日本救急医学会雑誌
Online ISSN : 1883-3772
Print ISSN : 0915-924X
ISSN-L : 0915-924X
15 巻 , 8 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 森澤 健一郎, 南家 俊彦, 桝井 良裕, 野田 聖一, 魏 大名, 明石 勝也
    2004 年 15 巻 8 号 p. 279-287
    発行日: 2004/08/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    目的:救急搬送などのプレホスピタルケア領域では,心電図の誘導数制限によって虚血性心疾患の診断精度を低下させることが懸念される。そこでわれわれは,計6個の電極から12誘導心電図を合成する合成12誘導心電図法(以下Syn-ECG)を開発し,得られたSyn-ECGが標準12誘導心電図(以下Stn-ECG)と臨床的に近似するかを検討した。方法:Stn-ECGで異常Q波,ST変化を認めた54名(男性38名,女性16名,平均68歳)を対象とし,V1, V3, V5, V6誘導心電図を合成した。Stn-ECGとsyn-ECGのQ波,R波,S波,ST部分,T波の振幅を計測し,Spearman相関係数で比較した。結果:(1) Q波,R波,S波,ST部分(ST部分上昇およびST部分低下),T波の何れにおいても有意な正の相関が確認され,相関係数も良好であった。(2)波形の形態は近似していたが,Syn-ECGでは電位が過小に評価される傾向にあった。結語:本法は,プレホスピタル領域における胸部誘導数の制限に対する解決法になると考えられた。虚血性心疾患の早期診断への応用が期待された。
  • 白川 洋一, 前川 聡一, 西山 隆, 岡 宏保, 馬越 健介, 菊地 聡, 大坪 里織
    2004 年 15 巻 8 号 p. 288-296
    発行日: 2004/08/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    病院常駐型ドクターヘリが全国7箇所に配備されたが,多くの地域は消防防災ヘリコプターを救急搬送に兼用している。しかし,防災ヘリを用いるピックアップ型ドクターヘリには運用上の問題点が多い。その解決策を模索するため,愛媛県の山間部を管轄する一消防本部(上浮穴消防本部)を対象に,ピックアップ型ドクターヘリの需要および運用条件を詳細に調査した。調査地域(人口15,849名)における2年間(2000~2001年)の搬送1,249件のうち,CPAを除く昼間帯の重症者229例(1年間1万人当り72.2例)を潜在的ヘリ適応とした。域内を44地区に分割し,各地区ごとに事案発生から松山市の高次病院までの陸上搬送時間(走行時間の合計)と,ピックアップ型ドクターヘリによる搬送の推定所要時間を比較した。そのさい,防災ヘリの遅い出足を考慮して,現地消防がヘリ出動を要請するタイミングを(1)覚知時点,(2)救急隊の現着時点,(3)地元医療機関への収容時点の三つと仮定し,それぞれにつき,各地区ごとに最適化された経路を設定した。ヘリ適応例のうち,陸上搬送とヘリ搬送の時間差が20分以上40分未満は,覚知時要請で17.0例(1年間1万人当り,以下同じ),現着時要請で6.3例あった。40分以上は,覚知時要請で9.5例,現着時要請で0.9例あった。地元医療機関収容後にヘリ出動を要請すると,陸上搬送より長くかかる場合が多かった。病院到着までの時間短縮だけが医師の搭乗した救急ヘリ搬送の利点ではないが,その効果を期待できなければ,防災ヘリをピックアップ型ドクターヘリとして利用する動機は弱まる。その解決策は早い要請(119番覚知時にヘリの準備を要請する第一報を送り,現場に到着した救急救命士が患者観察後に続報する)であり,メディカルコントロール体制を基盤にして,簡明なヘリ要請ガイドラインなどシステム整備が不可欠である。
  • 升田 好樹, 今泉 均, 奈良 理, 名和 由布子, 佐藤 守仁, 藤森 賢司, 浅井 康文
    2004 年 15 巻 8 号 p. 297-301
    発行日: 2004/08/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    Rhabdomyolysis in four children was evaluated by bone scintigraphy using 99mTecnetium-methyldiphosphate (99mTc-MDP). The ages of the patients ranged from 7 to 14 years old. The causes of rhabdomyolysis were toxic shock syndrome in one patient, excessive exercise in one patient and cardiopulmonary arrest after cardiac surgery and after drowning in two patients. Peak serum creatine kinase (CK) and myoglobin (Mb) levels ranged from 5, 093 to 91, 150IU/l and 7, 486 to 111, 900ng/ml, respectively. Peak serum CK and Mb levels reached during the period from the first to third ICU day. Renal impairment occurred in the patient with toxic shock syndrome. After treatment with continuous hemodiafiltration, the renal impairment improved. Bone scintigraphy using 99mTc-MDP was performed during the period from the third to fifth ICU day. Abnormal accumulation of radioactivity was found in the two patients in whom rhabdomyolysis had been caused by excessive exercise and cardiopulmonary arrest after drowning. Despite the fact that peak CK raised to 12, 500IU/l in the patient of toxic shock syndrome, abnormal accumulation of radioactivity was not found. It was shown that bone scintigraphy using 99mTc-MDP is available for evaluation of rhabdomyolysis in children as it is in adults. However, in children with rhabdomyolysis, greater elevation of CK may be required to detect abnormal accumulation of radioactivity by bone scintigraphy using 99mTc-MDP compared with that in adults.
  • 樋口 貴文, 奥地 一夫, 中村 達也, 關 匡彦, 牧田 大輔, 伊藤 真吾, 村尾 佳則
    2004 年 15 巻 8 号 p. 302-307
    発行日: 2004/08/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    Hypothermia is usually caused by exposure to cold ambient temperatures. Some patients, however, have no obvious historyof cold exposure. Hypothyroidism should be recognized as a cause of hypothermia in certain situations. We report a case of transient central hypothyroidism presenting as hypothermia. A 74-year-old woman presenting with a disturbance in consciousness for the second time was transferred to our department because of deep hypothermia without exposure to cold ambient temperatures. Active rewarming normalized her body temperature, but her consciousness disturbance persisted. We performed an endocrinological examination to reveal the cause of the consciousness disturbance and subsequently diagnosed her as having hypothyroidism, based on a low serum-free T4 level. An additional thyrotropin-releasing hormone (TRH) test showed a decrease in thyroid-stimulating hormone (TSH) in response to TRH, suggesting that the hypothermia was caused by central hypothyroidism. Hormone supplementation was performed, and her consciousness disturbance rapidly improved. Since her serum-free T4 level gradually increased over the course of several weeks, we speculated that her hypothyroidism was transient. An endocrinological examination should be considered in patients who present with hypotermia accompanied by a consciousness disturbance to reveal the underlying disorder.
  • 田島 康介, 河野 克己, 佐々木 孝, 野本 聡, 山中 一良, 須佐 美知郎, 松本 浩明, 名越 慈人, 佐々木 淳一, 北野 光秀, ...
    2004 年 15 巻 8 号 p. 308-310
    発行日: 2004/08/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top