教育心理学研究
検索
OR
閲覧
検索
31 巻 , 1 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 田中 敏
    31 巻 (1983) 1 号 p. 1-9
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 幼児の物語理解を促進するような自己言語化を喚起することであった。これに先立ち, 特定の言語化様式の機能を, 特定の言語処理レベルに限定してしまうような先行研究の理論的枠組を批判して, その実験結果を疑問視した。実験Iは, 必ずしも従来の仮説通り外言化が音韻的レベルに, 内言化が意味的レベルに限定されないことを示した。そこで, 実験IIでは, 新たに幼児の側の活動意図と発達特性を考慮する観点に立って, 幼児の物語理解の意図と調和し, しかも言語発達的にも妥当するようなツブヤキという言語化様式を導入した。その結果, ツブヤキは幼児による物語の因果関係の把握を, 他の言語化様式 (外言化・内言化) 以上に促進した。
    抄録全体を表示
  • 小川 巖
    31 巻 (1983) 1 号 p. 10-17
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to investigate distinctive natures of the mentally retarded children for acquisitional mechanisms of the eyelid conditioning, through the effects of US upon organisms. In equal-CA comparisons, fifteen mentally retarded children and normal children in the same junior high school were conditioned by CS as a light and US as an air puff: eyelid responses were recorded by the electromyogram.
    Results were as follows: (1) For CRs, in comparison with the normals the inferiority through the acquisitional period for the retarded children was suggested.(2) For URs, the retarded subjects did not form stable URs to the air puff in comparison with the normals.
    Then, to investigate the natures of the mentally retarded children in the acquisitional process of the eyelid conditioning, recordings for movements of the eyelid responses were analized. The main findings were as follows: (a) In the mentally retarded children, a marked trend was shown: the significant eyelid responses did not occur immediately from the onset of the US.(b) The lack of concentration in the CS for the mentally retarded children proved to be higher.
    Finally, the following points were discussed.(1) For two groups, the US did not produce the same effects on organisms [c. f., Results (a)].(2) Results (a) and (b) were factors regulating the occurences of CRs at a lower level.
    抄録全体を表示
  • 樋口 一辰, 鎌原 雅彦, 大塚 雄作
    31 巻 (1983) 1 号 p. 18-27
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study is to examine the validity of causal attribution model about academic achievement of elementary scool children. This model assumes the causal processes as follows: (1) attributional style (i. e. individual differences of causal attribution made in achievement-related situations) influences degree of perceived control each child has in such situations; (2) the degree of perceived control influences magnitude of achievement-related behaviors he/she takes (to be called behavior tendency); (3) the behavior tendency contributs to his/her level of achievement in school work.
    As a first research, a questionaire designed to measure attributional style was developed and administered to 245 elementary school pupils in fourth to sixth grade. By factor analysis eight factors were found, and the eight scales of these causal factors were set as a result. These scales were named as follows: “positive-effort (i. e. attribution to effort in positive situations (success))”,“negativeeffort (i. e. attribution to effort in negative situations (failure))”,“positive-ability”,“negative-ability”,“positive-mood,”“negative-mood”,“positive, negativetask (i. e. attribution to task in both positive and negative situations)”, and “positive, negative-chance”. As a second research, the survey utilizing the questionaire prepared in the first research and the new perceived control scale was administered to another 267 elementary school pupils in fourth to sixth grade. According to the model, regression analysis of causal paths was applied to the data obtaned in this survey and the pupils' behavior and academic records retained in the school.
    The validity of the model was mainly confirmed. It was found that among the scales of causal attribution, positive-effort, positive-ability and negativeability have explanatory power of accademic achievement. It is to be noted that sex differences about the causal paths were found. They were examined in terms of the differences of achievement goals held by boys and girls.
    抄録全体を表示
  • 仲 真紀子
    31 巻 (1983) 1 号 p. 28-37
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, 論理的推論において用いられる「だから」(「だから」の論理的機能。例:「夏は暑い。だから暑くなければ夏ではない。」) と経験的推論において用いられる「だから」(「だから」の経験的機能。例:「夏は暑い。だから薄着をする。」) を区別し, これらがどのように獲得されるかを調べた。被験者は小学校2年, 4年, 6年である。但し調査と実験では中学生, 大学生についても調べた。
    調査では, 2つの機能の獲得過程を調べる実験的研究に先がけ, 実際に「だから」の2つの用法があるかどうか, また「だから」にそれら以外の用法があるかどうかを調べた。方法は文章完成課題 (例:「夏は暑い。だから-。」) を用いた。
    実験では, 「だから」を含む命題を聴覚呈示し, 「だから」の使い方が正しいか否かを評価させることにより, 論理的機能, 経験的機能がどの程度獲得されているかを調べた。
    補足実験は, 上の実験で得られた発達傾向の再現性と外乱に対する安定性を調べるために行われた。「だから」の使用に関する1度限りの教授を行い (外乱), その効果を事前・事後テストで測定した。
    主な結果は以下の通りである。
    1. 「だから」は論理的命題, 経験的命題に用いられる。また, その他の命題 (対立や類比) にも用いられることがある。
    2. 論理的機能は小学校期では十分獲得されない。
    3. 経験的機能は2年でもかなり獲得される。
    4. 主観的命題 (例:「あの犬は小さい。だからかわいい。」) や類比的ないし疑似類比的命題 (例:「リンゴは赤い。だからバナナは長い。」) における「だから」の使用を正しいとする反応は, 小学校期を通じて著しく減少する。
    5. 以上 (2, 3, 4) の発達傾向は再現性があり, また1 度限りの教授という-過性の外乱に対して安定である。
    抄録全体を表示
  • 木舩 憲幸, 深田 博已
    31 巻 (1983) 1 号 p. 38-43
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, 人物画知能検査 (DAM) の妥当性を検討するために, 人物情報の一過的呈示が幼児の人物画に及ぼす効果を分析した。
    被験者は3, 4, 5歳児各40人ずつであり, 人物画の事前測定が実施された後, 情報呈示群と情報非呈示群 (統制群に相当) に2分された。情報呈示群に対して呈示された人物情報は, 各年齢群の事前人物画得点の平均に10項目 (10点) 分加算した人物画であった。そして, 情報呈示の直後, 1週間後, 1か月後の3回にわたって人物画の事後測定が行われた。
    事後人物画得点と事前人物画得点との差である人物画変化得点の分析結果から, 人物情報の一過的呈示は DAMの得点を大きく上昇させ, しかもその効果は1か月後でもかなりの程度持続することが明らかとなった。なお, 情報呈示効果を, DAMにおけるMAおよびIQ の変化として捉えた場合も同様の現象が認められた。
    従って, 人物情報の一過的呈示が人物画を長期的に変動させるという本研究の知見は, DAMの妥当性に対する批判を提出した。
    抄録全体を表示
  • 大西 はるみ
    31 巻 (1983) 1 号 p. 44-48
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 豊田 弘司
    31 巻 (1983) 1 号 p. 49-52
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 森谷 寛之
    31 巻 (1983) 1 号 p. 53-58
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 長谷川 浩一, 福井 くみ子, 清水 幹夫
    31 巻 (1983) 1 号 p. 59-62
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 太田 信夫, 小松 伸一
    31 巻 (1983) 1 号 p. 63-79
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 鎌原 雅彦, 亀谷 秀樹, 樋口 一辰
    31 巻 (1983) 1 号 p. 80-95
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
  • 31 巻 (1983) 1 号 p. 100-
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top