ランドスケープ研究
Online ISSN : 1348-4559
Print ISSN : 1340-8984
ISSN-L : 1340-8984
66 巻 , 4 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
CONTENTS
特集
研究論文
  • 三瓶 由紀, 藤咲 雅明, 池口 仁, 武内 和彦
    原稿種別: その他
    専門分野: その他
    2003 年 66 巻 4 号 p. 320-326
    発行日: 2003年
    公開日: 2003/08/29
    ジャーナル フリー
    代表的な抽水植物であるマコモ (Zizania latifolia) が生育する, 都市近郊の近自然小河川において, 表流水および土壌間隙水の栄養塩量の変化の測定によるマコモの浄化機能の把握, マコモの刈り取りにおける栄養塩の総除去量の推定, の2つの調査を通じて, 今後の河川における浄化対策について検討を行った。その結果, 近自然小河川における抽水植物の浄化機能は, 表流水には確認できず, 夏期の土壌間隙水に対して現れることが明らかになった。また, 抽水植物による浄化機能が有効性を示しうるのは, 汚濁の進行していない河川であることが, 刈り取りによる栄養塩除去量の推定により推測された。
  • 大澤 啓志, 日置 佳之, 松林 健一, 藤原 宣夫, 勝野 武彦
    原稿種別: その他
    専門分野: その他
    2003 年 66 巻 4 号 p. 327-336
    発行日: 2003年
    公開日: 2003/08/29
    ジャーナル フリー
    The significance of biodiversity has been widely accepted in recent years. In this context ecological information are indispensable for regional landscape planning in both urban and rural areas. In the present study, we propose a procedure to estimate species distribution in a rural area using amphibians as materials. Estimation model of potential habitats was constructed based on the relationship between amphibian species composition and land attributes. The investigation of amphibians in 24 sites was performed in and around Mito city, central part of Ibaraki prefecture as a case study. The percentage of inhabitation of each species was calculated by the current situation of the amphibians in the investigation sites, and the 8 types of fauna composition were identified using TWINSPAN. Then, landform types and vegetation types were classified by GIS. And the discriminant function which classifies each fauna composition type was computed. In the first stage, it was divided into hilly areas and plateau/lowland areas by landform classification. Hilly areas are characterized by habitation of three amphibian species; Hynobius tokyoensis, Rana ornativentris and Rana rugosa. In the following stage, the more detailed division of each fauna composition type, which was explained mostly by the present situation of Hyla japonica, Rhacophorus schlegelii and Bufo japonicus formosus was possible by using vegetation classification. The discrimination ratios of predicted inhabitation were between 65 - 86 %. We calculated the potential habitation possibility of amphibian species in the non-investigated area using the obtained distinction function formula. The map of the predicted habitat of amphibians was created about 840 km2 of the case study area with a grid cell of about 1km around. In addition, verifying investigation was conducted at 13 sites and the validity of the predicted potential habitat map was accepted. By establishing a series of research flows for the prediction technique, the application of a broader-scale landscape planning was attained.
  • 鈴木 依理子, 越澤 明
    原稿種別: その他
    専門分野: その他
    2003 年 66 巻 4 号 p. 337-342
    発行日: 2003年
    公開日: 2003/08/29
    ジャーナル フリー
    白石公園は1942年に都市計画決定され, 同時に2カ年継続事業として事業決定もされた。白石公園の特徴は風致地区と一体となって計画されたこと, 公園面積の40%が市民農園として計画されていたこと, そして同時期に計画された5公園の中で最大の面積であったことがあげられる。本稿では, こうした特色ある白石公園が戦後, 自作農創設地の対象となり, その結果大きく規模を縮小せざるをえなくなった経緯についてまとめたものである。戦前決定の都市計画公園の事業化に関しては詳しく述べられたものが少なく, 特に札幌に関しては皆無である。そのため本稿は日本の都市計画行政を振り返るにあたって意義あるものである。
feedback
Top