教育心理学研究
検索
OR
閲覧
検索
3 巻 , 4 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 正木 正
    3 巻 (1955 - 1956) 4 号 p. 1-15,55
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    A. THE FOURTH RESEARCH
    1. The purpose of this study is to make the tentative recording form, which the author proposed in 1953, available for practical use in evaluation at schools. This study also aims to explore more fully the experiences of evaluation carried on the form.
    a. At first, the author wrote “Manual of Direction” for evaluation. Attached to this manual are two “Term Tables” which might be helpful for teachers in recording pupils' personality traits.
    b. The author then sent his tentative evluation forms and “Manual of Direction” to the teachers of elementary schools in various communities (90 teachers of 25 schools in Osaka, Hyogo, Miyagi Prefectures and Kyoto City), asking them to select two pupils at random from his class, and to evaluate them according to the direction given in the manual.
    c. The author then asked several questions on the the experiences of evaluation.
    2. The author received evaluation sheets on 180 pupils, filled out by the teachers. The questions asked of these teachers were as follows:
    1) Which is easier to record evaluation, this form or any other form?
    2) Is the “Term Table for Immediate Impression” useful in recording evaluation?
    3) Is the “Term Table for Behavior Pattern” useful in recording evaluation?
    4) Do you discriminate (distinguish) “Immediate Impression” with (from) “Behavior Pattern” in evaluation?
    5) Can you rate “Behavior Pattern” at the fourth grade scale in accordance with the direction of the manual?
    From the answers to the above questions, it was indicated that the tentative form was superior to other forms in that it was more convenient for recording and could give more valid figures of overall personality.
    B. THE FIFTH RESEARCH
    1. The author sent questionnairs on his basic ideas of personality evaluation to various educational psychologists in Japan, asking them to send him their opinions. He received answers from 26 psychologists, which proved valuable in the study. Following are the questions and the response:
    2. a) Question # 1: The author categorized three personality evaluation items:
    1) immediate impression
    2) behavior pattern. immediately appreciated
    3) behavior pattern on intensive observation He then asked whether these items may be clearly distinguished from each other in evaluation. Approximately half of the psychologists supported the author's point of view; Some were critical of it.
    b) Question # 2: “Do you think the Term Tables are helpful in recording evaluation?” Almost all answered in the affirmative; some pointed out the need for better systematization.
    c) Question # 3: The author selected seven personality trait items as being essential: raining, sociability, self-control, thinking, emotional stability and sincerity.“Do you think these seven items are essential to personality evaluation?”
    Some answered in the affirmative; some others were critical and gave their own opinions.
    As a result of the above study, the author now understands the extreme difficulty of the problem and that, fundamentally, it depends greatly on the obtject of education.
    抄録全体を表示
  • 糸賀 一雄, 田中 昌人
    3 巻 (1955 - 1956) 4 号 p. 16-25,56
