大学図書館研究
Online ISSN : 2186-103X
Print ISSN : 0386-0507
ISSN-L : 0386-0507
98 巻
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
小特集:大学図書館と国際化
  • 勝又 美智雄
    2013 年 98 巻 p. 1-10
    発行日: 2013/08/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル オープンアクセス

    2004年に秋田市郊外に開学した公立大学法人・国際教養大学(Akita International University = AIU)は「国際的に活躍できるグローバル人材の育成」を目標に,教育内容を国際標準に準拠してコード化し,すべての授業を英語で行い,単位取得も厳格化した上,1年間の留学を義務付けている。「理想の大学づくり」を旗印に事実上の全寮制で,図書館も教育改革の一環として「24時間365日オープン」で運営しており,大学の国際化と図書館の国際化を重ね合わせたモデルケースになることを目指している。

  • 関 秀行
    2013 年 98 巻 p. 11-18
    発行日: 2013/08/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル オープンアクセス

    慶應義塾大学メディアセンターでは海外の図書館・図書館活動との連携を重視した図書館運営を行っている。目録フォーマットと図書館システムの国際標準化を基盤に,Googleブックス図書館プロジェクト,OCLC Research Library Partnershipなどの国際的な活動に参加しており,職員の海外図書館研修にも力を入れている。本稿では,それぞれの活動を概観として報告し,「国際化」を支える背景について述べる。

  • 嶋田 晋, 福井 啓介
    2013 年 98 巻 p. 19-25
    発行日: 2013/08/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル オープンアクセス

    本稿では筑波大学附属図書館における国際インターンシップの受入について報告する。筑波大学附属図書館では平成21(2009)年度より釜山大学及びハワイ大学からの国際インターンシップ学生の受入を行っており,通常のインターンシップのノウハウを用いてカリキュラムを構成するなどの対応を行っている。国際インターンシップ学生には概ね好評であるが,主に言語面をはじめとする課題がある。

  • SCHMIDT, Maxine G.
    2013 年 98 巻 p. 26-33
    発行日: 2013/08/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル オープンアクセス

    The Science and Engineering Library of the University of Massachusetts Amherst serves many international students from East Asia, who use the library very differently from their fellow American students. Though they spend many hours there, they seldom ask librarians for research help, use Google for most of their research, and consequently are unaware of some very useful resources provided by the library. In order to understand the expectations of East Asian students, the author visited academic libraries in China, Japan and South Korea, and found important differences from U.S. libraries. Some of these can be assigned to dissimilar academic cultures, but some originate from the different training of librarians in East Asia and the U.S. The author includes some observations and examples of successful and inexpensive professional development events for librarians held in the northeast U.S.

  • 西脇 亜由子
    2013 年 98 巻 p. 34-39
    発行日: 2013/08/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル オープンアクセス

    マサチューセッツ大学アマースト校理工学図書館 (Science and Engineering Library of the University of Massachusetts Amherst) では,東アジアからの多くの留学生にサービスを行っているが,その図書館の使い方は米国人学生とかなり異なる。彼らは図書館で長時間過ごすが図書館員に研究支援を求めることはほとんどなく,研究の大部分でGoogleを利用する結果,図書館が提供するかなり有用な情報源に気付かない。東アジアの留学生の期待を理解するため,筆者は中国,日本,韓国の大学図書館を訪問し,米国の図書館との重要な相違点を見出した。それは東アジアと米国における学術文化の差異から生じている場合もあるが,図書館員教育の違いにもよると考えられる。筆者は,本稿でいくつか所見を述べるとともに,米国北東部で成功している低料金の図書館員研修企画の事例にも触れる。

  • 内島 秀樹, 杉田 茂樹, 鈴木 雅子, 西薗 由依, 土出 郁子
    2013 年 98 巻 p. 40-50
    発行日: 2013/08/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル オープンアクセス

    デジタルリポジトリ連合(Digital Repository Federation, DRF)は国立情報学研究所のCSI事業による財政支援等により,機関リポジトリに関する国際的な連携活動を行ってきた。本稿では,これらの活動の内,機関リポジトリ関連の国際会議に数年にわたり継続的に参加した経験を踏まえて,国際会議での口頭発表,ポスターセッション,海外のオープンアクセスジャーナルへの投稿等の実際とノウハウについて報告する

論文
新館紹介
編集後記
feedback
Top