総合健診
Online ISSN : 1884-4103
Print ISSN : 1347-0086
ISSN-L : 1347-0086
43 巻 , 6 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著
  • 岡本 康子, 尾川 朋子, 馬場 武彦, 田島 哲也, 矢内 邦夫, 角田 徹, 近藤 太郎, 高橋 俊雅
    2016 年 43 巻 6 号 p. 649-656
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
    【目的】生活習慣病予防健診で慢性腎臓病(CKD)が疑われる受診勧奨者の受診動向を調査し、より有効なCKD対策を検討する。
    【方法】全国健康保険協会東京支部で実施した生活習慣病予防健診を2012年度と2013年度の2年連続で受診した586,766人(平均年齢50.6歳、男性63.6%)において、血清クレアチニンによるeGFRと試験紙法による尿タンパク定性検査区分の結果をもとにCKD重症度分類を行い、2年連続「赤」「オレンジ」および「黄」に分類された受診者でeGFRが前年度から1.0mL/min/1.73m2 以上低下した健診受診者をCKD高リスク群とし、直近1年間のレセプト情報から医療機関の受診歴がない未治療者を受診勧奨者として抽出した。この受診勧奨者の受診先の動向を調査する目的で、東京都内在住者に対して、東京都医師会の協力を得て受診受付医療機関を対象に無記名アンケート調査を施行した。また、腎機能を視覚的に示すeGFRグラフを作成し、受診勧奨文書に添付した群と添付しなかった群のアンケート返送率を比較検討した。
    【結果】586,766人のうち、CKD高リスク群の未治療者は5,210人(0.83%)であり、そのうちの東京都内在住者2,468人(CKD重症度分類「赤」94人(3.8%)、「オレンジ」501人(20.3%)、「黄」1,873人(75.9%))に対して受診勧奨文書と受診先医療機関に記入・返送してもらうアンケート調査用紙を送付した。受診医療機関から345人分(14.0%)の返送を得た。アンケート回答の分析から、62.0%が「初診」で、直近1年間に高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満症・腎臓病でない疾患で受診している再診者が38.0%と推定された。受診先が腎臓専門医は31.9%(110名)、かかりつけ医は68.1%(235人)であった。かかりつけ医は、受診者の66.0%(235人中155人)を「自院で治療継続または経過観察する」、8.9%(21人)を「腎臓専門医に紹介する」と回答した。アンケート返送率はeGFRグラフの添付群が非添付群より有意に高かった。
    【結論】かかりつけ医は、健診後のCKD対策に重要な役割を担っている。かかりつけ医の活躍と腎臓専門医との連携と役割分担でCKD対策が進むことが期待される。
  • 片山 友子, 水野(松本) 由子
    2016 年 43 巻 6 号 p. 657-664
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
     総務省の調査によると、20代のインターネット利用は99%を超え、スマートフォンでの利用は約88%となっており、スマートフォンの使用者は急増している。インターネットは情報収集やコミュニケーションのツールとして利便性が高いが、一方で、インターネット依存が心身に悪影響を与える可能性が指摘されている。本研究では、スマートフォンの利用率が高い大学生を対象に、インターネット依存傾向のある者の健康度および生活習慣、気分状態の関連性について検討を行った。
     インターネット依存傾向尺度による分類から、インターネット依存傾向群をⅠ群、非依存群をⅡ群とする2群に分類した。この2群について、心身の健康および生活習慣、気分状態の調査を行い、その特徴を分析した。
     調査の結果、対象者156名中、Ⅰ群は58%、Ⅱ群は42%であった。Ⅰ群はⅡ群と比較すると、身体的健康度、精神的健康度、睡眠の充足度が有意に低値を示した。Ⅰ群は、睡眠不足のため、昼間に眠たくなり、勉強がスムーズにはかどらず、大学生活に影響を及ぼしていることが示唆された。また、就寝時間が遅くなることから夜食の習慣化が生じ、目覚めの体調不良から朝食の欠食などがみられ、イライラ感や肥えすぎ・やせ過ぎなどにも繋がると考えられた。心理検査では、Ⅰ群はⅡ群と比較すると、不安感、抑うつ感、イライラ感がつのっていることが分った。これらの結果から、ネット依存傾向のある者は、睡眠習慣と身体的および精神的健康に相互に悪影響を与える可能性が示唆された。さらに、Ⅰ群の約65%にインターネット依存傾向があることを自覚しているが、約17%には自覚がなく、依存傾向が進行する可能性が示唆された。
