教育心理学研究
検索
OR
閲覧
検索
16 巻 , 4 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 稲垣 佳世子, 波多野 誼余夫
    16 巻 (1968) 4 号 p. 191-202,251
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The present study aimed at investigating motivational influences on epistemic observation of a physical phenomenon. Two experiments, which followed Pre-test-Instruction-Post-test paradigm, were undertaken. Ss of 2 experimental groups were motivated for observation by receiving information discrepant with their prior beliefs.
    One hundred and twenty-five 3rd-graders served as Ss of the 1st experiment. In the Instruction session, they observed and confirmed by a scale conservation of weight under deformations of a clay ball, and under changes of man's posture. Immediately before the observation, pupils of a group termed “Discrepant Information Group” (DI) were shown a table of response frequencies about conservation by an experimenter. Distribution of responses, which were pretended to be opinions of pupils of another, was markedly differnt from theirs, Ss of a “Discussion Group” (D) were required to anticipate conservation or non-conservation and to debate on the question. Control Group (C) Ss were given neither of these experimental manipulations.
    The results were as follows:
    1) Ss who observed the event after incongruity was aroused (as in DI) could recognize the event more accurately and could more readily generalize the principles of conservation.
    2) If Ss were strongly committed to a certain belief (as in D), they often conceptualized ambiguous results in a biased manner, making them consistent with the belief.
    As to generality of learning, however, performance of D Ss did not differ significantly from that of C Ss. This result was an unexpected one. Its interpretation was that there was low incongruity in D, because proponents of conservation were highly predominant at the discussion.
    In order to verify the interpretation mentioned above, the 2nd experiment was undertaken. Eighty-seven 4th-graders observed and confirmed by a scale conservation of weight under dissolution of sugar into water. One school class was assigned to C. Two groups of 22 pupils, of whom 2/3 were non-conservers, were selected from 2 other classes and served as D. They were expected to experience high incongruity during the discussion.
    The results showed that, compared with C, improvement of performance was greater among D. They could state adequate explanations of conservation of weight, generalize more readily the principles of conservation, and resist extinction (the observation of an apparently non-conserving event). Furthermore, Ss of D reported high epistemic curiosity.
    抄録全体を表示
  • 16 巻 (1968) 4 号 p. 202-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 柏木 繁男
    16 巻 (1968) 4 号 p. 203-215,252
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    One of the purposes of this paper is to apply the theory of the failure distribution of system reliability (e. g., cf. Barlow et al; 1967) to the analysis of the frequency distribution of test scores.
    Assuming that test scores, x s, correlate positively with a underlying ability, we define as follows: (1) where _??_ And further we define (2) which is called the ratio of success. From (2) we get (3)(Davis; 1952, McGill et al; 1965).
    Another one of the purposes is to recommend for the use of “Weibull” (1952) distribution in order to analyze the frequency distribution of test scores. The distribution has often been used in the studies of system reliability because of its wide applicability. We define the ratio of success of this distribution as follows: (12) then,(10) are obtained. Here, m, α, and γ are shape, scale, and location parameters. Tha shape parameter m of Weibull distribution plays an important role in discriminating the degree of the difficulties and validities of psychological tests. We investigate several data by Lord (1952) and it is shown that the shape parameter m is a suprisingly useful and powerful measure in psychological testing (cf. Fig. 1).
    Finally, it should be noted the following. That is, our proposal which is based upon a differential. equation model is comparable to Lord's (1952) integral equation model in that the former aims to analyze directly the frequency distribution of test scores and the latter to estimate true-score or latent trait distribution.