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    昭和23年12月滋賀県下小学校4年から中学校3年に至る殆んど全員に対して住田式知能テストを施行したが, その時のI. Q 70以下の生徒1409名を対象にして調査を行い903名についてその社会的適応を中心とした実態を把握, 検討を加えた。
    1対象を生活様式 (I家事手伝411名, II就職492名) 周囲からの理解の程度 (Iにおいて1. 理解64名, 2普通 315名, 3無理解32名IIにおいて4理解38名, 5普通348名, 6ちぐはぐ87名, 7無理解19名) その中で示している安定の度合い (i安定304名, ii普通354名 iii問題245名) から分類し, 8つの現象的適応像を把握した。型と頻数次の如し。第I型 (I-1-i・ii) 37 名, 第II型 (I-2-i・ii) 213名, 第III型 (I-1・2 -iii) 129名, 第IV型 (I-3-ii・iii) 32名, 第丁型 (II-4・5-i・ii) 339名, 第VI型 (II-6・7) 87名, 第VII型 (II-7) 19名, 第VIII型 (II-4・5-iii) 47名
    28つの現象的適応像について本人の年令, 性別, I. Q, 学業成績, 普通学級における特別指導の有無・内容・方法, 職種・仕事の程度, 通勤・住込の別 (第III群), 家業, 生活程度, 家族数, 保護者の学歴との関係をみたが, いずれも両属性が独立であるとの帰無仮説を棄却しない。
    3この現象的適応像は不変のものでなく, 在学中のそれに比べてよくなつている者279名, 不適応が除かれた程度の者317名, 大して変化の認められないもの211 名, 悪くなつた者45名, 不明51名となつている。
    4移行因子の分析をするために2で用いたと同じ因子について移行の仕方との関係をみたが, 就職・家事手伝と移行の仕方の間を除き, いずれも両属性が独立であるとの帰無仮説を棄却しない。
    5この変化を来したのは年令的成長, 学校卒業後の環境変化, 特に仕事というものを中核とした綜合事態の中にあるのだと考えて事例的検討を加えて集計した結果仕事乃至は生活に対する理解・熱意・意欲の発生・自覚といつた事が適応像移行の決定因子である事が推定された。かくてその程度により内的適応型216名, 内的未適応型538名, 内的不適応型149名を把握した。先の8つの現象的適応像とこれを組合わせて考えたものを適応像とする。
    6生活意欲の発生を促す因子を調べるために2で用いたと同じ因子について関係を調べたが, いずれも両属性が独立であるとの帰無仮説を棄却しない。しかし, 内的適応の仕方と現象的安定の程度及び周囲の本人に対する理解の仕方の程度との間では両属性が独立であるとの帰無仮説を棄却する。
    抄録全体を表示
  • 川口 勇
    3 巻 (1955 - 1956) 4 号 p. 26-32,57
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    教育実践場面及び実験的に設定された場面で, 数名ずつの児童による小集団の集団画協同製作過程の観察と作品形体との関係についての現象的観察から, 次のような見当づけが得られた。このような観察実験の範囲では,(1) 協同性が発達・学習的にその形成期に入るのは, 小学1年の終りから小学2年の前半にかけてであると思える。(2) そして, それの略々完成されるのが小学2年の後期に入つてからだと考えられる-ギャング・エイジがこれに続く-。(3) しかも. この小学1年の終りから小学2年の前半 (10~11月頃まで) にかけては, 可成り長いいわば協同性の不安定な形成期であり, この時期においては, 未だ推測の程度を出ないが, 集団雰囲気と作品の形体 (類型) との間に可成り明瞭な一義的な対応が見られ, 集団雰囲気の変容による作品形体の変容が見られるのであろうことが見当づけられた。(4) しかし, 集団雰囲気と作品形体との間のこのような対応関係は, 小学2年の後半に入つてからの, いわば協同性の安定した完成期に入つてからは, 殆んどみることが出来ない。
    抄録全体を表示
  • 植松 栄
    3 巻 (1955 - 1956) 4 号 p. 33-39,58
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to investigate the relationship between goal setting behavior observed in level of aspiration situations and tendency to resume interrupted tasks. Subjects:
    The subjects were 32 boys selected from a class of first year in a middle school. Procedure:
    Subjects were observed in two different situations, A and B. In situation A, each subject was led into an experimental room and instructed to answer 20 questions of mathematics, and he was asked to estimate how fast he expect to finish his task. When he finished his task he was informed his time. And the next trial began. When 14 successive trials were given, the subject was asked to stop and to answer to a personality inventory. Then the experimenter went out of the room and observed through a one mirror.
    In situation B procedures were the same except that the experimenter remained in the room throughout the whole experiment. Results:
    According to Sears and Roder, 6 groups of typical behavioral pattern were distinguished in goal setting situations. Subjects who showed unstable or low positive or rigid pattern had no tendency to resume the incomplete tasks.
    Those who raised their aspiration level stepwise resumed the interrupted tasks. This finding may be explained by our hypothesis those who have high motivation but are frustrated by their failure tend to set unrealistic goal and to resume their tasks, because the tension is not released.
