教育心理学研究
検索
OR
閲覧
検索
28 巻 , 4 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 森 一夫, 北川 治, 出野 務
    28 巻 (1980) 4 号 p. 265-274
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, 幼児における空間的な量を表わす言語の発達を, 次の2つの基本的な考え方に基づいて検討することを目的とした。
    (1) 空間的な量を表わす言語は, 相対的な比較用語である。しかし, 幼児はこれらの語を, まず, 指示用語として使用し, やがて, 年齢的な発達とともに比較用語として使用できるようになる。したがって, 幼児の空間的な量を表わす語の獲得を論じるときは, 比較用語として使用できることを獲得の基準とする必要がある。
    (2) 数ある空間的な量を表わす語のうちで, 「大きい」という語はもっとも基本的な語であり, 幼児は「大きい」という語を高さや長さの比較にも用いる。このように「大きい」という語を使うことと, 彼らのかさの判断には強い関連があると予想される。
    以上の2つの考えに基づいて, 3つの実験を行った。得られた主な結果は, 次のとおりである。
    1. 空間的な量を表わす8組の語を, 理解語, および表現語で, 比較用語として使用できる幼児の割合を明らかにした。獲得の割合がもっとも高い語は「大きい」「小さい」の基本語である。また, 一般に, 理解語の獲得は表現語の獲得に比べて早い。
    2. 比較用語としても空間的な量を表わす語を使用できる幼児でも, 量を表わす語と個物との結合を強化する教示が与えられたときは, 言語の指示作用が優先してしまって, 指示用語として使用する段階へ戻ってしまう傾向が認められる。この傾向は年少児ほど強い。
    3. 実際強体積にかかわらず, 年少児ほど垂直次元では「高い」物体, また水平次元では「長い」物体をかさが大きいと判断する傾向が強い。
    4. 高さを比較する場合に「高い」という語を使用できずに「大きい」と表現する幼児は, 「高い」と表現できる幼児よりも, 年長児では「高い」物体のかさを大きいと判断する傾向が強い。また同様に, 「長い」という語を使用できずに「大きい」と表現する幼児は, 「長い」と表現できる幼児よりも, 年長児では「長い」物体のかさを大きいと判断する傾向が強い。
    抄録全体を表示
  • 山内 弘継
    28 巻 (1980) 4 号 p. 275-283
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purposes of this investigation were to construct scales to measure achievement-related motives and to find out the factorial structure among achievement- relatedm otives measured by means of these scales. Two hundred and ninety-nineu niversitys tudents (213 males and 86 females). of an introductory Psychology course served as subjects. Subjects were asked to fill out 64 items to be answered “Yes” or “No”. These items were designed to assess the motive to achieve (Ms), the motive to avoid failure (M-f), and the motive to avoid success (M-s).
    In order to select items for each scale and to determine the weighted scores for alternative response, the method of optimal scaling was applied to the data of subjects'response pattern. This scaling was a quantification techique for categorical data and was to assign numerical values to alternatives. T he values were chosen so that the variance between subjects after scaling was maximum with respect to variance within subjects. Eight scales made of 5 items respectively were obtained. Four of these scales were related to Ms (HS Scale I measured an instrumental activity in achievement situation; HS Scale II measured a hope of success; HS Scale III measured a reductive attitude to achievement tension; HS Scale IV measured an excessive self-confidence). Two scales were related to M-f (FF Scale I measured a debilitating test anxiety; FF Scale II measured a facilitatingt est anxiety). The qther two scales were related to M-s (FS Scale I measured a fear of loss of affiliation; FS Seale II measured a denying attitude for attaining success). There was a significant sex difference on the mean score of HS Scale II, but no significant sex difference recorded on FS Scale I and FS Scale II.
