日本エネルギー学会誌
検索
OR
閲覧
検索
95 巻 , 5 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
投稿論文
論文
  • Youichi HIRATA, Takumi AOKI, Keigo NAKASHIMA, Satoru MIYAZAWA
    95 巻 (2016) 5 号 p. 441-447
    公開日: 2016/05/31
    ジャーナル フリー
    我々は,第1象限と第4象限において,I-V カーブを従来よりも正確に取得する進んだ技術を提案している。本研究では,様々な劣化状態にあるモジュールのI-V カーブを評価するにあたり,日射強度依存性を調べることに重きをおいた。I-V カーブは,様々な日射強度で得られた第1象限と第4象限で掃引されたものである。そこで,太陽電池セルの等価回路における4定数,つまり直列抵抗(Rs),分路抵抗(Rsh),ダイオード因子(n),飽和電流(A)を分析した。様々な日射強度でRs値が求まり,同じ型式のモジュールでは,それぞれの値が安定していた。Rsはストリングにおけるモジュールの劣化,断線の検出に用いられる可能性がある。同様に,RshnA も診断の指標に用いられることが期待できる。診断の指標として4定数が用いられる実用性を探るため,様々な日射強度に対する4定数の値を調べた。
    抄録全体を表示
  • 森泉 由恵
    95 巻 (2016) 5 号 p. 448-456
    公開日: 2016/05/31
    ジャーナル フリー
    タイ政府は,ガソリンの代替燃料としてのガソホールの利用促進を目的として,2003年から様々な政策を実施してきた。本研究の目的は,タイでこれまでに行われたガソホール推進政策について,社会経済および環境の観点から評価することである。ガソホール政策分析用に改良した産業連関モデルを用いて,ガソホールの普及拡大がもたらす影響を,国内歩留まり率の変化,GHG排出量の変化,雇用者所得の変化という3 つの視点から評価した。新たなモデルは,タイの2005年産業連関表をベースとし,既存部門を分割するとともにガソホール生産に関連する部門を新設することで作成した。分析結果から,以下の知見が得られた。第一に,ガソホールの利用拡大は,生産波及効果の国内歩留まり率を高め,国内産業の発展に寄与する可能性をもつ。第二に,ガソホールの導入は,ガソリン消費量を削減することにより,国全体のGHG排出量削減に貢献する。一方で,ガソホール製造にともなうGHG排出量は無視できないほどに大きい点にも留意する必要がある。
    抄録全体を表示
  • Afsana AKTHER, Tofael AHAMED, Tomohiro TAKIGAWA, Ryozo NOGUCHI
    95 巻 (2016) 5 号 p. 457-467
    公開日: 2016/05/31
    ジャーナル フリー
    Urban solid waste management is a complex issue and an integrated concept in the developing world. In this study, we proposed a model for handling solid waste generation, collection, separation, and reduction. The model would help to manage municipal waste using a spatial geodatabase for waste disposal site selection and the location of suitable composting sites. The selection of composting sites for the conversion of organic waste to compost can reduce the volume of wastes and enhance urban agriculture. In this research, several factors in waste generation, including primary waste-generating site selection, road networks, municipal waste sites in sensitive locations, reasons for illegal waste dumping sites, and waste segregation were included. The interrelationships between these factors and manual waste handling, unsuitable techniques, limited manpower, logistics, and landfill scarcity conditions were investigated. Multi-criteria analysis was applied for the identification of suitable waste sites and selection of suitable composting sites for the promotion of urban agriculture. Thus, the research suggested a participatory approach for the reduction of domestic waste by source-separation and waste-conversion techniques. To map and visualize variation, Geographic Information System (GIS) was used to show the waste collection scenario, including sensitive locations, simultaneously dealt with several factors that were considered in the planning of waste management in a part of Dhaka City. A suitable composting site must follow environmental safety criteria in isolating waste and converting organic waste to compost with no risk to the environment. On the basis of exclusionary criteria, decision factors, and standardization and weighting of factors, a final suitability map was produced and potential locations for composting were identified. One of the notable outcomes of this research work was investigation of the most suitable site for composting, so as to introduce and promote urban agriculture.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top