情報メディア研究
Online ISSN : 1349-3302
Print ISSN : 1348-5857
ISSN-L : 1348-5857
15 巻 , 1 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
研究ノート
  • ―コミュニケーションを中心として―
    吉元 涼介, 芳鐘 冬樹, 鈴木 崇史
    2016 年 15 巻 1 号 p. 1-13
    発行日: 2016/07/01
    公開日: 2016/07/01
    ジャーナル フリー
    本研究は,利用者のコミュニケーションの状況や立ち寄る店舗の業種業態に着目して,商店街とショッピングモールの特徴を明らかにした.大宮駅東口方面の商店街,岩槻駅周辺の商店街,イオンモール浦和美園,それぞれにおいて利用者への質問紙調査を行った.質問紙調査の結果をもとに,ランダムフォレストによる回答者の分類実験を行ったところ,地区による差異が大きい項目は,利用者の属性,立ち寄り場所,同伴者,コミュニケーションの相手と内容などであることがわかった.特に,同伴者の有無・種別,すなわち,来訪時の集団形成に大きな違いがあることが示唆された.商店街の中でも,繁華街にある商店街(大宮)は,ランダムフォレストによる分類が難しく,地方の商店街(岩槻)と共通する特徴(同伴者の傾向)を持つ一方,ショッピングモール(浦和美園)と共通する特徴(コミュニケーションの傾向)も持つことがわかった.
論文
  • 小河 邦雄
    2016 年 15 巻 1 号 p. 14-25
    発行日: 2016/09/30
    公開日: 2016/09/30
    ジャーナル フリー
    研究シーズ探索のための検索では検索語が明確でないことが多い.そのため,広い概念で検索すると大量の検索結果の中に研究シーズとなりうる情報が埋もれてしまうという問題がある.本稿では探索的フィルタリングとして,効率的なシーズ調査の方法を提案する.病名で Chemical Abstracts を検索し,得られた文献情報を既知の薬理メカニズム情報辞書でフィルタリングし,医薬研究に関する研究シーズリストを作成した.実験では病名の breast cancer で文献を検索し,索引情報のフィルタリングで新奇な薬理メカニズムのシーズリストを得た.CA の索引情報を利用する本稿の探索的フィルタリングによって,大量の文献からでも研究シーズを見出すことが期待できる.新奇情報リスト作成は容易ではないが,本論文で示した方法によって研究シーズの調査が改善されると考える.
  • 小河 邦雄, 岩澤 まり子
    2017 年 15 巻 1 号 p. 26-37
    発行日: 2017/03/22
    公開日: 2017/03/22
    ジャーナル フリー
    探索調査のためには広い概念でデータベースを検索する場合が多く,大量の検索結果が得られた場合は調査者の過剰な情報負荷となる.本研究では探索的フィルタリングを使用した新しい探索調査の方法を提案する.研究テーマ探索を主題として文献データベースを検索し,得られた文献情報を作成した既知の知識辞書でフィルタリングして低頻度の新奇な情報のみを抽出した.実験では疾病名で文献を検索し,索引情報のフィルタリングで新奇な薬理メカニズムのシーズリストを得た.特に PubMed API を使用した一般語の除去,同義語検出により,大量の情報を半自動的に処理することを可能とした.大量の情報から低頻度で価値のある情報を入手する方法は重要と考える.
書評
feedback
Top