日本歯科医学教育学会雑誌
Online ISSN : 2433-1651
Print ISSN : 0914-5133
32 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
原著
  • 中山 美和, 高田 頌子, 木瀬 祥貴, 西山 航, 泉 雅浩, 有地 淑子, 内藤 宗孝, 荒木 章純, 有地 榮一郎
    2016 年 32 巻 1 号 p. 3-10
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー

    抄録 歯科放射線に関する臨床研修の目標としては, まず口内法エックス線撮影およびパノラマエックス線撮影が, 放射線の影響や防護についての患者への説明を含めて問題なく実施できることと考えられる. われわれの施設でもこれを第1の目標としているが, 本論文では, われわれの行っている臨床研修を評価するために, 口内法撮影の技能向上の詳細と臨床研修後の満足度に関するアンケート調査の結果を分析した.

     対象は平成24年度と26年度にわれわれの施設で臨床研修を行った研修歯科医とした. 口内法の撮影技能は研修初日と最終日に撮影されたエックス線写真を比較検討した. 満足度に関するアンケートは臨床研修終了時に7項目について行った.

     口内法撮影は, 全体的には初日と比較すると最終日で良好となっており, 臨床研修の効果が得られたと考えられる. しかし, 水平的角度と垂直的角度においては一般的にも難易度が高いとされる部位で, 臨床研修の効果を示す結果が得られず, さらなる臨床研修の必要性が示唆された. アンケート結果では撮影の上達を実感できたとする回答が口内法撮影, パノラマ撮影ともに高率であった. また, 大多数 (98.4%) の研修歯科医が放射線・画像診断科での臨床研修を有意義と評価していたことからも, 臨床研修の意図が十分に伝わったと考えられる.

     以上より, 臨床研修の効果は十分にあると考えられたが, 不十分な点も明らかとなり, 臨床研修プログラムの修正を検討する必要性が示唆された.

研究報告
  • 関口 洋子, 合場 千佳子, 野村 正子, 市川 順子, 須田 真理, 小倉 千幸, 池田 利恵, 小口 春久
    2016 年 32 巻 1 号 p. 11-21
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー

    抄録 日本歯科大学東京短期大学では, 歯科衛生士教育課程終了後, 1年制の専攻科を設置し, 専門性をもった歯科衛生士の育成を行っている. 本学専攻科の教育目標の一つに指導的立場の歯科衛生士の育成を挙げており, 専攻科では教育研修を実施している. 本学専攻科歯科衛生学専攻では 「歯科検査・口腔保健管理実習」 の科目において, 専攻科生が女子中学生・高校生を対象に, 感染予防に関する衛生教育を行うことを教育研修として位置づけ授業を展開した. 本研究の目的は, 専攻科生に対する教育研修の有効性を明らかにすることとした. 専攻科生に対して衛生教育を実施する前に, 教育研修の準備に関するアンケート調査を行い, 衛生教育実施後に衛生教育全体を振り返り自己評価を行った. その結果, 衛生教育実施後の自己評価では, 専攻科生全員が教育研修は有意義であったと回答した. また, 相手の反応を確認しながら授業をすることが大切という回答があったことからも, 衛生教育の経験を通して, 教育に求められるのは知識だけではなく, 技術や態度も身につける必要があるということを学ぶことができ, 有意義であることが示唆された.

  • 中村 太, 佐藤 拓実, 塩見 晶, 奥村 暢旦, 石﨑 裕子, 伊藤 晴江, 中島 貴子, 藤井 規孝
    2016 年 32 巻 1 号 p. 22-28
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー

    抄録 歯科医師に求められる基本的な手技要件には, 適切に器材を扱うことに加え, それぞれの処置に適した力を患者や患歯に加えることが含まれる. しかしながら, 治療時の力のコントロールの教育は困難であるため, 学生や研修歯科医にとってはこれを経験的に学習せざるをえないのが現状と思われる. そこで, 今回処置時の力のコントロールに関する教育法の基盤形成を行うことを目的として, 学生と歯科医師が処置時に患者に加える力の差を調査した. 被験者は臨床実習中の新潟大学歯学科5年生10名と臨床実習および臨床研修の指導教員を務める歯科医師10名の計20名とした. 力の計測は下顎に電子秤を取り付けたマネキンを用いて行い, 対象処置には繊細な力から比較的大きな力を要するものとして歯周ポケット検査, 歯肉圧排, 感染歯質除去, 部分床義歯装着, 全部鋳造冠装着の5種類を選択した. 得られた結果は学生群, 歯科医師群に分けて統計学的処理を行い, それぞれについて有意差の有無を検証した. 結果を比較すると, 小さな力で行う処置では学生が歯科医師より大きな力を加えており, 大きな力を要する処置ではこの反対の傾向がみられた. 今回対象とした5つのすべての処置について学生群と歯科医師群で計測された力の大きさに有意差が認められ, 歯科医師群では処置間の比較においても有意差が示された. 以上より, 治療時の力のコントロールと術者の経験は密接に関係することが示唆された.

調査報告
  • 石﨑 裕子, 中島 貴子, 伊藤 晴江, 奥村 暢旦, 小林 哲夫, 魚島 勝美, 髙木 律男, 興地 隆史, 藤井 規孝
    2016 年 32 巻 1 号 p. 29-36
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー

    抄録 より安全な歯科医師臨床研修の運営を推進するために, 新潟大学医歯学総合病院歯科総合診療部において臨床研修歯科医が報告したインシデントを集計・分析した. 提出されたインシデントレポートを基に, 平成18年度から平成26年度までの9年間に報告された歯科医師臨床研修に関するインシデントの数, 種類, 患者影響レベル, 原因, 年度別の発生率について調査した. その結果, 研修歯科医を当事者とするインシデントは77件で, 研修歯科医のみがかかわったインシデントは71件であった. インシデントの内容では歯科治療が55件と最も多く, それらはさまざまな診療場面で発生していた. 歯科治療のなかでは軟組織損傷・火傷が26件と最も多かった. そのため患者影響レベルは3aが多かった. 原因は技術不足, 確認不足, 観察不足, 判断力不足, 知識不足などが複数影響していた. 研修歯科医1人当たりの年間インシデント発生数は0.1~0.6件で, 1診療当たりのインシデント発生率は0.03~0.43%と推計された. 調査期間内での推移を調べると, 対策として実施している事例紹介や危険予知トレーニングの工夫でインシデントの発生件数は減少傾向にあるものの, 今後も諸々の対策を継続・充実させる必要が示唆された.

  • 紺井 拡隆, 北野 忠則, 菊池 優子, 大井 治正, 小川 文也, 前田 照太
    2016 年 32 巻 1 号 p. 37-46
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー

    抄録 平成18年度から24年度の大阪歯科大学附属病院単独型臨床研修での研修歯科医の診療実績を調査した.

     患者ごとに診療内容を処置行為別に診療内容記載用紙に記入し, その用紙を基にファイルメーカー社FileMaker Pro® ver. 13を用いて構築したデータベースに入力, 集計した.

     診療形態は総合診療方式を採用し, 2名一組で診療した. 研修歯科医数は, 最多年度で39名, 最少年度で28名であった.

     担当患者数は, 1年間約1,000人, 診療回数は約7,300回で, 診療日数は年間約220日, 1日30回以上の診療があり, 研修歯科医は1日に2回以上診療したことになった. 診療処置別では, 歯周基本検査回数は年間約870回でその後除石, SRPへと進むため, 担当患者のほとんどに歯周基本治療を実施していた. 次に高頻度のものではコンポジットレジン修復が年間約400歯で, メタルインレー修復および鋳造冠を合わせたよりも多くなった. 歯内治療では, 抜髄と感染根管治療を合わせて年間約170歯を治療していた. 口腔外科に関する治療では, ほとんどが抜歯であり, 年間約325歯のうち20%が前歯であった. 抜歯以外の口腔外科症例では, 囊胞摘出, 歯根端切除などの小手術の症例が年間数例であった. 欠損補綴に関しては, 年間総義歯約25床, 局部床義歯約120床, ブリッジ約25装置であった.

     ブリッジや抜歯以外の外科処置などの少数症例については, 今後, なんらかの研修補完を検討する必要を認めた.

feedback
Top