     依存が深刻化する前に予防教育を行い、インターネット依存が生活習慣や心身の健康に与える危険性について啓発することが重要であることが示唆された。
技術報告
  • 船津 和夫, 前澤 純子, 秋山 ゆかり, 山下 毅, 近藤 修二, 小原 啓子, 横山 雅子, 水野 杏一
    2016 年 43 巻 6 号 p. 665-670
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
    【目的】「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」2014年度版により胃内視鏡検査は任意型および対策型胃がん検診に推奨されることになった。胃内視鏡検査時の観察の妨げとなる有泡性粘液を含む胃粘液をプロナーゼを用い除去することにより検査時間の短縮、見落としのない精度の高い検査が施行可能となる。われわれはプロナーゼの溶解に重曹の代わりにアルカリイオン水を用いた簡易前処置法を考案し、その基礎的ならびに臨床的有用性を報告した。今回は胃炎の有無、ピロリ菌の有無別に簡易前処置法の胃内視鏡検査への有用性を検討した。
    【対象と方法】対象者は健康診断ならびに外来受診者のうち胃内視鏡検査を受けた686名中プロトンポンプ阻害薬、H2受容体拮抗薬を服用していない609名である。胃切除者は除外した。対象者をプロナーゼを含む簡易前処置を受けた処置群(404名)と受けていない対照群(205名)に分けた。胃粘液除去効果は有泡性粘液の程度により点数化した。
    【結果】胃炎の有無による有泡性粘液の程度は対照群、処置群のいずれも慢性胃炎(過形成性胃炎、萎縮性胃炎を含む)では正常胃、表層性胃炎に比べ増加していた。なお、処置群の泡の程度は対象群に比べ軽度であった。ピロリ菌の有無別の検討では、ピロリ菌陽性者は陰性者に比べ慢性胃炎の頻度が高く、有泡性粘液も多い傾向にあった。また、ピロリ菌の有無にかかわらず処置群は対照群に比べ、有泡性粘液は少なく、処置群においてピロリ菌陰性者では陽性者に比べ有意に有泡性粘液が減少していた。
    【結語】有泡性粘液は慢性胃炎やピロリ菌感染胃で増加しており、胃内視鏡検査の妨げになる可能性が示唆された。プロナーゼを用いた簡易前処置により有泡性粘液が効果的に除去され、内視鏡検査の観察能が向上するため、簡易前処置法は早期胃癌の発見に有用と考えられた。
大会講演
日本総合健診医学会 第44回大会
  • 堀江 正知, 中田 博文, 上野 しおん, 川波 祥子
    2016 年 43 巻 6 号 p. 671-678
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
     健康診断は、19世紀のアメリカ合衆国で、移民の感染症スクリーニングや保険加入者の資格審査として始まり、その後、健康志向のある会社役員の疾病予防対策として発展した。わが国では各種の法令で規定された結核対策として発展し、現在は、事実上、がんや循環器疾病のリスクに対する保健指導の機会となっている。科学論文のレビューによれば、対象疾病を特定せずに多項目の健康診断を行っても総死亡率が下がる確証はない。受診者に有益となる科学的根拠がなくても、一般市民、医療職、行政担当者は健康診断に大きな期待を寄せている。一方、本来の語意である健康度を診断する検査法は普及していない。労働衛生分野の健康診断は、「職場環境による曝露や影響を監視するサーベイランス」又は「職業性疾病を発見するスクリーニング」の機能を果たすべきである。生体試料を用いるサーベイランスは生物学的モニタリングとも呼ばれ、ILOや学術団体が示すガイドラインに準じて、心身への侵襲性がなるべく低い検査法を選択し、その結果は作業環境測定結果とも合わせて総合的に評価する。労働者に症状や所見を認めた場合は、職場や作業の実態を調査して関連性を評価し、職業性疾病を見逃さないように留意する。なお、雇入れ前に採用候補者を選別する健康診断は実施すべきでない。健康診断の関係者は、その企画、実施、結果報告、情報管理の各工程で、バイオエシックスに配慮して、受診者の自律、利益、安全、公平性を侵害しないように努める。特に、法定項目でない検査を行う際は本人の同意を取得する仕組みを確立する。また、安易に過剰な検査を実施しないように配慮し、ミスや誤診の防止対策を徹底する。適切な質を保障するには、健康診断を専門とする医療職が企画する段階から参画して、最新の科学を適用し、検査の精度を維持し、受診者がその結果を疾病予防や健康増進に役立てるよう促すことが望ましい。
feedback
Top