日本作物学会紀事
Online ISSN : 1349-0990
Print ISSN : 0011-1848
検索
OR
閲覧
検索
84 巻 , 4 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究論文
栽培
  • 大平 陽一, 佐々木 良治
    84 巻 (2015) 4 号 p. 345-350
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    収穫時に脱落した飼料イネ種子の漏生抑制を目的に,時期別の種子埋土試験を2ヶ所で行った.広島県福山市の水田(標高2 m,以下,福山)では,「クサノホシ」の種子を10月中旬に圃場表面に置床し,10月中旬~下旬に埋設すると,越冬後の発芽指数(越冬後に発芽能力を有する種子含有率)は11月中旬~12月上旬の埋設処理および圃場表面越冬処理より著しく低下した.また,福山では「クサノホシ」より種子休眠の深い「中国飼189号」でも10月中旬~下旬の埋設処理で越冬後の発芽指数は低くなったが,その低下程度は「クサノホシ」より小さかった.福山における越冬後の発芽指数と越冬処理後に調査した発芽痕のある種子の割合とは負の相関関係にあったことから,秋季の種子埋設で発芽する,もしくは発芽の生理代謝が進み,越冬中に死滅して越冬後の発芽指数が低下したと考えられた.また,発芽痕のある種子の割合は,下限温度を10℃として地温および気温に基づく年内の有効積算温度がそれぞれ130および100℃・日以上を得られる場合に高止まりし,これらの温度が得られる時期の秋耕で漏生抑制を図れる可能性が示された.高標高地の島根県飯南町の水田(標高425 m,以下,飯南)でも「クサノホシ」と「中国飼189号」は圃場表面越冬処理よりも10月中旬の埋設処理で越冬後の発芽指数が低下した.しかし,「クサノホシ」ではその程度が福山よりも小さかった.また,飯南では,越冬後の発芽指数が低くても必ずしも発芽痕のある種子は福山ほど多く含まれていなかった.このような地域間差異は,秋季以降の降水量や地温の差異に起因すると推察され,適切な飼料イネ品種の選定と耕起時期の設定が必要と考えられた.
    抄録全体を表示
  • 荒木 英晴
    84 巻 (2015) 4 号 p. 351-357
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    北海道の秋まきコムギでは,これまでイネ・ムギの分げつ性を示した同伸葉同伸分げつ理論との差異を検討したことがなく,分げつ出現様式も知られていない.そこで本報では,北海道の基幹品種きたほなみの分げつ出現様式を3ヵ年調査し,理論値との差異を検討した.また,品種による差異を検討するためにゆめちから,つるきちの分げつ出現様式も調査した.きたほなみでは,同伸分げつの規則性と比較し,1次分げつではT1に差はなかったがT2,T3はやや早く,T5以降は遅れることが明らかとなった.2~4次分げつでは,T13を除いた分げつ節位で出現が早く,2次分げつでは0.5~0.7葉,3次・4次分げつでは0.7~1.3葉早く出現した.また,分げつ出現後の葉齢の増加はいずれの分げつ節位でも主茎葉齢の増加とほぼ等しく,同伸葉の規則性が認められた.また,品種間で比較すると,いずれの品種も同伸分げつの規則性より出現は早かったが,つるきちは生育初期の分げつ節位できたほなみ,ゆめちからより有意に遅れた.以上のことから,北海道の秋まきコムギでは同伸分げつの規則性との不一致が認められ,生育初期から分げつの出現が早いことが明らかとなった.また,品種によって生育初期の分げつ出現に早晩がみられたが,北海道の秋まきコムギでは越冬前の出現分げつで穂数が決定され,収量も変動することから,越冬前の分げつ出現の早晩に着目することで,多収品種の効率的選抜が可能になると推察した.
