日本作物学会紀事
Online ISSN : 1349-0990
Print ISSN : 0011-1848
84 巻 , 2 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
研究論文
栽培
  • 有澤 岳, 信岡 誠治, 玉井 富士雄, 福山 正隆
    2015 年 84 巻 2 号 p. 129-139
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    水田に鶏糞堆肥 (N:2.1%) を施用した慣行堆肥区 (1.8 tDM/10 a) および多量堆肥区 (3.6 tDM/10 a) ならびに比較として化学肥料区を設け, 2009年 (堆肥連年施用3年目) および2010年に飼料用水稲品種モミロマンおよび日本晴を栽培した.その中で,堆肥施用がモミロマンの多収要因,特に登熟期間の窒素吸収および乾物生産に及ぼす影響について検討した.その結果,モミロマンは日本晴と比較し,堆肥および化学肥料の施用に拘わらず,地上部乾物重および全窒素含量が著しく大きかった.また,穂重増加には,登熟期間中の同化量の増加が大きく寄与していることが明らかになった.多量堆肥区において,モミロマンは,葉面積および葉身の全窒素濃度が増加し,登熟期間中もそれらが高く維持されていた.さらに,モミロマンは日本晴に比べ,草丈が高く,生葉面積が一部に集中せず,上層から下層まで幅広く分布する構造であったため,下層の相対光強度の低下を抑える良好な受光態勢を維持していたと推察された.そのため,モミロマンは,日本晴より葉面積は小さいが,登熟期間中の葉面積あたりの乾物生産効率が高く,乾物生産量も日本晴より大きくなった.以上より,モミロマンは,鶏糞堆肥の多量施用により粗籾数を増加させるとともに登熟期間中の全窒素含量および乾物生産効率を高く維持したことで,粗籾重および粗蛋白質の増加を図ることが可能であった.
  • 島崎 由美, 赤坂 舞子, 渡邊 好昭, 大下 泰生, 松山 宏美, 平沢 正
    2015 年 84 巻 2 号 p. 140-149
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    製パン用コムギの子実タンパク質含有率を高める方法として,開花期前後の窒素追肥が有効である.開花期窒素追肥の子実タンパク質含有率向上効果には,開花期地上部窒素蓄積量の違いが影響する可能性が示唆されている.本研究では,開花期地上部窒素蓄積量がコムギの子実タンパク質含有率と開花期窒素追肥の子実タンパク質含有率向上効果に及ぼす影響を検討する目的で,成熟期の穂の乾物重と窒素蓄積量を開花前蓄積分と開花後同化分に分けて解析した.水田と畑の2圃場で比較した結果,子実タンパク質含有率は水田に比べて畑で高く,開花期窒素追肥に対する子実タンパク質含有率の増加割合は水田が畑よりも高かった.水田に比べ畑では開花期地上部窒素蓄積量が多く,穂の開花前蓄積窒素量が多いことによって成熟期穂窒素蓄積量が多かった.次いで,同一の畑圃場に生育するコムギにおいて,基肥の種類と量,茎立期追肥量を変えることで開花期地上部窒素蓄積量を変え,開花期追肥が子実タンパク質含有率に及ぼす影響を検討した.その結果,施肥量が多い区で開花期地上部窒素蓄積量は多く,子実タンパク質含有率が高くなった.開花期地上部窒素蓄積量が多い区では,穂の開花前蓄積窒素量が多く,開花期追肥に対する子実タンパク質含有率の増加割合は小さくなった.以上の結果から,開花期地上部窒素蓄積量は,開花前に茎葉に蓄積され開花後に穂に転流する窒素の多少を通じて,子実タンパク質含有率と開花期窒素追肥の子実タンパク質含有率向上効果に影響することが明らかとなった.
  • 池澤 和広, 遠城 道雄, 吉田 理一郎, 山本 雅史, 岩井 純夫
    2015 年 84 巻 2 号 p. 150-154
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    筆者らは,一般的に畑地で栽培されているサトイモ品種「大吉」が湛水状態でポット栽培することにより増収することを既報により報告した.そこで,湛水処理がサトイモの光合成に及ぼす影響を明らかにするために,畑地条件(畑地区)と葉身が2~3枚出葉した時期から湛水処理を開始した湛水条件(湛水区)でサトイモをポット栽培し,検討した.畑地条件下と比較して, 湛水条件下では,気孔コンダクタンスが高くなるとともに蒸散速度が速まり,さらには光合成に必須な葉緑素含量が増加し,光合成速度が高まることが認められた.また,湛水条件下では,蒸散量の増加が,日中の葉面温度の上昇を抑制し,高温による光合成速度の低下を軽減したと考えられた.
