日本救急医学会雑誌
Online ISSN : 1883-3772
Print ISSN : 0915-924X
ISSN-L : 0915-924X
11 巻 , 6 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
  • 小池 薫, 望月 徹, 久志本 成樹, 柴田 泰史, 小井土 雄一, 辻井 厚子, 山本 保博
    2000 年 11 巻 6 号 p. 261-268
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    重症患者では組織の微小血管の透過性亢進は血管内皮障害に伴って発生し,急性肺障害や多臓器機能低下の初期段階から出現すると考えられている。近年,尿中に微量に存在するアルブミン量が臨床における全身の微小血管の透過性の変化を反映するのではないかと指摘されている。そこでわれわれは,治療のために何らかのインターベンションを必要とした症例を対象に,尿中アルブミン・クレアチニン比(ACR)が病態の重症度,多臓器障害,呼吸障害の程度と相関するかどうかを,血管内皮障害の指標であるthrombomodulin (TM), von Willebrand factor antigen (vWF)と共に比較検討した。症例は手術あるいはその他の治療的インターベンションを緊急に施行した14例で,インターベンション後24時間以内の部分尿と血液を採取し,Log ACRとTM, vWFとの関係,またLog ACRとその後1週間のAPACHE II, simplified acute physiology score (SAPS), multiple organ dysfunction score (MODs), sequential organ failure assessment (SOFA), PaO2/FiO2 (P/F), lung injury score (LIS),末梢血白血球数(WBC),血清C-reactive protein (CRP)との関係を調べた。Log ACRはTMと相関したが,vWFとは相関しなかった。Log ACRは,インターベンション後24h以内のAPACHE II, SAPS, MODs, SOFA, LISとは正の相関を,P/Fとは負の相関を示した。またLog ACRは,その後連日7日間計測したこれらのスコアの最悪の数値とも同様の相関を示した。Log ACRはWBC, CRPとは相関を示さなかった。以上より,インターベンション後24時間以内に測定した尿中アルブミン・クレアチニン比は病態の重症度や,血管内皮障害,多臓器障害,呼吸機能障害の程度と相関することが判明した。この結果は,微量アルブミン尿症の程度は全身性に発生した微小血管の透過性亢進の程度を反映するという仮説を支持するように思われた。
  • 西村 哲郎, 平出 敦, 大西 光雄, 階堂 三砂子, 藤村 晴俊, 河口 直正
    2000 年 11 巻 6 号 p. 269-274
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    クラッシュ症候群の病態を明らかにするため筋の病理組織像を検討した。阪神淡路大震災で受傷した6人の患者から受傷後40~50日に,受傷部位の近傍より筋生検を行い筋組織を採取した。HE染色を中心に,一部は組織化学染色も含めて染色を施し組織学的特徴を検討した。6例中4例で筋の壊死,再生像が認められ,炎症細胞浸潤を伴っていた。また,残存線維に虫食い像や空胞変性など構造異常が著しく,典型的な筋原性変化を認めた。また6例中3例では神経原性変化を認めた。再生線維は6例中4例に認められ,なかにはATPase染色でtype 2c線維の存在を認めた症例もあった。古典的には急性期死亡した剖検例での病理像は報告されているものの,この時期にクラッシュ症候群の生検像が検討された報告は,文献上,見いだすことができなかった。今回,クラッシュ症候群の病態は必ずしも均一の組織障害の像を呈するものではないことが示された。とくに筋原性と神経原性のパターンの混在する不均一な損傷形態が注目された。また,遷延した横紋筋融解と呼ぶべき過程が捉えられた。今回の検討結果はクラッシュ症候群の損傷が短時間に生じた単純なメカニズムで生じた筋損傷ではなく,複雑な要因で生じていることを明らかにしていると思われる。
  • 森本 文雄, 吉岡 敏治, 池内 尚司, 東 孝次, 安部 嘉男, 山岡 完治, 納屋 保子
    2000 年 11 巻 6 号 p. 275-278
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    A 3-year-old girl was injured in a traffic accident. She suffered traumatic subarachnoid hemorrhage, pneumocephalus and multiple skull fractures including the skull base. Polyuria appeared 8 hours after injury. Urinalysis revealed that osmolarity was 122 mOsmol. The diagnosis of post-traumatic diabetes insipidus was determined, and continuous intravenous infusion of ADH (antidiuretic hormone) was started. Because interruption of ADH infusion resulted in polyuria, administration of ADH continued until the 77th hospital day. She was discharged on the 336th hospital day in a persistent vegetative state. T2-weighted magnetic resonance imaging revealed high intensity with contrast enhancement at the hypothalamus. Endocrine findings revealed hypopituitarism due to insufficient hypothalamus function. With these findings, we concluded that direct injury to hypothalamus resulted in diabetes insipidus.
  • 浅野 務, 後藤 善和, 山下 守昭, 三木 保
    2000 年 11 巻 6 号 p. 279-284
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    A case of Anderson type III odontoid fracture was reported. A 56-year-old woman suffered severe trauma from a traffic accident. She reported a short period of unconsciousness, at the time of impact but in the emergency room of our hospital, she was alert, oriented, and cooperative. There was no evidence of any neurological deficit, but she complained of pain in the back of the neck. No fracture or subluxation was identified by cervical X-ray films (standard anteroposterior, lateral, and odontoid views), but cervical computerized tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI) revealed an Anderson type III odontoid fracture. Fortunately, no intrathecal lesion was found by MRI. Because of minimal signs traceable to the neck, and no cervical dislocation, we chose conservative therapy for this patient. She was doing well, with no neurological deficit, 18 weeks after cervial brace fixation. Odontoid fracture should be considered as a possible complication in traffic trauma patients. We should pay particularly attention to patients with period of unconsciousness or memory disturbance, or with complaint of neck pain. We emphasize the importance of early diagnosis and following appropriate treatment of odontoid fracture to avoid a delayed disability.
  • 佐次田 保徳, 嘉陽 宗史, 松浦 謙二, 桑原 一彰, 佐村 博範, 嵩下 英次郎
    2000 年 11 巻 6 号 p. 285-288
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    A 27-year-old male with rectal gangrene as a result of a hemorrhoid infection complicated by pelvic cellulitis is described. Management initially included an exploratory laparotomy and perirectal space drainage. The patient deteriorated acutely on the 2nd postoperative day and required emergency abdomino-perineal resection. Reviewing the medical literatures, rectal gangrene can occur as a result of variety of etiologies such as occlusion of small arteries, toxication, infection, or trauma, although most of them occur after the abdominal aortic operations. Because clinical deterioration occurs in a matter of hours, a high index of suspicion should be maintained and the emergency operation is always required to save patient's life.
  • 池田 寿昭, 池田 一美, 鈴木 秀道, 鈴木 克昌, 松野 直徒, 三和 敬史, 福山 真弓
    2000 年 11 巻 6 号 p. 289-290
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
  • 柴田 泰史, 小池 薫, 野本 剛史, 里村 克章, 久志本 成樹, 加地 正人, 山本 保博
    2000 年 11 巻 6 号 p. 291-292
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
  • 2000 年 11 巻 6 号 p. 293-294
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
  • 2000 年 11 巻 6 号 p. 295-306
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
  • 2000 年 11 巻 6 号 p. 310
    発行日: 2000年
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top