日本エネルギー学会誌
検索
OR
閲覧
検索
95 巻 , 9 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
投稿論文
論文
  • Andres M. TUATES, Aileen R. LIGISAN, Ofero A. CAPARIÑO
    95 巻 (2016) 9 号 p. 859-867
    公開日: 2016/09/30
    ジャーナル フリー

    Carbonized rice hulls (CRH) and carbonized corn cobs (CCC) obtained during the utilization of PHilMech designed biomass furnaces were used as raw materials in the production of fuel briquettes. Two types of briquetting machines were used in the experiments and cassava starch was applied as binding agent during the formulation of samples. The briquettes were evaluated in terms of their physical and thermal properties. Results showed that the average density of CRH briquettes produced in screw-type machine was higher than the briquettes produced in piston-type machine. This observation can be attributed to the higher pressure applied in the screw-type machine. However, the briquettes made from the piston-type machine were found to be more durable compared to the one produced in screw-type machine, which can be associated with the high concentration of binding agent as required when using the piston-type machine. The optimum formulation using piston-type briquetting machine is 10% binding agent for CRH and 12.5% for CCC. For screw-type briquetting machine, 2.25% binding agent is ideal for both CRH and CCC. The resulting energy values and combustion qualities of the briquettes produced from the carbonized based fuel briquettes were sufficient to produce the required heat for industrial application.

    抄録全体を表示
  • Hitoshi SAIMA, Kenji ASAMI, Michio YOSHIDA, Yasuhiro MOGI
    95 巻 (2016) 9 号 p. 868-873
    公開日: 2016/09/30
    ジャーナル フリー

    鉄鉱石上でのグリセリンの分解反応を研究した。主生成物は一酸化炭素,水素およびメタンである。ところが,平衡計算では,メタン濃度は1%以下であった。生成ガスの低位発熱量は16 MJ/m3であった。分解反応後,鉄鉱石はヘマタイトからマグネタイトに還元されていた。鉄濃度の高い鉄鉱石ほど高いガス収率を与えた。一方,反応前の鉄鉱石の比表面積は触媒活性と関係がないようである。滞留時間の試験結果から,全ての生成物はグリセリンから直接生成していることが示された。それゆえ主たる反応はC3H8O3 → 2CO+CH4+H2+H2Oであると提案された。

    抄録全体を表示
技術論文
  • 長谷川 賢太, 千葉 正毅, 和氣 美紀夫, 和田 大志
    95 巻 (2016) 9 号 p. 874-880
    公開日: 2016/09/30
    ジャーナル フリー

    本研究は,人工筋肉(ソフトアクチュエータ)素子として知られる誘電エラストマーが有する発電性能に注目した。誘電エラストマーを利用した小型水力発電の可能性とその性能を評価するために,簡易型の原理証明用デバイスを作製し回流水槽にて実験を行った。この発電機構は一様水流中に固定された円管の後流に発生するカルマン渦により駆動し,効率的に誘電エラストマー発電を可能にした。本機構の重要な要素である翼は円管の後方に設置され,カルマン渦による圧力を受けて振動させ流体エネルギーを機械エネルギーに変換する。その機械的外力により誘電エラストマーによって電気エネルギーへと変換される。直径60 mmの円管を用い翼のスパンとコード長をそれぞれ120 mmと30 mm,翼と円管の距離を170 mm,流速を0.50 m/s時に,発電効率約3.6%で約16 mWの平均出力パワーを確認した。

    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top