    抄録全体を表示
  • 辻田 泉, 大森 誉紀, 木村 浩, 杉本 秀樹
    84 巻 (2015) 4 号 p. 358-368
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    愛媛県のハダカムギ主要3品種(マンネンボシ,ハルヒメボシ,ヒノデハダカ)について,10月下旬の早播きと12月中旬の晩播きの場合における収量と品質の特徴について検討した.早播きは短日条件であるため,播種~出穂期の生育日数が長く初期生育が旺盛となり,全粒数の増加を通じて多収を得やすい反面,暖冬年には過繁茂の害が,晩霜年には凍霜害が発生し,穂数や1穂粒数が減少した.なかでもヒノデハダカやハルヒメボシでこの傾向は強かった.また開花期の葉中全窒素含有量の増加は,硝子率の上昇と精麦白度の低下をもたらした.一方,晩播きは長日条件であるため,播種~出穂期の生育日数が短く全粒数が減少し,低収となりやすく,低温年や厳冬・暖春年ではその傾向が強まった.また玄麦タンパク質含有率や硝子率の上昇,および精麦白度の低下に加え,登熟期の降雨害による容積重や等級の低下をもたらした.
    抄録全体を表示
  • 磯部 勝孝, 佐藤 竜司, 坂本 成吾, 新井 達也, 宮本 美沙, 肥後 昌男, 鳥越 洋一
    84 巻 (2015) 4 号 p. 369-377
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    本研究ではキノアの品種「NL-6」の光エネルギー利用効率と物質生産量を高めることで多くの子実収量を得る栽植密度について検討した.試験は3 ヵ年行い,2012 年と2013 年は畝幅を50 cm または30 cm に固定して,栽植密度を変えて試験を行った.2014 年は栽植密度を固定して,畝幅と畝当たりの個体数を変えて試験を行った.畝幅50 cm の場合,開花盛期や子実肥大盛期の吸光係数や地際相対照度は区間に差がなく開花盛期から子実肥大盛期の個体群生長速度や子実収量にも差がなかった.畝幅30 cm の場合,1 m2 当たりの個体数を100 個体から400 個体に増加させると開花盛期や子実肥大盛期の吸光係数が高まり,それに伴って地際相対照度が低下した.しかし,開花盛期から子実肥大盛期の個体群生長速度や子実収量に区間差が認められなかった.さらに栽植密度を固定して畝幅を15 cmから60 cmに設定したところ,畝幅が狭くなるのに伴い開花盛期や子実肥大盛期の吸光係数が高まり,地際相対照度が低下した.しかし,開花盛期から子実肥大盛期の個体群生長速度や子実収量には区間差が認められなかったが,畝幅が広くなると分枝の穂が発達して子実収量を確保することが明らかになった.これらのことからキノア品種 「NL-6」 は 1 m2 当たり50 個体から100 個体以上確保できれば畝幅に関係なく子実収量は一定になり,それ以上の栽植密度にしても子実収量はあまり増加せず,最適な栽植密度は1 m2 当たり 50 個体から100 個体であると考えられた.さらに3 年間のデーターを込みにして子実収量と様々な生育パラメータとの間での相関関係を調べたところ,子実収量は子実肥大期の地上部乾物重と高い正の相関関係にあることが明らかになった.従って,キノアの品種 「NL-6」 の子実収量を高めるためには子実肥大期の地上部乾物重を高めればよいと考えられた.
    抄録全体を表示
  • 塩津 文隆, 豊田 正範, 楠谷 彰人
    84 巻 (2015) 4 号 p. 378-385
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    1粒重とm2あたり粒数ならびに出穂期と成熟期の全乾物重のデータを用いて,コムギの国内新旧品種ならびに外国品種計50品種のソース・シンク比による収量構造の違いを明らかにした.シンクの潜在能力を評価するために,開花期に穂の上部2/3を切除し,この穂に着生した粒の粒重を限界1粒重(PKW)として測定した.穂を切除しない無処理の粒重を1粒重(KW)とし,潜在的能力に対して実際に充填できている割合をシンク充填歩合(KW/PKW)としてソース・シンクのバランスを評価した.なお,出穂期から成熟期までの全乾物重の増加量を収量の 「出穂後同化分」として評価し,1粒重と粒数の積で表される収量のうち,出穂後同化分を除いた 「出穂前蓄積分」の収量に対する割合(出穂前蓄積分割合)を評価した.シンク充填歩合は,1980年以後に育成された国内品種が平均値で0.783と,それ以前に育成された国内品種の0.730に比べて高かった.外国品種では,出穂期の遅い品種で0.751~0.810と高かった.出穂前蓄積分割合は,1980年以前に育成された品種で30%を超える高いものが21品種中9品種みられた.外国品種の中には負の値を示すものもあり,収量生産が出穂後同化分のみで賄われていたことをうかがわせた.これら50品種をシンク充填歩合0.741を境として高いもの(I)と低いもの(II)に,出穂前蓄積分割合21.2%以上のもの(A),0~21.2%のもの(B),0%以下のもの(C)で分類した.
