生物教育
Print ISSN : 0287-119X
45 巻 , 3 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
研究論文
  • ―バストゥール教材の分析から―
    北田 薫
    2006 年 45 巻 3 号 p. 152-169
    発行日: 2006年
    公開日: 2021/09/25
    ジャーナル フリー

    A framework for analyzing and creating teaching materials on the history of science was developed by analyzing seven different teaching materials about Pasteur. This framework is constructed according to four main sections: 1. Purpose of teaching the history of science, II. Resources used to make teaching materials, III. The content of the teaching materials, IV. The structure of the 1esson or lecture.

    Analyzing further these seven teaching materials on Pasteur using this framework, the following conclusions were made. 1. As for the purpose, the teaching materials were divided mainly into two types: (1) centering on science as inquiry, (2) including ‘Science and Society’ and ‘Science and Humanities’. 2. The Resources were classified into six types. The teaching materials for ‘Science and Society’ and ‘Science and Humanities’ derived from the literature of ‘History of Science’. 3. The contents centered on one or several of: (1) the individual scientist (2) the development of the scientific concept (3) the opposition to the scientific concept (4) the development of technology. 4. There were various different structures in the lessons or lectures, depending upon the style of the individual teachers.

    This framework may be applied to analyze/develop teaching materials relating to other scientists.

  • ―環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」を用いた授業実践―
    大鹿 聖公
    2006 年 45 巻 3 号 p. 170-180
    発行日: 2006年
    公開日: 2021/09/25
    ジャーナル フリー

    環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」の活動教材を用いて,中学校理科第2分野「自然と人間」における「自然と環境」で授業実践を行い,プログラムが学習内容の理解や生徒の授業参加に与える効果について調べた.

    環境教育プログラムである「プロジェクト・ワイルド」は,野生生物を題材とした100を越えるアクティビイティからなる学校教育での環境教育の普及を目指した補完的教材である.この教材の中から動物の個体数の変化について生徒の活動を通して学習する活動「オー・ディア」を用いて,中学校3年生を対象に授業実践を行った.

    その結果,全てのクラスにおいて積極的に授業活動が行われ,動物の個体数の変化,動物の生存にかかわる環境要因の影響などについて,生徒の理解が高まることが明らかとなった.また,授業の実施前後に行った調査から,生物が生存するのに必要となる環境要因や生物の個体数の変化について理解が深まっていることも明らかとなった.

    このように,環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド」の活動教材を,中学校理科第2分野の教材として取り入れることは,学習者の授業への参加意欲および内容理解に対して効果的であるだけでなく,環境教育に対する興味や関心を育成できることがわかった.

  • 佐藤 崇之, 向 平和, 大鹿 聖公, 池田 秀雄
    2006 年 45 巻 3 号 p. 181-188
    発行日: 2006年
    公開日: 2021/09/25
    ジャーナル フリー

    高等学校生物の生殖の単元の授業において自作web教材『コケ植物の生活』(佐藤 2004)を用いて実践を行い,教材の印象や知識の定着度から教材の評価を行った.授業実践では実験区と対照区を設定し,実験区においてコケ植物の生活環を学習する際に,生徒各自にコンピュータ端末を与えて本教材を自由閲覧させ,次にゼニゴケの卵細胞を観察させた.

    アンケートを分析した結果,生徒の半数は,授業でゼニゴケを観察した経験がないことが分かった.教材に対する生徒の評価は高く,理由として画像が鮮明であることが分かった.しかし,リンク先への移動が遅いという操作性に関する欠点も指摘された.生徒は教材中の生活環の部分を中心に使用しており,これは教材を開発した目的と合致していた.また,教材によって観察への生徒の興味が喚起され,教材から得た具体的な知識を観察の場面で活用していた.

    単元終了後のテストでは,コケ植物とシダ植物の生活環を描かせた.実験区と対照区を比較すると,両区とも高い割合で生活環を環状に描いていたが,コケ植物の無性芽による無性生殖の生活環は,実験区が60%,対照区が8%と正答率に差が見られた.コケ植物の生活環上に書いた項目を個別に見ると,卵細胞,受精卵や胞子など生殖に直接関係する項目について解答された割合が高かった.

    以上のことから,本教材は生活環の学習に使用された場合,生徒からの評価が高かったこと,生殖の観察に対する生徒の興味を喚起したこと,無性生殖を含めた生活環の概要を理解させるのに効果的であったことが分かった.

  • ―生化学的手法を用いた濃度測定との比較・検討を通して―
    小林 辰至, 光永 伸一郎
    2006 年 45 巻 3 号 p. 189-193
    発行日: 2006年
    公開日: 2021/09/25
    ジャーナル フリー

    市販の尿糖検査用試験紙とソバ種子を用いて,発芽種子(吸水させた種子)におけるグルコース濃度の簡易判定を試みた.その結果,以下の事柄が明らかとなった.

    1.生化学的手法(グルコースオキシダーゼペルオキシダーゼ法)によって測定したソバ発芽種子内のグルコース濃度は,発芽2日目において最大値を示し,4日目には2日目よりも低下した.

    2.試験紙を用いて得られたグルコース濃度は,生化学的手法(グルコースオキシダーゼペルオキシダーゼ法)を用いて測定した値よりも若干高い結果を示した.また,発芽にともなうグルコース濃度の変動幅は,試験紙を用いた観察に最適な範囲であった.

    3.試験紙によるグルコース濃度の判定には,発芽種子を磨砕しただけのホモジェネートを用いることも可能である.

  • ―タマネギ発芽種子の場合―
    半本 秀博
    2006 年 45 巻 3 号 p. 194-198
    発行日: 2006年
    公開日: 2021/09/25
    ジャーナル フリー

    Germinated seedlings of Allium cepa are suitable material for observing mitosis because they are easy to grow in a short time, and for finding mitotic cells with a simple staining method. The mitotic index which indicate the frequency of mitotic cells in the root meristem with 5-10 mm of root lengh at 23°C usually was higher than that with other root length. Under this temperature, the roots of most seedlings reached to 5 - 10 mm long within 3 or 4 days. When the class schedule changes, it is necessary to adjust the condition of seedling containing many mitotic cells. The way of maintaining the condition of the seedling was through refrigeration and then removal from the refrigerator after some days for observation of mitosis. These experiences suggested the followings: The mitotic index depends on the root length and not the temperature, therefore there is no difference between low temperature (2 - 3°C) and room temperature (23°C). Under low temperature the seedlings grew slowly and the majority became 5 - 10mm for three weeks after sown. Their mitotic index was similar to the seedling grown 5 - 25 mm in room temperature, therefore we can make seedlings from the higher frequency of mitotic cells when we change the schedule of school experiments. The seed stored with silica gel in a paper envelope and enclosed in a plastic bag for five years in a refrigerator and the mitotic index was examined when their seedling is 1 - 25 mm.

feedback
Top