    Four factors were extracted by the principal component analysis from the correlation coefficients among8scale values, and the factors were rotated to orthogonal simple stducture using the normalized varimax criterion. The extrfour acted bipolar factors accounted for 71% of the total variance. Factor I had positive high loading for FS Scale I and negative high loading for HS Scale IV. This factor could be defined as the human relation on achievementoriented situation. Factor II had positive high loading for HS Scale I and negative high loading for HS Scale III. It seemed appropriate to refer to this factor as the positive versus negative activity of achievement-oriented tendency with the motive to achieve. Factor III had positive high loading for FS Scale II and negative high loading for HS Scale II. This factor could be defirled as the positive versus negative attitude for attaining success. Factor IV had positive high loading for FF Scale II and negative high loading for FF Scale I. It seemed appropriate to refer to this factor as the positive versus negative direction of achievement-oriented tendency with the motive to avoid failure.
    抄録全体を表示
  • 氏家 達夫
    28 巻 (1980) 4 号 p. 284-292
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究は, 子どもがどのようにして誘惑に抵抗できるようになるのかということを問題にした。そして, 言語的自己教示方略 (VSI) と気紛らわし方略の2つの統制方略によってそれらを説明するために, 2つの実験を行った。その結果は次の通りであった。
    (1) 実験Iでは, F惑に対する抵抗状況における統制方略の自発的使用の程度が検討された。その結果,(a) 視線そらし方略 (ATS) が有効である。(b) 6歳児はATS を自発的に用いられるが, 4歳児では自発的に用いることはできない。(c) VSIは, 4, 6歳両群で自発的に用いられない。(d) 4歳群と6歳群の間の誘惑に対する抵抗能力の差はATSによって説明されると考えられた。
    (2) 実験IIでは, 被験児に, ATS, VSIの2つの統制方略のいずれかを用いるように教示を与えた。その結果,(a) ATS条件は, 4歳群に対してのみ効果的であつた。6歳群ではATS条件と統制条件に差がなく, しかもそれらは, 4歳群のATS条件と差がなかった。(b) 一方, VSI条件は6歳群でのみ効果的であった。(c) 従って, 年齢と条件の間には交互作用が認められる。(d) 以上の結果から, 4歳児と6歳児の間の誘惑に対する抵抗能力の差と, 6歳児と8歳児の間の差には質的な違いがあり, およそ6歳を境にして, 誘惑に対する抵抗に必要な統制方略がATSからVSIに入れ替わるものと考えられる。
    抄録全体を表示
  • 安部 一子
    28 巻 (1980) 4 号 p. 293-302
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to examine the effects of self-instruction on children's resistance to temptation. It was expected that task relevant self-instruction would be effective for self-control, and verbal control would vary from overt to covert: i. e. the covert self-instruction would become as effective as the overt. The task-relevant instruction especially meant the reward-oriented or temptation-inhibiting instruction. Furthermore, the children who were trained to self-instruct would be expected to resist the later test situation.
    The purpose of the experiment I was to examine the effects of overt or covert self-instruction on resistance to temptation. Sixty-nine children, from 3 to 6 years of age, were asked to perform the repetitive task facing temptation. They were given task -facilitating self-instruction by the experimenter, and instructed to verbalize when they felt like looking at the temptation. O group was instructed to verbalize overtly and C group covertly; OC group was first overtly and then covertly. I group was given task-irrelevant self-instruction as N group was not. A 5×2 factorial design, with types of self-instruction and the strength of temptation,(more attracte or less attractive) were used.
    The results clearly showed that task-facilitating self-instruction was significantly effective for children's resistance to temptation. That is, the task-relevant self-instruction inhibited to respond to the temptation reduced the time to deviate from the task, and facilitated the child's attention to the task.
    In the experiment II, the effects of overt self-instruction with different contents were examined. Furthermore, the generality of the ability of resistance to temptation was examined.