    In the present study relationships between the hight of goal-level setting and certain personality variables were analysed. Subjects were divided into 4 groups according to their G. D. score. Positive G. D. score groups were extravert and negative score groups were introvert.(p<05 by x2-test)
    Mean intelligence score of +L group was the highest, and -L group was the second, and -H group was the third.(p<.05 by F test)
    In neurotic tendency, there were significant differences among 4 groups.(p<.05 by F test)
    The order of neurotic tendency among groups were the same as in intelligence score.
    抄録全体を表示
  • 小川 一夫
    3 巻 (1955 - 1956) 4 号 p. 40-47,59
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    学級の担任教師が児童の社会構造をどの程度日頃の観察で把握しているだろうかという問題を, 教師に対する調査と児童に対するSociometryの比較から研究してきたのであるが, 得られた結果を概括すると次の如くまとめられる。
    (1) 教師は担任学級における人気児童として平均4 名を, 排斥されている児童として3.3名を, また孤立児童として1.8名をあげた。そしてこれを性別についてみれば, 一般に女教師の該当児童を挙げる数が男教師に比し少い。
    (2) 学級の児童に対して実施したSociometryの結果からは, 人気児童として平均4.7名が, 排斥されている児童として4.8名が, また孤立児童としては2.8名が抽出された。
    (3) Sociometryの信頼度に関しては, 念のため1 月の間隔をおいて実施した3回のものの間で, 1年生においても信頼度係数0.70~0.94, 6年生にあつては 0.90~0.95というように, 従来考えられているものより著しく高いものが見られた。
    (4) 教師の観察による評価とSociometryの結果とを比較してみると, 人気児童については教師はかなり正しく観察しているが, 孤立児童についてはほとんど一致が認められず, 教師の著しい見誤りが起つている。排斥されでいる児童に関する教師の観察は人気児童程正しくないが, 孤立児童程誤つていない。このように学級の孤立児童が学友から忘れられ勝ちであると同時に, 教師からも見誤られ勝ちであるということは, Wickman, E. K.(10)(11)(12) 以来「教師が明瞭な非行や攻撃的な態度や学習の進展を阻止するおそれのある行動を重視し, 従順な引込思案的・内閉的な態度や退行的な行動を軽視する」と強調されている傾向と軌を一にするものがあると思う。
    (5) 教師の性別, あるいは担任期間のちがいによって, 児童観察の度合が異るであろうと推測されるが, 結果はそれに反しどの教師についても前項の傾向を明瞭にうかがうことができた。
    (6) 教師は該当児童としてあげるにも拘らず, Sociometry の結果では非該当の積極的な誤りと, 教師は挙げないのにSociometryの結果からは該当児童としてあがつてくる場合の消極的な誤りとについてみると, 群別では排斥されている児童において消極的過誤の多いことが認められた。又男教師と女教師を比べた場合, 概して女教師の方に消極的過誤が多く, 特に孤立児についてこの傾向が明白にうかがえる。これは女教師の性格に起因するものであろう。なおまた担任期間の長短が及ぼす影響はみられなかつた。
    抄録全体を表示
  • 黒丸 正四郎
    3 巻 (1955 - 1956) 4 号 p. 48-53,59
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    It is not long since clinical psychology became a popular subject of study in Japan. Therefore, studies on the method of diagnosing and treating the patients have not been sufficiently made. The writer of this article wants to comment on methodology of clinical psychology.
    1. Needless to say, clinical psychology aims to treat and cure the patients. Its practice calls for specific techniques as well as careful examination of general (or theoretical) psychology.
    2.“To diagnose” means to detect the cause of the illness for treatment. To give correct diagnosis, clinicians should be versed with Jaspers' theory of method. Jaspers contends that it is most important in psychopathological studies to apply understanding (verstehende) psychology and explaining (erklaerende) psychology independently.
    3. There are three methods in psychotherapy: namely, directive, non-directive and psychoanalytic. Only in actual practice, should one decide which of the three methods is desirable.
    抄録全体を表示
  • 3 巻 (1955 - 1956) 4 号 p. 55
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top