰),慣行栽培(+3.0±1.0‰)ともに+3‰程度と,いずれも土壌と比較して低い値であった.慣行圃場ではこれをδ15N値の低い化学肥料の吸収による希釈として説明できるが,無施肥圃場では人為的投入物はなく,またδ15N値の相対的に高い土壌窒素の吸収からも説明できない.この無施肥栽培圃場で得られた結果は,大気窒素の固定など,相対的にδ15N値の低い窒素の流入が系外から相当量あった可能性を示唆しており,本圃場ではそれにより標準的な出荷量が実現している可能性がある.
    抄録全体を表示
日本作物学会ミニシンポジウム要旨
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top