    Forty children, aged from 3 years 4 months to 5 years 1 month, were asked to verbalize self-instruction overtly, facing temptation. Four types of self-instruction were used, task-facilitating (TF group), temptation-inhibiting (TI group), reward-oriented (RO group) and irrelevant one (I group). N group Was not given any self-instructions. A 5×2 factorial desing, that varied the contents of self-instruction and the strength of the temptation was used. The procedure was almost the same as in, exp. I. Compared to the I group and N group, the subjects given task-relevant self-instruction showed greater resistance to the temptation significantly. And in experiment II, the results showed the tendency that irrelevant self-instruction was also effective for self-control.
    Although the statistical significance was not found between relevant and irrelevant self-instruction, these findings suggested that task-relevant self-instructions were more effective for resistance to temptation.
    These findings further suggested that there were two types of strategy for self-control in resistance to temptation: facilitate the subjectis attention to the task, and inhibit attention to the temptation.
    In the later test situation, the subjects who were given task-relevant self-instruction significantly reduced the time to deviate, but the relation between Exp. II and the test situation of each subject was low.
    抄録全体を表示
  • 下仲 順子
    28 巻 (1980) 4 号 p. 303-309
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究は, 文章完成テストに投映された老年群と青年の自己認知概念を中心にした心理特徴面を比較することにより, 老年期の自己概念の諸特徴を世代差, 性差の観点から追求することを目的として行われた。
    対象者は, 青年群は私立大学生男112, 女112, 計224 名である (年齢範囲18~25才)。老年群は居宅老人男110, 女89, 計199名である (年齢範囲69~71才)。社会経済条件は両群共平均かそれ以上に属している。
    結果: 家庭イメージでは, 両群共約半数の者は肯定的表現をしているが否定的反応では青年群の方が多く, 中立的客観的反応では老年群の方が多い。友人イメージにおいて, 肯定的反応は青年群女に多い。老年群では肯定反応とほぼ同率で客観的反応がなされておりそれは老人女に多い。体イメージでは, 青年女子が健康等の肯定反応が多く, 老年群では否定的な表明は老人女性に多い。加齢イメージにおいては性差, 世代差は示されなかった。
    過去および現在の自己イメージでは青年群に否定的自己記述が多く示された。だが未来の自己イメージでは, 老年群は肯定および否定反応に集中しているが, 青年群は過半数の者が肯定的な未来志向を示していた。
    生と死イメージは, 老年群のみに性差が示され, とくに女性老人の否定的表明が特徴的であった。次に生きる喜びを老年群は家族との交流や自己の健康面に求めているが青年群は物事の達成による充実感覚に喜びを求めている。また青年群は自分の人生に対して肯定的表明を示しているのに比し老年群は客観的記述が多い。
    以上の両群の諸特徴は世代差, 性差の観点から考察された。すなわち世代的差違として青年群に示された心理特徴面は, 成人として自我を確立してゆく過程の中で, 種々の観点からの自己省察の機制が反映していると解釈された。これに対し老年群の肯定した自己の受け入れ等の特徴は, 自我の統合性の段階を反映していると推定される反面, 自己の未来に対して冷静, 否定的であるといった面や家族という縮少した世界の中で安定しているという面は日本の老年期特有の心的特性が表明されていると考察された。
    抄録全体を表示
  • Danny D. Steinberg, 山田 純
    28 巻 (1980) 4 号 p. 310-318
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    This research attempts to determine the natural ability of children in learning to write. It is especially concerned with determining the earliest age at which children might benefit from reading instruction.
    The subjects were 95 Japanese nursery school girls (40) and boys (55) grouped according to age from 2 to 6 years. They were given 5 hiragana figures (ka, su, hi, me, ru) and 5 Roman figures (B, H, O, S and W-all capitals) to trace and to copy in two sizes, small (2 1/2cm×21/2cm) and large (5cm×5cm). For tracing, dotted lines formed the component strokes and the entire figure while a single entire figure was presented for copying into a blank space.
