教育心理学研究
Online ISSN : 2186-3075
Print ISSN : 0021-5015
検索
OR
閲覧
検索
3 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 三宅 和夫, 奥山 わか子
    3 巻 (1955 - 1956) 2 号 p. 1-11,62
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    北大幼児園の園児に組単位で, 一つは強制的, 命令的に, 他は幼児にも話をさせるようにしむけ相互に競争意識を起させるように冬期休暇の間, 家庭で手をよく洗うように話をしてやり, 後目各家庭を訪問し母親に面接して幼児の手洗いの実行度を調査し, 二つの話方のいずれがより効果的であるかを検討した。対象は年長組 (6才児の組) A, B, 年少組 (5才児の組) A, Bの計4 組で, Aの組には第一の, Bの組には第二の話方をした。話をする前日までの実行度と, その日帰宅後の実行度, 及び2日後の実行度を比較すると, 第一の話方を行つた場合は, 年長組と年少組の間に実行度に関して差が見られないが, 第二の話方の場合には, 明かに年長組において実行度のよくなつた者の割合が大きく, 従つて効果が大きかつたといえる。さらに, 同一年令の二つの組の間について見ると年少組では, 話方の相違による効果のちがいは一日目, 三日目ともに見られない。一方, 年長組では一日目では差はみとめられぬが, 三日目には明かに第二の話方の方が効果が強く残つていることが示された。
    次に当日帰宅後, 母親に注意のあつたことを話した者の数について見ると, ここでも年長組と年少組の間にはつきりとした差があり, 年少組に対しては二つの話方のいずれによつても, その効果が少いことが明かとなつた。最後に, 年長組について母親に話をしたことと, 実行度の変化との間の関係を見ると, 話をした者で実行度のよくなつた者の数と, 話をしなかつた者で実行度のよくなつた者の数には大きな開きがあり実行度の高まることと, 話を母親にすることとの間には密接な関連が見られた。
    結局, 年少組 (5才児) についてに, 二つの話方の行動変化に及ぼす効果には, はっきりとした相違は見られぬが, 年長組 (6才児) では, 話合いをさせ, 競争意識を持たせる話方をした方が, その効果は大で, 持続することが明かになつた。
    また, そのような第二の話方は6才児になると5才児とくらべて急激にその効果が大となつてくることも明かにされ, 発達的に見ても興味のある事実が見出されたのである。第一の話方では命令的に幼児達に対して話をし, しかも教師がしらべ1ご行くということも話したのであるから, この方が効果が大であるように思われるが, この研究の結果は正に逆であつた。
    抄録全体を表示
  • 三宅 和夫, 生富 寛
    3 巻 (1955 - 1956) 2 号 p. 12-25,64
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The aim of this study is to find out which one of the following two different techniques is more effective to produce the desirable structural change of the small group of children in which an egocentric and autocratic leader exercises influnece. Procedure:
    (1) The subjects of this experiment were 36 school children of the fourth-year-class who were divided into 9 groups of 4 each. One of the 4 members of each group was the above-mentioned leader. Of the 9 groups, 4 were the 1st experimental groups, one was the control group and the other 4 were the 2nd experimental groups.
    (2) Members of each group were asked to rank 5 socially good conducts in their own individual orders of preference. Group rankings were then formulated. A final ranking was then Secured from each individual. At the end of the 1st day experiment the experimenter explained to the leaders of the 1st experimental groups the ideal way of the democratic management of a group (the 1st technique). Whereas each leader of the 2nd experimental groups was made to observe members of a democratic group discussing with one another (the 2nd technique). This democratic group was composed of 4 children of the fourth-year-class.
    (3) Twenty-four hours later members of each group were asked to rank 5 socially wrong conducts in their own individual orders of preference. Group rankings were then formulated. A final ranking was then secured from each individual.
    (4) A couple of weeks later the same procedure as (3) was, repeated. Result:
    (1) On the 1st day followers of both experimental groups were likely to withstand the impact of group opinion under autocratic leadership, which probably indicates that no strong group opinion was formed under this condition.
    (2) On the 2nd day the final rankings of the followers were found to agree with group rankings on the whole. The difference between the final rankings of the followers and final rankings of their own on the 2nd day was found to be greater than that of the 1st day, which probably was due to the fact that they had been much more content with and influenced by the group rankings. The important fact is that the degree of the above-stated agreement and the difference was higher in the 1st experimental groups than in the 2nd experimental groups.
    (3) On the 15th day the 1st experimental groups showed almost the same tendencies as on the 1st day in their initial, group and final rankings. On the other hand from the results of the initial, group and final rankings of the 2nd esperimental groups, tendencies similar to those found in the results of the rankings of the 2nd day could be seen. Conclusion:
    The results show that on the 2nd day the 1st technique was more effective than the 2nd one as a technique for effecting changes in attitudes but that on the 15th day the effect of the 1st one vanished the effect of the 2nd one remaining almost as before.