    抄録全体を表示
  • 16 巻 (1968) 4 号 p. 215-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 高橋 恵子
    16 巻 (1968) 4 号 p. 216-226,252
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究は, さきに報告した大学生女子の結果と比較しつつ, 高校生女子における依存性の様相を, 依存構造というモデルを用いて見, 青年中期から後期にかけての依存性の発達的変容に関する示唆を得るためのものであった。その結果, 明らかにされたのは次のような点である。
    1) 依存構造: 大学生同様, 高校生においても相対的に強く依存要求を向けられ存在を友える機能を果たす焦点と焦点以外の幾人かの対象が互いに機能的に分化し, その意味において相互関連的な依存の対象の集合を持つことが明らかになった。これらを大学生同様の基準を用いて, 焦点が何かによってみると, 高校生においてもF型, MF型, 準ME型に分かれ, DF型というどの基準にも合致しないものは349ケース中11ケースにすぎなかった。しかし, その分布は大学生のそれとは異なり, 高校生ではF型が3割弱でより少なかった。
    また, 対象間の機能分化は大学生においてより明確になっていると思われた。その証拠としてはまず第1に, MF型, 準MF型よりも分化が進んでいると考えられるF型の出現率が, 上記のように高校生では低いことである。そして第2にF型においても分化の程度が低いことがあげられる。たとえば, F型の中では殊に愛情の対象型や親友型などではそれがみられた。それは, 操作的には, 調査I (依存得点) の結果とそれとは独立の調査II (SCT形式の記述) の結果が, 大学生におけるほど一致していないことを意味する。愛情の対象型では, 得点からは愛情の対象が焦点とみなされ, たしかにこの場合の愛情の対象は他のケースにおけるそれとは異なり, 依存行動を相対的に強くひきおこしていると考えられるが, 存在を支える主な対象となりえているかというと, -調査IIの記述の中に愛情の対象が出現するのはこの型においてだけではあるが-必ずしも愛情の対象だけではなく, 親友, 母親もかなりの頻度で出現している。また, 親友型では, むしろ母親の方がより中核的な機能を果たしているとも予想された。
    2) 高校生女子における依存性: 大学生にくらべ高校生において顕著に異なるのは次の諸点であった。両者の差異は, 従来の依存性の考え方からすれば, 高校生は大学生よりも依存要求が強いということになるであろう。しかし, 本研究の結果では両群においては強度の差異はむしろなく, それは次のようなものであった。
    (1) 単一の焦点となる対象としては, 高校生では母親, 愛情の対象, 親友などが多く, きょうだい, 父親はほとんどなり得ない。
    2) 女子青年と母親との結合の強さは従来しばしば指摘されるところであり, さきの大学生の資料でもそれがみられたが, 高校生においては, 母親はより一層強く依存行動をひきおこす重要な対象であった。母親は前述の如く単一の焦点となることも多いし, ほぼどのケースにおいても依存得点が高かった。また, 高校生では得点上の基準からは焦点とならない母親でも, 機能の記述で出現する頻度が大学生の場合よりも高く, 母親が調査IとIIの結果のズレがもっとも大きく, この点から高校生における構造の明確さの欠如が指摘された。
    (3) 高校生においては同性の親友が依存行動を生起せしめることが大学生にくらべはるかに多かった。親友は単一の焦点となる場合も多いし, 全般的にも得点からすれば母親をしのぐケースが多かった。しかし, 親友型は他のF型と比較すると特徴がさほど明確でなく, 母親型の変形とも, 愛情の対象型への移行型ともいうべきものを含むようであった。
    (4) MFないし準MF型は, 大学生におけるように母親型の変形とみるよりはひとつの発達の途上にあり, まだ焦点が明確化されていない, いわば移行型とみる方がよいようであった。
    (5) MFないし準MF型のうちで典型的な移行型とみなされたのは, 2Fおよび準2F型の中で顕著に多い 〈愛情の対象-親友〉 という組み合わせであった。この型はその特徴からいって愛情の対象型に近く, それへ移行しつっある型とみてよいようであった。
    (6) 父親は大学生にくらべ依存行動をひきおこしにくい対象であり, 1年よりは2年という具合に, 学年の上昇につれてその傾向が強くなっていた。父親はあたかも母親の付随物のように, 両親の1人としてなら依存行動をひきおこせるが, 単独では例外的にしか強くひきおこすことがないのであった。特に, 大学生同様1尊敬する人型ではこれと競合する傾向があった。父親は依存の対象として受容される場合でも, 様式 (4)(保証を求める) や, 機能の記述では「たよりにしている」など, 道具的な色彩の強い依存行動をひきおこす対象であった。
    本研究の資料は横断的なものであり, かっここで用いたサンプルはさきの大学生のサンプルとの同質性が保証されていないので, 結果は限定的に考えねばなるまい。しかし現段階において女子における高校生から大学生への依存性の発達に関して得られた試み的な仮説は次のようなものである。
    1°青年中期から後期にかけての依存性の発達は, 従来考えられていたような単に依存要求の強度の低下などにあるのではない。それは依存の対象の種類の変化, 対象間の分化の進歩, 各対象に対する依存の様式の変化, 依存要求の強度の変化などについて記述する方が望ましいほど複雑である。この結果からすればある個人の持つ一般的な依存要求というものは想定しにくいと思われる。実際ある対象への依存行動の強度が, 大学生になって逆に高くなることも予想された。すなわち, 大学生になって増加する愛情の対象型は, そのほとんどが上位群に属しているのであった。これは, もともと依存要求の強度が大のものが愛情の対象を持ったと考えるよりは, 逆に愛情の対象の出現がそれを強めたと考える方が自然のように思われる。おそらく, 従来考えられていたように, 幼児期に獲得されるコンスタントな一般的な依存要求量が, 各対象に分配されるのではなく, ある対象の出現によって依存要求が新たに強くひきおこされることもあるという考え方を支持する証拠になると思われる。
    2°依存性の発達の重要な徴標のひとつは, 対象間の機能分化の程度にあると思われる。これは操作的には依存構造がMF型からF型になることである。そして, このF型は青年中期の高校生期には少数ながら出現する。
    3°われわれは依存性の発達をある対象への中心化から脱中心化していくと考えてきたのであるが, 2°の結果から脱中心化した後.
    抄録全体を表示
  • 森田 清
    16 巻 (1968) 4 号 p. 227-236,253