    The test period extended over two weeks, 5 days a week, with the test period on each day lasting less than 20 minutes. In the first week, the subjects traced figures. On each test day, the 2 and 3 year olds were given l hiragana and l Roman figure in both the small and large sizes to trace, while the 4, 5and 6 year olds were given 2 hiragana figures and 2 Roman figures in the two sizes. In the second week, the subjects copied the same figure they had been given to trace. Two judges independently rated the 5th day's subject responses on both the tracing and copying task. The judges rated the quality of each figure on a 5 point scale, where l indicated unidentifiable and 5 indicated near adult. The correlation between the judges' responses was +.85 for the tracing task and +.91 for the copying task.
    The results from analyses of variance show that Age, Sex Task and Size each has a significant main effect and that all significantly interact with one another in various ways. The only variable which showed no effect was type of writing, i. e., there was no significant difference in quality between the hiragana and the Roman figures.
    In general, there was steady progress for both sexes. The mean for the 2 year old group=1.85, for the 3 year olds=2.22, for the 4 year olds=3.40, for the 5 year olds=4.09 and for the 6 year olds= 4.57. The greatest and most important gain occurred between ages 3 and 4 years. The females did significantly better than the males, especially at the older ages. Such a finding is in agreement with other writing research, where boys may sometimes equal the performance of girls but they never exceed them.
    Surprisingly, the smaller size figures received higher scores than the larger size ones in both types of task. This finding challenges the generally held assumption that larger figures are easier to form. Possibly, the larger figures require more control, e. g., it seems more, difficult to draw a long straight line or a long curved line than a short one. With regard to type of task, the results, not unsurprisingly, show performance on the tracing task to be better.
    Because at 2 years of age the children's writing was largely unidentifiable, and by 4 years it was quite identifiable, it is concluded that the critical age for children learning to write is 3 years. Thus, it appears that writing instruction would benefit 3 year olds and perhaps 2 year olds as well.
    抄録全体を表示
  • 伊藤 裕子, 北島 順子
    28 巻 (1980) 4 号 p. 319-323
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究は, 女性の発達の一過程として既婚女性の依存性の様相を解明し, 高橋 (1968a, 1968b, 1970) の調査した中学生から大学生までの結果との比較により, 青年期以降の依存性の発達的変容を検討した。質問票及び分析法は全て高橋に準じた。被験者は幼児を持つ母親213 名であった。結果は以下のようにまとめられる。
    1) 既婚女性では夫を焦点とする単一焦点型が圧倒的に多く, 高橋の指摘する「発達の方向としてのF型化傾向」は既婚女性においても確認された。
    2) 中学生から大学生にかけての愛情の対象型の増加傾向は, 既婚女性における大多数の夫への依存で完結される。