    抄録全体を表示
品種・遺伝資源
  • 吉村 泰幸
    84 巻 (2015) 4 号 p. 386-407
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    近年,環境への負荷軽減に配慮した持続的な農業の推進が求められている中,高い乾物生産能力を持ち,水や窒素を効率的に利用するC4植物は,食用だけでなくエネルギー作物としても利用が期待される植物資源である.しかしながら,その特性を活用した研究は少なく,基礎的な知見も数種の作物を除いて十分でない.本研究では,雑草を含む多様なC4植物を有効に活用するための第一歩として,国内に分布するC4植物の一覧を作成した.国内には,真正双子葉類8科19属62種,単子葉類3科72属357種,合計11科91属419種のC4植物が分布することが確認された.1990年に報告された種数と比較すると,真正双子葉類で19種,単子葉類で157種増加した.真正双子葉類のキツネノマゴ科,ムラサキ科,ナデシコ科,ザクロソウ科,ゴマノハグサ科におけるC4植物の国内での分布は当時と同様に確認されなかったが,ハマミズナ科,キク科,フウチョウソウ科におけるC4植物の分布が新たに確認された.単子葉類では,トチカガミ科水生植物のクロモが水中の低CO2濃度条件下でC4型光合成を行うことが報告されており,C4型光合成を行う単子葉類は3科となった.C3-C4中間植物については,これまでC4植物と考えられていたザクロソウモドキがC3-C4中間植物であることが判明し,新たに5種の帰化種の分布が確認され,計6種となった.また新たに確認されたC4植物について,真正双子葉類の84%,単子葉類の46.8%が栽培種を含む帰化種であり,作物としての導入や輸入穀物原料等への混入を介してC4植物を含む雑草種子が国内に侵入している現状を反映していると考えられた.
    抄録全体を表示
収量予測・情報処理・環境
  • 中野 聡史, 熊谷 悦史, 島田 信二, 鮫島 良次, 大野 宏之, 本間 香貴, 白岩 立彦
    84 巻 (2015) 4 号 p. 408-417
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    我が国のダイズ主要品種であるリュウホウ,エンレイ,フクユタカの発育モデルを作成し,気温上昇がダイズの発育に及ぼす影響を「メッシュ農業気象データ」を用いて広域的に推定した.発育モデルによる推定値と実測値との誤差は,出芽期~開花期で1.4~2.2日,開花期~子実肥大始期で1.2~2.8日になった.また,温度勾配チャンバーにおける気温上昇処理の結果も圃場試験と同一のパラメータにより推定可能であった.気温の変化による発育速度の変化は,中生品種であるリュウホウとエンレイで大きく,晩生品種のフクユタカで小さかった.平均気温から3℃の上昇を想定した場合の発育への影響は,播種期が早く気温が低い東日本で影響が大きく,開花期が5~7日程度早まる地域もみられた.一方,播種期が遅く温暖な九州では気温上昇による発育への影響はほとんどみられなかった.東日本では発育速度の温度反応性が比較的大きい中生品種を用いていることに加え,栽培期間の気温が温度反応性の大きくなる温度域と近いため,気温上昇による発育速度への影響が大きくなったものと推察された.
    抄録全体を表示
研究・技術ノート
  • 古畑 昌巳
    84 巻 (2015) 4 号 p. 418-425
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    本研究では国内外138品種・系統のイネを供試して,乾田直播栽培における低温乾燥土中出芽性および出芽関連形質について評価を行った.その結果,低温乾燥土中播種条件における出芽速度と播種後35日目の出芽率および初期生育量との間には高い正の相関関係が認められた.この出芽速度と嫌気発芽条件での鞘葉の伸長速度との間には有意な相関関係は認められず,低温乾燥土中出芽性の良否に嫌気発芽条件での鞘葉の伸長性は寄与していないことが示唆された.また,この出芽速度と発芽速度との間には有意な正の相関関係が認められ,発芽の遅速が出芽の遅速に影響し,最終的な出芽・苗立ち率および初期生育量が異なることが示唆されたことから,早期の発芽が乾田直播栽培の出芽・苗立ち向上にとって重要であると考えられた.