  • 石丸 知道, 荒木 雅登, 荒木 卓哉, 山本 富三
    2015 年 84 巻 2 号 p. 155-161
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    中華めん用コムギ品種「ちくしW2号」 において,子実タンパク質含有率が12%以上となる穂揃期後の窒素追肥時期について重窒素標識硫安(以下,15N標識硫安)を用いて明らかにした.穂揃期および穂揃期後 7日の追肥では,生産年の違いに関係なく,安定的に子実タンパク質含有率が12%以上と高かった.また,成熟期における追肥窒素利用率および追肥窒素寄与率(子実窒素含有量に占める穂揃期後追肥由来の窒素含有量の割合)と穂揃期追肥時期との間には,有意な負の相関関係が認められた.穂揃期および穂揃期後 7日の追肥では,子実における追肥窒素利用率が概ね60%で,子実窒素含有量に占める穂揃期後追肥の寄与率が30%と高かった.穂揃期後14日の追肥では,施肥後の降雨の有無によりコムギの窒素吸収が影響を受け,穂揃期後21日および28日の追肥では,追肥窒素利用率が低く,寄与率も低かったことから成熟期の子実窒素含有量が少なく,子実タンパク質含有率は安定して12%以上を確保できなかった.これらのことから,硫安を施肥する場合,穂揃期後の追肥によって子実タンパク質含有率が安定して12%以上となる追肥時期は,追肥窒素利用率が60%,追肥窒素寄与率が30%程度以上となる穂揃期および穂揃期後 7日の間と判断された.
  • 渡邊 和洋, 松﨑 守夫, 松尾 和之, 渡邊 好昭
    2015 年 84 巻 2 号 p. 162-175
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    不耕起播種栽培を基軸とする水田輪作体系において,コムギの播種前に十分量のリン酸を熔成リン肥で施用するとともに,コムギとオオムギにカリを追肥することで,ダイズおよび水稲については無リン酸,無カリ栽培とし,作付体系を通じた総リン酸,カリ施肥量を大幅に削減する施肥体系を立案し,これらが各作物の収量および土壌の化学性に及ぼす影響を4年間にわたって調査した.リン酸,カリを慣行施肥量のそれぞれ55~80%,30~55%(移植水稲の施肥体系を対照とすると,それぞれ45~66%,23~42%)にまで削減した場合でも,各作物の収量は,慣行施肥と同等を維持できた.一方,土壌の可給態リン酸も慣行施肥と同等を維持できたが,交換性カリは減肥施肥体系により低下した.したがって,カリの減肥率はやや緩和する必要があると考えられた.また,減肥の直接の影響ではないが,水田輪作の継続に伴いpHとCECが低下する傾向が認められ,アルカリ資材や有機物の施用を含めた効率的かつ持続的な施肥体系のさらなる検討が必要である.
品質・加工
  • 張 欣, 崔 中秋, 崔 晶, 松江 勇次, 尾形 武文, 楠谷 彰人
    2015 年 84 巻 2 号 p. 176-181
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    中国人の食味に対する嗜好性に裏打ちされた食味官能評価方法を確定するために,福岡県産の日本品種を用いて中日両国のパネルによる食味官能試験を行った.総合評価,外観,味,粘り,硬さの各食味評価項目において,中国人パネルと日本人パネルとの間には有意な正の相関関係が認められた.すなわち,パネルが異なっても,日本産品種の食味に対する評価傾向は同じであった.しかし,品種別に総合評価をみると,日本人パネルでは評価が劣ったにもかかわらず中国人パネルでは優れるという品種が存在した.中国人パネルと日本人パネルの米の食味評価の違いは,用いた中国産水稲品種群の特有の特性ではなく,嗜好性の差によるものと考えられた.また,総合評価に対する各評価項目の寄与は中日両国パネルで異なり,中国人パネルでは味と外観,日本人パネルでは外観と粘りの寄与が大きかった.硬さについては,日本人パネルは軟らかい方を好むが,中国人パネルは硬い方を好むという嗜好性の違いが認められた.