    3) 既婚女性にとって母親は夫に次いで重要な依存の対象ではあるが, 単一の焦点としてではなく, 心の支えとしての機能を果たす。
    4) 依存要求の強度は, 高橋の中学生から大学生までの結果と比べて, 既婚女性の方が弱いということはなかった。
    5) 既婚女性では子どもを生きがいとする者が多く, 依存行動のパタンの違いにかかわらず見られる傾向であった。
    6) 既婚女性における依存構造のパタンは就業意識とは独立であった。
    抄録全体を表示
  • 杉村 健
    28 巻 (1980) 4 号 p. 324-327
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    奈良県下のへき地の保育所, 奈良市内の保育所および幼稚園の幼児, 合計280名に, マッカーシー認知能力診断検査を実施した。主な結果は次の通りであった。
    (1) 都市幼稚園はへき地保育所に比べて, 言語能力, 数量能力および一般認知能力が有意に高かった。都市幼稚園は都市保育所に比べて, 一般認知能力が高かった。へき地保育所と都市保育所の間には, すべての尺度で有意差がなかった。
    (2) へき地保育所では, 言語, 数量, 一般認知および記憶能力が標準値よりも有意に低く, 都市保育所では言語能力が低かった。都市幼稚園では知覚―遂行能力と運動能力が高かった。
    へき地の幼児が言語, 数量および記憶能力で劣るのは, 初対面の検査者に対して言語的な応答がうまくできないことによると考えられた。また, 都市幼稚園とへき地保育所の間に得られた有意差は, 地域の差とともに幼稚園と保育所のちがいを反映していることが示唆された。
    抄録全体を表示
  • 小川 一夫, 田中 宏二
    28 巻 (1980) 4 号 p. 328-331
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    親 (父母) の職業が娘の職業選択に及ぼす影響を, 親の職業の継承性の観点より分析した。
    主な結果は次の通りである。
    (1) 父母のいずれか一方の職業に対する娘の継承希望は, 当該職に父母共に就いていない娘による当該職への就職希望に比べて, 有意に高く, 職業の継承性が認められた。
    (2) 父職の継承希望の方が, 母職のそれより大きい傾向を示す。
    (3) 父母いずれか一方が当該職にある場合の継承期待は, 父母共に当該職にない場合の就職期待に比べて, 有意に高い。
    (4) 父母の継承期待をになう娘は, 父母の継承期待を受けない娘に比べ, その継承希望率が有意に高い。したがって, 親の継承期待が娘の継承過程を媒介していると解される。
    抄録全体を表示
  • 藤田 正
    28 巻 (1980) 4 号 p. 332-335
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 記銘時に提示する関連画と, 関連画と項目の関係についての文章化が, 幼児 (平均6歳2か月) の自由再生と制限再生におよぼす効果について検討することであった。
    2×2の要因計画が用いられた。第1の要因は文章化の条件で (文章化の有・無) であり, 第2の要因は再生条件で (自由再生と制限再生) であった。これらの要因の組み合わせによる4条件の他に, 記銘時にも再生時にも何ら手がかりの与えられない統制条件が設けられた。
    統制条件では, 記銘時に項目だけを呈示し, 自由再生させた。他の4条件では, すべて関連画が与えられ, そのうち文章化条件の者には, 記銘時に“動物園にライオンがいます。”のような教示が与えられた。文章化のない条件では,“これはライオンです。”のような教示が与えられた。さらに各々の条件のうち半数は再生時に関連画が与えられる制限再生条件に, 残り半数は自由再生条件に割りあてられた。
    主な結果は次のとおりである。
    (a) 記銘時の手がかりとして関連画が提示されるだけでは成績に影響しないが, 関連画と項目の関係を文章化することにより成績が促進した。
    (b) 関連画の効果は, 記銘時よりも再生時に与えた場合に大きかった。
    (c) 再生時の関連画の効果は, 文章化がなされた場合に大きくなる傾向がみられた。
    以上の結果から, 幼児では再生時に手がかり利用の欠如が大きいこと, 手がかりの利用を促進させるためには, 関連画手がかりの提示に加えて, 項目と手がかりの関係を文章化して記銘させることが必要であることが明らかになった。
    抄録全体を表示
  • 加藤 隆勝, 高木 秀明
    28 巻 (1980) 4 号 p. 336-340
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 鈴村 健治
    28 巻 (1980) 4 号 p. 341-345
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    水平刺激に対しては, N-1, N-2, R-2群において量的, または質的な変化がみられた。またR-1群においても水平刺激に対して反応する者がいた。
    一方, 垂直刺激に対しては, 普通児群において質的な変化があっただけで重度児群には変化がなかった。このことから, 重度児に対しては垂直刺激よりも水平刺激による強化が適しているといえる。
    抄録全体を表示
  • 加用 文男
    28 巻 (1980) 4 号 p. 346-350
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 28 巻 (1980) 4 号 p. 360-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 28 巻 (1980) 4 号 p. 360a-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 28 巻 (1980) 4 号 p. 360b-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    Vol. 28 (1980) No. 2 p. 149
    修正箇所:その他 左側
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top