    抄録全体を表示
  • 白土 宏之, 大平 陽一, 山口 弘道, 福田 あかり
    84 巻 (2015) 4 号 p. 426-431
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    寒冷地において無コーティングの水稲催芽種子の湛水直播栽培実現のために,代かき用ハローと播種ユニットとして使う施肥機,鎮圧ローラーからなる代かき同時播種機を試作した.この播種機を用いた催芽種子の湛水直播栽培技術の開発に当たり,代かき回数と播種様式を決めるために,代かき回数と播種様式が苗立ち,生育,倒伏,収量に与える影響を調査した.代かき回数は事前の粗代かきなしの代かき1回と粗代かきありの代かき2回の2水準,播種様式は播種部分が帯状の幅広条播と散播の2水準とし,2010年から2013年の4年間秋田県大仙市で試験を行った.代かき2回は1回より2葉期の草丈,葉齢が大きかったが,最高茎数,倒伏,出穂期および成熟期の乾物重,収量に差はなかった.葉齢進展が早いことの除草上の有利性や,苗立率が高い傾向を考慮して,今後,代かき2回を基本として技術開発することとした.播種様式は苗立ち,初期生育,最高茎数,倒伏,乾物重,収量に影響を与えなかったので,種子拡散板の構造が単純で,植被率が大きい傾向にあることで除草に有利な可能性のある散播を基本に技術開発することとした.
    抄録全体を表示
  • 千田 野風生, 韓 東生, 渡邊 肇, 高橋 能彦
    84 巻 (2015) 4 号 p. 432-438
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    水稲の葉緑素計(Chlorophyll meter)はリアルタイムで葉色が測定でき,試験データの蓄積も豊富なことから国内の水稲栽培において研究や普及指導機関等で広く使用されている.しかし,個葉の一部を測定しているため,群落の代表値を求めるには多数点を調査することから相当な調査時間を必要とする.近年,一般家庭にも普及しているデジタルカメラを利用し,撮影画像からコシヒカリの群落葉色を評価した.市販の画像解析ソフトを利用し,コシヒカリ群落画面のカラー画像をRGB画像に分離後,2値化し原カラー画像との合成画像を,比較・演算した.色標準として水稲用葉色票を撮影時に画面下部に同時に写しこんで検量線を作成した.最高分げつ期,幼穂形成期,出穂9日前と何れも色度で算出した葉色票相当値と葉緑素計値の相関係数はr=0.80以上と高く有意な関係がみられた.この結果,本手法による水稲葉色の評価方法は葉緑素計に代替できると判断できた.また,計測も葉緑素計に比べ簡便で軽労であり,高温登熟が予想される緊急時の穂肥診断にも適している.
    抄録全体を表示
  • 福嶌 陽, 太田 久稔, 梶 亮太, 津田 直人
    84 巻 (2015) 4 号 p. 439-444
    公開日: 2015/10/29
    ジャーナル フリー
    東北地域の飼料用水稲品種においては,育苗の際に種子の発芽・出芽が不良となることが問題となっている.その原因を解明することを目的として,飼料用を含む20の水稲品種・系統を用いて,温湯消毒および低温浸種が発芽に及ぼす影響を調査した.60℃・30分の長期間の温湯消毒によって,発芽率は低下した.その低下程度は,主食用品種よりも飼料用品種,糯品種,インド型品種で大きかった.東北地域の主な飼料用品種の中では,「べこごのみ」,「べこあおば」,「いわいだわら」,「うしゆたか」,「夢あおば」で発芽率が特に低下した.また,穂発芽状態の種子は,温湯消毒によって発芽率が顕著に低下したことから,穂発芽性が“易”の飼料用品種は,種子が穂発芽状態にあり,温湯消毒によって発芽率が低下する危険性があると推察された.12℃の低温および5℃の極低温の浸種試験においては,東北地域の主要な飼料用品種の中で「べこごのみ」,「べこあおば」,「いわいだわら」が5℃の極低温によって発芽率が低下した.以上の結果から,東北地域の飼料用水稲品種の一部においては,長時間の温湯消毒や極低温の浸種によって,発芽率が低下する危険性があると推察された.
    抄録全体を表示
情 報
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top