日本救急医学会雑誌
Online ISSN : 1883-3772
Print ISSN : 0915-924X
ISSN-L : 0915-924X
1 巻 , 3 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 丸藤 哲, 手戸 一郎, 北見 公一
    1990 年 1 巻 3 号 p. 145-152
    発行日: 1990/12/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    クモ膜下出血患者20例を対象として,発症急性期の血液凝固線溶系の変化とその影響因子を新しい分子マーカーを用いて検討した。fibrinopeptide A (FPA), fibrinopeptide Bβ15-42 (FPBβ15-42), α2Plasmininhibitor-plasmin-complex (α2PI-Pl-C), D-dimerはおのおの発症直後に29.4±6.6ng/ml, 34.0±6.8ng/ml, 9.9±3.8μg/ml, 4,803±2,232ng/mlと著増し第3病日まで持続した。tissue plasminogen activatorは抗原量,活性ともに有意の変動を認めなかった。FPA/FPBβ15-42は発症直後の0.89±0.17より1病日以後,有意に低下した。発症直後のFPA, FPBβ15-42はHunt and Kosnik分類のgradeと有意の正相関を認め,死亡例は生存例より高値であった(FPA: 39.7±7.9ng/ml vs 5.3±3.1ng/ml, p<0.01; FPBβ15-42: 44.8±8.2ng/ml vs 8.7±1.8ng/ml, p<0.001)。また心呼吸停止症例では発症直後のFPBβ15-42は他の重症例より有意に高かった(55.7±7.5ng/ml vs 19.6±6.2ng/ml, p<0.05)。動脈瘤clipping術後のFPA (9.4±3.6ng/ml vs 14.9±3.8ng/ml, p<0.05), FPBβ15-42 (12.1±2.7ng/ml vs 21.1±5.0ng/ml, p<0.005)は術前より増加した。D-dimerとFPBβ15-42 (r=0.593, p<0.01), α2PI-Pl-C (r=0.759, p<0.001)の間には正相関を認めた。結論として,重症クモ膜下出血急性期には血液凝固線溶活性の著しい亢進を認めた。両活性は発症直後は同程度に増加するが以後,線溶活性の亢進が著しく,これは動脈瘤破裂による血腫および持続するthrombin産生により形成されたfibrin clotsに対して内因性線溶機序の活性化された二次線溶の結果である。これらの結果の解釈にあたっては手術および心呼吸停止の影響を考慮する必要がある。
  • 篠原 隆, 塚本 一, 竹島 美子, 鈴木 聖道, 高沢 昇, 出村 紳一郎, 木村 正之
    1990 年 1 巻 3 号 p. 153-160
    発行日: 1990/12/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    1987年4月から1989年3月までの2年間の帝京大学医学部附属病院精神科時間外救急外来受診患者390名のうち,精神科医が診察し身体的救急処置を必要と判断,救命救急センターへ診療を依頼し入院となった症例は10名であった。全10例が当院精神科外来通院中の再来患者で,全例が薬物・毒物による自殺企図であった。うち9例は精神科医の処方による薬物を過量服薬し,残り1例はparaquatの致死量服毒であった。3例は,いったん内科医に処置を仰いだものの,内科病棟の処置や観察が十分に可能な観察室が満床のため救命救急センターに入院した。全10例のうち,過去にわれわれが直接治療に関与した自殺企図の既往のある者は4例を数えた。救命救急センターでの在院期間は,嚥下性肺炎の重症化例と死亡例を除いた8例は1日から4日と短期間であった。転帰に関しては,精神科外来通院5例,精神科病棟転科3例,関連精神病院転院1例,死亡退院1例であった。一方,同期間に精神科救急外来から救命救急センター以外の各科に診療依頼された症例は9例あった。内訳は,内科6例,脳神経外科2例,皮膚科1例であった。内科への6例のうち3例は自殺企図例で,2例は過量服薬にて内科病棟へ,1例はトイレ洗浄剤の服毒で精神科病棟へ入院した。内科への自殺企図以外の3例と,脳神経外科,皮膚科に診療依頼となった3例はいずれも外来処置のみにて帰宅した。精神科救急外来から他科に診療依頼した自殺企図患者の自殺手段は,全例で過量服薬・服毒であり,精神科医が専門家による身体的治療の必要を判断した場合,救命救急センターあるいは内科のどちらに依頼するかは明確な基準はないものの,最終的には救命救急センターに依存している状況が明確であった。また救命救急センターには,当院精神科からの診療依頼にて入院するよりもはるかに多数の自殺企図患者が入院しており,リエゾン精神科医による迅速なケースワークと精神科合併症病棟の整備が望まれる。
  • 岡田 保誠, 佐々木 勝, 三井 香児, 都築 正和
    1990 年 1 巻 3 号 p. 161-165
    発行日: 1990/12/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    One fatal case of postburn acute hemorrhagic necrotising pancreatitis is reported from a clinico-pathological viewpoint. Venous stasis of the pancreas caused by burn-induced myocardial depression, followed by the development of systemic endotoxemia, might be causative factors of this fatal complication. The importance of prevention of endotoxemia in severely-burned patients is emphasized.
  • 横田 順一朗, 山村 仁, 鴻野 公伸, 松岡 哲也, 岸川 政信, 杉本 侃
    1990 年 1 巻 3 号 p. 166-170
    発行日: 1990/12/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    A 16-year-old male victim of a motorcycle crash had pneumopericardium with hypoxia requiring respiratory support. Subxiphoid pericardial drainage prevented the development of compromised cardiac tamponade before positive pressure ventilation and maintained hemodynamic stability throughout prolonged mechanical ventilation. Pneumopericardium is not uncommon as a result of various causes including transsternal surgery, penetrating chest trauma, infectious pericarditis, perforation of esophagus or stomach, asthma, difficult labor, and barotrauma in IRDS (idiopathic respiratory distress syndrome) neonates supported by mechanical ventilation. Pneumopericardium following blunt chest trauma had been a rare and innocuous condition. However, recent reports have emphasized that cardiac tamponade secondary to pneumopericardium can become life-threatening, especially in a patient requiring mechanical ventilatory support. The present communication describes a patient with pneumopericardium after closed chest injury and reviews the available literature to clarify the clinical features of this entity.
  • 米倉 竹夫, 藤田 修弘, 打越 史洋, 清水 重臣, 岸本 康朗, 中尾 量保, 辻本 正彦
    1990 年 1 巻 3 号 p. 171-176
    発行日: 1990/12/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    A 20-year-old male plating worker was accidentally immersed up to his lower thorax in a vat of hot chromic acid solution. The patient sustained third degree burns over 60% of the lower body surface area. Blood and urine concentrations of chromium were 740μg/dl and 1, 550μg/l, respectively. The initial course was characterized by hypotension, hypoglycemia, acute renal failure, hepatic damage, and thrombocytopenia. Continuous hemodiafiltration between Day 3 and Day 28 after the exposure resulted in recovery from renal failure. Although he underwent debridement and epidermization twice, candidiasis of the burned surface led to candidemia. After a second skin grafting on Day 50, his condition deteriorated, with azotemia again and hyperbilirubinemia. General convulsions occurred after Day 55, and he died on Day 66. The autopsy revealed tubular necrosis of the kidneys, a markedly enlarged liver (5, 700g), with severe fatty infiltration and a slightly atrophic brain without microscopical abnormality. The 21 cases of acute chromium intoxication previously reported are reviewed and recommendations for the management of such patients are presented.
feedback
Top