  • 田中 一生, 平山 裕治, 丹野 久
    2015 年 84 巻 2 号 p. 182-191
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    北海道と兵庫県の酒造好適米について農業特性と酒造適性を比較し,今後の北海道の酒造好適米に改善が必要な酒造適性を明らかにした.北海道の酒造好適米として 「吟風」,「彗星」,「きたしずく」 を,兵庫県の酒造好適米として 「山田錦」,「五百万石」,「兵庫北錦」 を用いた.農業特性と酒造適性の比較には,それぞれ水稲奨励品種決定基本調査のデータと醸造用原料米全国統一分析結果を利用した.北海道の酒造好適米は兵庫県の酒造好適米に比べ,優点として,m2当たり穂数が多いため玄米収量が多く,稈長が短いため倒伏程度が小さく,腹白率が低いため玄米品質が高く,砕米率が低かった.一方,欠点として,千粒重が軽く,20分吸水率と蒸米吸水率が低く,粗タンパク質含有率が高かった.なお,北海道の酒造好適米は兵庫県の酒造好適米に比べカリウム含有率が低く,無効精米歩合,120分吸水率,直接還元糖,フォルモール態窒素および心白発現率には,両地域間に明確な差が認められなかった.北海道の酒造好適米の粗タンパク質含有率が兵庫県の酒造好適米に比べ高かった要因として,窒素施肥量が多かったことが考えられた.北海道の酒造好適米の評価を高めるためには,千粒重を増加させ,20分吸水率と蒸米吸水率を高め,粗タンパク質含有率を低下させることが必要である.
収量予測・情報処理・環境
  • 菅田 慎平, 川﨑 友寛, 角 明夫
    2015 年 84 巻 2 号 p. 192-200
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    窒素(N)固定量を評価するために,0 gN pot-1 施肥条件で育てたササゲ(0Nササゲ)とトウモロコシ(0Nトウモロコシ)の N 吸収量を比較した.同時に,根粒が着生した 0Nササゲ の水利用効率(WUE)と5 gN pot-1を施肥することで作出した根粒非着生ササゲ(5Nササゲ)の WUE を比較した.生育初期から全乾物重の増加を停止した0Nトウモロコシに対して,固定Nの供給を受けた0Nササゲでは全乾物重の増加が継続した.WUE は生長が強く阻害された5Nササゲのほうで全生育期間を通して高く,また5NササゲのWUEが実験期間内においてほぼ一定値で推移する傾向を示したのに対して,0Nササゲの WUE は 0Nササゲと0Nトウモロコシの間のN吸収量の差が大きくなるにつれて低下した.これらの結果は,N 固定がなかった WUE が予測できれば,それと N 固定ササゲの WUE とを比較することで N 固定量評価が可能であることを示唆している.
  • 菅田 慎平, 角 明夫, 岩下 瑞希
    2015 年 84 巻 2 号 p. 201-208
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    窒素(N)固定植物は非固定植物より水利用効率(WUE)が低く,同量の乾物を生産するのに非固定植物より多くの水を消費している.この現象が混植条件下でも検出できるかについて検討した.N 固定を行わないトウモロコシとヒマワリの混植ポットからの積算蒸発散量(∑ET)は,単植条件下で認められた各作物の WUE と混植条件下でのそれぞれの作物の全乾物重(W)を用いて算出した積算蒸散量(∑T,=W/WUE)と地面からの積算蒸発量(∑E0)の合計量に一致した.一方,トウモロコシと根粒着生ササゲの混植ポットからの実測∑ET は,トウモロコシの WUE と5 gNO3-N pot-1を施用することで作出した根粒非着生ササゲで得られたWUEを用いて上述と同様の手順で算出した∑ETよりも大きく,また両者の差とN固定量の間には有意な正の相関関係が認められた.これらの結果は,根粒非着生植物の WUE が推定できれば,∑ETとWの測定を介した共生的窒素固定量の推定法は混植条件下にも適用できることを示している.
研究・技術ノート
  • 藤井 昭裕, 中村 聡, 鍋谷 佳太, 後藤 雄佐
    2015 年 84 巻 2 号 p. 209-212
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル フリー
    スイートソルガムにおいて,茎伸長開始期は,外観からでも茎を認識できるようになる時期であり,茎体積と深い関連がある茎基部に位置する節間の形状が形成される時期でもある.しかし,各節間が葉鞘で隠されていることから,茎伸長開始期の定義付けが難しく,また,その時期を外観だけからの生育調査では正確な判断をすることができなかった.前報では,収穫時の節間長が10 cmに最も近い基部節間を選び,その節間の伸長盛期を展開葉数から推定し,これを茎伸長開始期とした.本報では,より簡便な推定方法として節間長パターンと展開葉数を用いた茎伸長開始期の推定方法を考案し,従来の推定方法と比較した.その結果,節間長パターンを用いた推定方法でも,従来の方法と同様に茎伸長開始期を推定できることが分かった.このような節間長パターンを用いた推定方法では,全個体ひとつひとつのデータに戻る必要がなく,従来の方法より,利用価値が高いと考えられた.
情 報
連載ミニレビュー
feedback
Top