    抄録全体を表示
  • 木村 謙二, 上山 明子
    3 巻 (1955 - 1956) 2 号 p. 26-35,65
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The object of this study is to analyze the effects of the special individual guidance of the little children with mental and emotional handicaps.
    The subjects of this study were 18 children of the Hokudai Yojien' (Hokkaido University Kindergarten). They were divided into 2 groups, experimental and control. To the experimental group, special individual guidance was given for a month during the summer vacation.
    Some of the facts found out by this study are as follows:
    (1) Conspicuous effect of the individual guidance could not be recognized as a whole.
    (2) The individual guidance had no effect on the intellectual development of the children with handicaps, having some effect on their behavior and attitude.
    (3) The development of the manual and occupational ability was very remarkable in the experimental group, but concerning the total scores of social maturity test given to both groups before and after the experiment, the increase of the score in the control group was significantly higher than in the experimental group.
    This shows that the modification of the program of the individual guidance is necessary.
    抄録全体を表示
  • 北脇 雅男
    3 巻 (1955 - 1956) 2 号 p. 36-42,65
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    (1) この職業態度尺度で測定した態度値の度数分布は, 標本抽出を合理的にすれば正規分布に近いものが得られる。各項目の尺度値を100点満点に換算して個人の得点を計算したが, その母平均は51点内外で当初実験計画に際して想是されたものと一致する。
    (2) この尺度は, 男・女差は勿論学生, 職業人の態度差を明確に測定できる。すなわち, 男子は女子よりもかならず。高い。学生生徒では年令を追つて高くなる。職業人では, 筋肉労働者は低いが頭脳的職業人には高くあらわれる。態度値は, 年令を追つて直線的に上昇しないで就職と同時に下降して抛物線型を描くかそれとも E. L. Horowitz10)(1947) がRank-Testにおいて示すような理論曲線に近いものになると推定される。
    (3) 尺度項目の採択比率をみると, 態度の構造を知ることができる。洋裁生, 補導生, 中学生は概して各項目に対して消極的であるが, 高校生になると成人の態度に次第にちかずいてくる。しかし, 職業の本質的項目には積極的態度がみられず, かつ統一的意見をもつていない。
    大学生になると視野が広くなつて, 職場の人間関係, 個性, 家庭関係, 労働条件などを考量した態度が特に目立つてくる。
    職業別にみると, 公務員が一番各項目を積極的に採択していて, 工員と主婦とがもつとも消極的である。自営業主の態度に, 学力や人間関係に依拠しようとする点のみられないこと, 工員の手足をはたらかす職業を特に採択しているあたりは非常に興味が深い。
    (4) 態度値に影響する要因として個人の特性たる技能, 進路希望, 就職意欲, 学力が考えられるが分析の結果わずかに学力だけであった。しかし, その寄与する度合は極めて微弱であるから集団態度の個体差をこれだけで解釈することは到底できない。
    洋裁学校, 職業補導所の生徒は一般学生に比してその平均態度が著るしく低く, かつ態度の構造もかなり相違している。
    洋裁生は各集団に比してP<01の差をもつている。補導所生は, 年令の低い中学生よりも平均態度値が低く工員や自営業主と逕庭のないほどであつた。
    (5) それゆえ, この態度値はテスト場面Testing Situationに当面する集団の標準態度によつて影響されるかどうかを検証した。
    実験手続は第1回の測定後に職業態度に関する討論を課して, 第2回目の態度表明には集団標準Group Norm の影響を排除するように試みた。その結果, 態度値の度数分布には変化はみとめられなかつた。平均態度値は女子にはP. 01, 男子にはP. 40の有意差がみとめられた。項目別に分析すると, 尺度値の低い項目が1っだけ第2回目に多くあらわれた。2×2×2要因計画法によって分散分析したところ, 性別, 進路, 実験回数が同時に交互して作用するときにも態度値に影響がみとめられない。この検証実験が当初の企図を達成したものと仮定すれば, 討論の影響はきわめて少い。
    (6) この尺度で測定した態度は, 個人のPrivate Opinionをよく表明しておるが, Group Opinionの影響もあり得るから, 洋裁生のようなグループでは討論によつてLaissez-faireな雰囲気をOrganized Groupに転換させて態度をいたく変容せしめることが可能ではないかと推定される。この推論はさらに精密な測定や実験を重ねて論証する必要がある。
    抄録全体を表示
  • 沢 英久
    3 巻 (1955 - 1956) 2 号 p. 43-48,66
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    (1)日本人特に女子大学生は日本人男子大学生, 或は米国男女大学生に比して極めて神経症的傾向を呈する。木田文夫氏が-身心調和の発生と分化は, その人間生活空間の調和のことである。程よい環境の与えられたもの, 求めて見出し得たものは幸であるが, このような人間は多いとは思われない。特に神経質のつよい少青年を広い視野と深い透察のもとによりよく調和に導くことこそ, 一国の文化に課せられた重大な任務であろう。……神経質のつよい少青年は少くとも一国文化の生みの子である。4)-と述べているように日本の女子大学生の神経質は日本文化の生んだものと考えることが出来るであろう。閉ざされた諦らめの過去の日本女性でなく, 更に又独立解放され, 自由に行動し, 思惟する日本女性でもなく, 上記両者の中間帯としての過渡期の文化に生活する現代日本女性の神経症傾向は, 本調査において日本男子大学生, 米国男女大学生と比較して極めて有意の差のあることを見出した。
    (2)患者, 特に結核患者の隔離と非隔離との被験者群, 団体の身心状態を神経症的傾向の得点平均の差によつて見出すことが許されるならば, 本調査において明かに結核患老は隔離さるべきであると推定することが出来るようである。
    (3)TaylorのAnxiety Test 50項目は塩床学者の意見を採用して作成されたものである。と同時に項目中Negativeな質問項目12個を含んでいる。吾人は日本人に解答し易すくする為と簡単に計算する為に各項目を総てpositiveに改め, 総計25項目に短縮した。
    (4)閉ざされた領域として刑務所が考えられるのであるが, 刑務所にも各種あつて, 例えば外界との交渉の多い-看守に守られてはいるが民間の仕事, 土地の整理, 運搬, 田畑作業等, 衆人と接触しながら作業する-囚人と, 完全に外界と遮断されている囚人とによつて, その神経症的傾向が異なることが予想されるのであるが, 吾人は前者, 遮断解放の囚人135名の資料のみで後者, 完全に外界から遮断された囚人の資料を入手し得なかつた関係上, これ等囚人に関する比較研究は後日に譲ることにした。
