心身健康科学
Online ISSN : 1882-689X
Print ISSN : 1882-6881
検索
OR
閲覧
検索
12 巻 , 1 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究報告
  • 大谷 喜美江, 冨澤 栄子, 筒井 末春
    12 巻 (2016) 1 号 p. 1-9
    公開日: 2016/02/22
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,Daily Upliftsのレジリエンスへの影響を,日常いらだち事およびコーピングの特性を踏まえ検討する事である.方法は横断的質問調査であり,2014年5月に労働者1,300名へ電子メールで調査を依頼した.調査項目は,属性,レジリエンス尺度 (RS),日常いらだち事尺度 (DHS),コーピング特性簡易尺度 (BSCP),筆者作成のDaily Uplifts 30項目である.分析方法は,RS総得点を従属変数とした階層的重回帰分析で,属性,DHS総得点,BSCP下位尺度,Daily Uplifts項目を順次モデル1~4として投入した.
    調査回答者は502名であった.階層的重回帰分析の結果,高いレジリエンスへの有意な独立変数は,BSCPの問題直接解決・視点切替,Daily Upliftsの,楽しい・嬉しい・心地が良い出来事の想像,友人や仲間とのコミュニケーション,暮らしに滞りがない,が含まれた.
    労働者のレジリエンスは,Daily Upliftsと関係しており,特に労働者の心のヘルスプロモーションへの活用可能性が示唆された.
    抄録全体を表示
第21回日本心身健康科学会
特別講演
シンポジウム講演
日本心身健康科学会 ニュース
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top