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    This study is an attempt to test and examine hypothesis 1 (a),(b) and 3 in the experimental hypotheses by G. T. Barrett-Lennard.
    By their hypothesis 1 (a), the relationship variables as measured after interviews at initiation of therapy, were assumed to be positively correlated with the therapeutic change during the period of therapy. Moreover, these associations were predicted to be stronger when the relationship qualities were measured from client perceptions than when they were measured from therapist perceptions. However converse results have come out in this research.
    The hypothesis 1 (b) predicted that the relationship as measured from client or therapist perceptions at termination of therapy would also be positively associated with change. For this hypothesis this researcher has found that correlation at termination of therapy was stronger in the case of therapist perceptions than in client perceptions.
    So far as their hypothesis 3 is concerned, the same outcome has been produced: that is, combined relationship perception total scores of the two participants (clients and therapists) were more associated with therapeutic change than scores of either one of them (the clients or therapists).
    The fact that could be stated in common after examinations of these three hypotheses in this correlation between the variable of empathic understanding and the therapeutic improvement were greatest. From these investigations, the next questions will be presented: 1) The generalization of client perceptions 2) The limitation of perceived relationship inventory
    (1) In the procedure of the generalization of client perceptions by Barrett-Lennard, the response of the differential therapists related to the identical clients would be responsible for the different perceptions of the clients and, hence, for differences in therapy outcome. In this paper, for identical therapist attitude related to different clients, they express different responses. This difference would come out as the variable of empathic understanding in therapist perceptions.
    (2) Variables of “self-congruence” and “unconditionality of regard” in therapist perceptions secure the stability of attitude necessary for therapists in spite of therapeutic change. On the other hand, client perceptions are not responses for the three variables (congruence, empathy, and unconditionality) but these are understandable as reflection upon the inner state with dependency, hostility, disturbancy.
    抄録全体を表示
  • 詫摩 武俊
    16 巻 (1968) 4 号 p. 237-240,254
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    延べ組数にして543組のMZ, 134組のDZに集団式知能検査を実施した。
    どの知能検査の結果においても, またほとんどすべてのサブテストの結果においてもMZ間の相関はDZ間の相関より高く, 知能検査の成績を規定している機能に遺伝性が働いていることは疑い得ない。しかし, 遺伝性の強さは, サブテストの種類によって差があり, 一般に精神作用の速度をとくに必要とする問題, 言語記憶に関する問題, 計算に関する問題, 図形の空間的配置に関する問題では, 遺伝性係数が高く, これに対して過去の経験にてらして判断する問題では低かった。この資料は知能を構成する下位機能の特色について知る一つの手がかりであるが, このデーターの一義的な解決はまだ困難である。
    抄録全体を表示
  • 16 巻 (1968) 4 号 p. 251
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top