    (5)要するに本調査において, 遮断, 解放並に両者の中間帯としての領域に三大別しで考察したのであるが, 得点平均からみて中間帯としての遮断解放の領域に生活する被験者が最も神経症的傾向を示す傾向があるようである.
    抄録全体を表示
  • 水島 恵一
    3 巻 (1955 - 1956) 2 号 p. 49-58,67
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    PALT II
    As reported in part I, we found by the follow up study several factors of the life history, which have influence on the prognosis. In this part, the relation between the prognosis and some personality traits was studied by the interview and the tests.
    First, six personality traits measured by the interview were analized. Of these, three were concerned with the abnormality of the intention, of motivation and of suppression. The remaining three were concerned with the other abnormalities. All these six traits. were related with the prognosis (Tables 1-6). Examining these relations more closely, we could classify personality patterns into five classes which effectively predict the prognosis (Table 9).
    Secondly, as to the Kraepelin's curve, we found that both quantity and pattern of the achievement predict to some extent the prognosis (Tables 10, 11). Analysing the pattern more closely, we found the initial spurt after the rest, the effect of the rest and the number of the droppings to be the factors predicting the prognosis (Table 12). Through these three factors and the quantity of the performance, we could classify Kraepelin's curve into several classes which effectively predict the prognosis (Table 13).
    Thirdly, we studied the ralation between IQ and the prognosis and that between VQ and the prognosis, and found that has a little influence upon the prognosis (Table 15), but as to VQ, no significant result was obtained (Table 16).
    Summarizing the above results, we can conclude as follows. The personality pattern (shown by the function of will) and the Kraepelin's curve are related closely to each other, and both have some prognostic value (Table 14). The relations of the personality pattern and Kraepelin's curve to the prognosis correspond to the relation between the prognosis and the life history factors, which was already discussed in part 1 (Table 17).
    PART III
    We further investigated the factors concerning the environment and those concerning the relation between personality and the environment. We found that the loss of one or other parents seems to have no influence on the prognosis,(Tables 18, 19), and that such factors as the antisocial atmosphere in the family, the home conflict and the association with gangs do have a bad influence on the prognosis (Tables 22, 23, 24). Considering the relations between each of these three factors and the prognosis with regard to the relation between the various factors and the prognosis described in Parts I and II only the association with gangs was found to be a self supporting factor predicting the prognosis.
    PART IV
    Bodily characteristics such as height and weight have no relation to the prognosis. As to the legal pattern of the main delinquency no definite result was ontained (Table 25)
    As the results of the follow-up study described in Parts I to 7, we have found various personality factors predicting the prognosis. Discussing the various relations mentioned above, some relations between the factors and the prognosis can be considered to be included in a more extensive relation. In the following report these results will be summanarized with the consideration of their significance, and the relation between the social-psycho-logical pattern of the delinquency and the prognosis will finally be discussed.
    抄録全体を表示
  • 3 巻 (1955 - 1956) 2 号 p. 62
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top